太地町イルカ漁を考える2018年09月12日

 2018年9月9日、新江ノ島水族館で、セーリングのワールドカップ大会の開会式が行われた。このなかで、新江ノ島水族館側はイルカショーを披露した。この件に関して、イルカ保護の考えを持つ外国人選手らから批判が起こっている。主催者によると「開会式の内容は事前にワールドセーリングの承認を受けなければならないが、実行委員会からの申し出はなかった」とのことだ。
 イルカ漁が国際的に非難され、世界動物園水族館協会(WAZA)が加盟水族館に対して、捕獲したイルカを購入しないようにと呼び掛けている中、新江ノ島水族館は太地町の捕獲イルカをショービジネスに使うため、WAZAの加盟団体であるJAZAを脱退した。
 今回、新江ノ島水族館が主催者に無断でイルカショーを強行したのは、今後も金儲けのために、捕獲イルカを使ってショービジネスを行う意思を示したかったのだろう。民度が低い国民で情けない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2018/09 >>
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

RSS