積石塚―八丁鎧塚古墳2019年05月01日

長野県須坂市上八町には「八丁鎧塚」という積石塚の古墳がある。
下の写真は一号墳。
 
 下の写真は一号墳(手前)と二号墳(左奥)。
 
 どちらも直径25m以上。一号墳は4世紀後半、二号墳は5世紀後半のものと推定されている。朝鮮半島由来のものが多数出土されており、大陸との深い関係がうかがわれる。積石塚とは石を積み上げて作った古墳で、シベリアから朝鮮半島に多く見られる形態で、日本では長野県や福岡県などに見られる。渡来人の墓なのだろうか。
 


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2019/05
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

RSS