本の紹介-【増補】日ソ国交回復秘録 北方領土交渉の真実2019年05月03日

  
松本俊一/著、佐藤優/著『【増補】日ソ国交回復秘録 北方領土交渉の真実』朝日新聞出版(2019/3)
 
 1956年の日ソ国交回復の時の外交の責任者の一人だった松本俊一は、十年後に「モスクワにかける虹」を朝日新聞社から出版した。この本は交渉経過を詳しく記したものである。
 その後しばらく絶版だったが、2002年「ゆまに書房」から復刻された。2012年、佐藤優は「モスクワにかける虹」に解説を付して、「日ソ国交回復秘録 北方領土交渉の真実」の書名で朝日選書より出版した。2019年、さらに解説を付して、増補版として出版したものが本書である。
 
 本書の内容は次の通り
  松本俊一/著「モスクワにかける虹」と同じ内容。p11~p264
  日露間領土問題の歴史に関する共同作成資料集(1992年版)(日本国外務省、ロシア連邦外務省)日本語版 p265~p330
  日露間領土問題の歴史に関する共同作成資料集(2001年版)(日本国外務省、ロシア連邦外務省)日本語版 p331~p364
  佐藤優の選書版解説 p365~p424 
  佐藤優の増補版解説 p425~p452
 
 安倍・プーチン会談以降、歯舞・色丹の二島返還で解決しそうな雰囲気がある。佐藤優の増補版解説はこれに対応したもの。
 松本俊一による日露国交回復交渉の過程を読めば、2島返還以外にはないことが分かるが、選書版解説もそのような立場での解説だ。増補版解説は選書版解説が現実的になった状況を説明するもの。
 
 なお、日露間領土問題の歴史に関する共同作成資料集(1992年版)(2001年版)は外務省のホームページで公開背れている。
  https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/ryodo.html
   
また、北方領土問題の解説は以下をご覧ください。
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/index.htm
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/Yasashii.htm

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2019/05
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

RSS