サンフランシスコ条約11条-極東国際軍事裁判所の判決2005年10月16日

 サンフランシスコ条約11条により、日本国は、極東国際軍事裁判所の裁判(判決)を受諾しました。「極東国際軍事裁判所の裁判を受諾」とは、いったいどういうことでしょう。このためには、「極東国際軍事裁判所の判決」とは、何であるのか、具体的内容を知る必要があります。


 日本国はポツダム宣言を受諾しました。ポツダム宣言第10条には「一切ノ戦争犯罪人ニ対シテハ厳重ナル処罰加ヘラルベシ」となっており、戦争犯罪人の処罰が約束されていました。1946年1月19日、ポツダム宣言第10条および降伏文書に基づき、「極東国際軍事裁判所条例(極東国際軍事裁判所憲章)」が制定されました。さらに、1946年5月3日、同条例に基づき、極東国際軍事裁判所が開廷、A級戦犯の裁判が始まりました。極東国際軍事裁判所は東京におかれたので、通称「東京裁判」といいます。裁判は2年半の審理の後、1948年4月16日に結審し、長い休廷に入ります。そして、結審後半年以上たった、11月4日午前9時30分、判決の言い渡しが始まりました。
 
 極東国際軍事裁判所の判決文は、次の10章と付属書A・Bからなり、英文で1212ページにのぼっていました。

 第一章 本裁判所の設立および審理
 第二章 法 
  一 本裁判所の管轄権
  二 捕虜に関する戦争犯罪の責任
  三 起訴状
 第三章 日本の権利と義務
 第四章 軍部による日本の支配と準備
 第五章 中国に対する侵略
 第六章 ソ連に対する侵略
 第七章 太平洋戦争 
 第八章 通例の戦争犯罪
 第九章 起訴状の訴因についての認定
 第十章 判定

 判決文の読み上げにあたって、ウエッブ裁判長は、これから自分は、ジャッジメントを読み上げる、というところから始めています。即ち、極東国際軍事裁判所のジャッジメントとは、この判決文(あるいはその内容)のことであることを宣言しています。

 膨大な量のため、判決文の読み上げに7日を要しました。すなわち、第1日目の11月4日は、第四章途中まで読まれ、11月5日はさらにこれが続き、11月8日,9日には第五章、11月10日には第六章・第七章、11月11には第八章の途中まで読まれました。
 11月12日、最終日には、第八章の残りの部分が読まれた後、第九章「起訴状の訴因についての認定」が読み下されました。訴因の一部が削除されて、罪状は10項目です。引き続いて、荒木被告からアルファベット順に、被告25人に対して、訴因ごとの有罪・無罪の判定が読み下されました。その後15分の休息ののち、一人一人を呼び出して「刑の宣告」が言い渡されました
 なお、法廷で朗読された判決文は多数意見だけでした。少数意見・別個意見は法廷では朗読されず、後日、弁護人と記者団に渡されています。このうち、インドのパル判事の少数意見は、1200ページを超え、判決文(多数派意見)を上回る分量がありました。

* * * * *

 さて、サンフランシスコ条約11条では「Japan accepts the judgments of the …」となっています。judgmentの用語には、そもそも、「裁判所の設立・法理」などの意味が含まれているのでしょうか。それとも、単に「判決文」の事を指しているのでしょうか。
 しかし、サンフランシスコ条約11条を解釈するに当たって、どちらでも同じことです。「judgment」が、単に「判決文」の事を指しているとしても、判決文の中に、「裁判所の設立、審理、根拠、事実認識、起訴状の認定、判定、刑の宣告」、これらすべてが含まれています。第十章 判定の最後に書かれている「刑の宣告」は極東国際軍事裁判所の判決のごく一部に過ぎません。

 判決には、判決理由が必ず含まれます。
 極東国際軍事裁判所条例、第十七条では「判決ハ公開ノ法廷ニ於テ宣告セラルベク,且ツ之ニ判決理由ヲ附スベシ」となっていて、判決理由が含まれることが義務付けられています。日本の刑事訴訟法でも、第四十四条には「裁判には、理由を附しなければならない」となっています。民事訴訟法、第二百五十三条には、「判決書には、次に掲げる事項を記載しなければならない。 主文、事実、理由、口頭弁論の終結の日、当事者及び法定代理人 、裁判所」となっています。判決には、法理が必ず含まれるわけです。さらに、裁判所の名称も含まれます。このため、裁判所の正当性は、判決の中に当然に含まれているのです。

