本の紹介-沖縄戦戦没者を祀る慰霊の塔2017年05月14日

     
大田昌秀/著『沖縄戦戦没者を祀る慰霊の塔 』 那覇出版社 (1985/6)
           
沖縄県知事を務めた大田昌秀が琉球大学教授時代に執筆した著書。古い本で有名出版社ではないので、読む機会は少ないと思う。
     
 沖縄には、数百の慰霊塔が建てられているが、本書は、そのうちの主なもの百数十を取り上げて、各慰霊塔の写真を掲載し解説をしている。慰霊塔の解説は建立のいきさつなどを簡潔に書くにとどまる。ただし、いくつかの慰霊塔については、関連する話題を数ページにわたって解説するものもある。たとえば、久米島の痛恨の碑では、久米島虐殺事件の説明が書かれている。
     
 沖縄の慰霊塔を実際に見学すると、碑文が書かれたものも多い。碑文の文面には、戦争を賛美し国家に殉じることの意義を示すものも多い。本書の最初の20ページほどには、戦争賛美の碑文が書かれたいきさつなどにも触れられているが、個々の慰霊塔の碑文についてコメントはほとんどない。
 欲を言えば、各慰霊塔の碑文を掲載してほしかったし、碑文に対するコメントもほしかった。とは言え、慰霊碑の碑文に戦争賛美が多いのは、戦死を意味のある死と思いたい、遺族の心情もあるのだから、たとえ戦争賛美・戦意高揚を目的とするような碑文でも、直接的には批判はしずらいだろう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2017/05
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS