本の紹介ー松浦武四郎の生涯2019年01月18日

 
更科源藏/著『北海道と名づけた男 松浦武四郎の生涯』淡交社 (2018/11)
 
 幕末に北海道・樺太・千島を探検した松浦武四郎の伝記。松浦武四郎は多くの著作を残しているので、主にそれらを使って伝記が書かれている。松浦武四郎が訪れた地は北海道・樺太・千島などだけではないが、本の内容の多くはこれら地域の旅行・探検に割かれている。
 本書によれば、納沙布日誌に、花咲では、文化年間ここ色丹島アイヌを移した後、穂香の方に移住させたことが書かれているそうだ(P137)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2019/01 >>
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

RSS