本の紹介―あたらしい憲法草案のはなし2017年05月06日

      
自民党の憲法改正草案を爆発的にひろめる有志連合/著 『あたらしい憲法草案のはなし』 太郎次郎社エディタス (2016/7)
     
 日本国憲法が施行されたとき、学校生徒向けに新憲法解説冊子「あたらしい憲法のはなし」が出版された。
     
 新憲法から70年がたって憲法改正が現実のものとなっている。本書は、自民党の改正憲法草案がどのような内容で、何を目指しているのかを、「新しい憲法の話」ふうに解説している。本書の著者は、自民党改正憲法草案に賛同しておらず、文章の書き方が少しパロディーっぽいが、解説内容は的確である。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2017/05
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS