使えない修竹園の茶筅2019年08月25日

 
 Amazonで修竹園の茶筅(茶筌)を購入した。八十本立て1420円と中国製にしては高いので、日本製と同様な品質かと思って購入したが、安物の中国静と同等品かな。これまで使っていた日本製の茶筅に比べて硬い。抹茶をたてるときには、力を入れて「ゴリゴリ」混ぜる感じに使用しないと、良く混ざらない。一杯いれるのならば、何とか使えないこともないのだけれど、二杯だと私には手がつかれて無理だ。
 なんで、こんなに硬いのだろうと思って、穂を一本切って、マイクロメーターで太さを計測した。
 
穂の先端から15㎜の位置での太さ(径方向×周方向)を計測すると、次の値だった。
 日本製茶筅・・・0.15mm×0.47mm (これまで使用していたもの)
 修竹園の茶筅・・・0.28mm×0.60mm
断面積で2.4倍、硬さを示す断面二次モーメント(径方向)で8.3倍の違いがある。
 
注)測定にはミツトヨ標準外側マイクロメーターNo102-217を使用し、ミツトヨデジタルノギスCD-15CXで確認した。

* * * * * *

<< 2019/08 >>
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RSS