* * * * *

靖国神社のホームページを見ると。(http://www.yasukuni.or.jp/siryou/siryou4.html
 日本語正文で「裁判」と翻訳されている単語「judgment」は、英米の法律用語辞典に照らしてみても「判決」と訳すのが適当のようです。この条文の大切な部分を「裁判」を受諾すると解するのと、「判決」を受諾すると解するのとでは、条文の意味(内容)が随分変わってきます。

 『英米の法律用語辞典に照らしてみても「判決」と訳すのが適当のようです』と書かれています。正しい翻訳とは英語を辞書で引けばそれで済むわけではなく、「judgment」の具体的内容を調べる必要があることは明らかなのに、ずいぶんとずさんな解説です。
 『「裁判」を受諾すると解するのと、「判決」を受諾すると解するのとでは、条文の意味(内容)が随分変わってきます』とも書いてあります。「裁判」と「判決」とでは、法律用語としてはほとんど違いがないことを説明しました。
http://cccpcamera.asablo.jp/blog/2005/09/21/82024
 「極東国際軍事裁判所の判決」を実際に見れば、サンフランシスコ条約11条によって日本が受諾した極東国際軍事裁判所の裁判(判決)には、「裁判所の設立、審理、根拠、事実認識、起訴状の認定、判定、刑の宣告」これらすべてが含まれていることが、良く分かります。

(この話題は今後もう少し続けます。)

コメント

_ (未記入) ― 2010年02月13日 17時34分29秒

>Japan accepts the judgments of the …」となっています
>judgmentの用語には、そもそも、「裁判所の設立・法理」などの意味が含まれているのでしょうか。それとも、単に「判決文」の事を指しているのでしょうか。

平和条約第11条はjudgmentではなくjudgmentsのようですがこれはなぜなんでしょうか?

_ cccpcamera ― 2010年02月15日 10時54分57秒

平和条約第11条で日本が受諾した裁判は「極東国際軍事裁判所の裁判」一つではなくて、「日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷(複数)の裁判」も受諾しています。複数の裁判所の複数の裁判を受諾しているのだから複数形になっています。

_ (未記入) ― 2010年02月15日 17時43分50秒

わかりました。ありがとうございます。

_ (未記入) ― 2011年06月24日 16時10分47秒

>判決文の中に、「裁判所の設立、審理、根拠、事実認識、起訴状の認定、判定、刑の宣告」、これらすべてが含まれています。

Article 17. Judgment and Review. The judgment will be announced in open court and will give the reasons on which it is based. The record of the trial will be transmitted directly to the Supreme Commander for the Allied Powers for his action thereon. A sentence will be carried out in accordance with the order of the Supreme Commander for the Allied Powers, who may at any time reduce or otherwise alter the sentence except to increase its severity.
第17条(判決及び審査)
 判決は、公開の法廷に於て宣言せらるべく、且つ之に判決理由を附すべし。裁判の記録は、速やかに連合国軍最高司令官に対し審査を受くる為め送付せらるべし。宣告刑は、連合国軍最高司令官の指令に従ひ執行せらるべく、連合国軍最高司令官は、何時にても宣告刑に付、之を軽減し、又は刑を加重せざる限り其の他の変更を加ふることを得。

 このように、裁判所条例においては、"judgment"は「判決」の意味で用いられています。そして判決理由は判決に含まれるものではなく、判決に添附されるべき別個のものと定められています。

http://1st.geocities.jp/nmwgip/SF11.html

_ cccpcamera ― 2011年06月25日 13時31分52秒

コメントの記入ありがとうございます。

条例では、判決理由を付すことが定められているけれど、判決とは別に付すとは書かれていません。邦訳は別添と読めなくもないけれど、英文はgiveなので、別個のものと判断することはできないでしょう。

東京裁判の判決は数年前からインターネットに公開されています。
http://www.jacar.go.jp/
上記アドレスで、A08071271700などを検索すると読めます。
東京裁判の判決を読めば、日本の裁判制度で言うところの判決理由がjudgementに含まれており、別に付されたものではないことが容易に理解できると思います。

_ cccpcamera ― 2011年06月28日 08時11分01秒

ちょっと補足です。

法律の用語は、分かりにくいので、勝手解釈をする人も多いようです。

「判決理由を附すべし」の意味は、刑事訴訟法第44条と同様な文章です。刑事訴訟法第43条と44条を読んで、さらに、刑事裁判の判決書を何か1つでもチラッと見れば、判決に理由が含まれていることが分かるでしょう。
時間的には、5分もかからないで、容易に理解できます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2005/10 >>
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS