本 -日本の海が盗まれる2019年10月03日

 
山田吉彦/著『日本の海が盗まれる』 文藝春秋 (2019/8)
 
 特に読むことを薦めはしない。
 新書本なので一般読者向け啓蒙書なのだろう。事前知識が大してなくても、読みやすく書かれている。
 
 本の内容は、日本近海に韓国・中国・北朝鮮が進出している事に警戒を主張するもの。このほか、北方領土問題に対する記述もある。何事も警戒するに越したことはないのだけれど、本書の内容は興味が持てるものではなかった。
 以前、中国漁船が大挙して尖閣周辺海域に出漁することがあった。本書の著者は、中国漁船が尖閣海域に出漁しているのは、中国政府が紛争を発生させるために漁民に金を払って漁をさせていると書いている。(『日本国境戦争』(2011.7)ソフトバンク新書 P30~31)
 その後、カワハギ漁が不漁になると、中国船は姿を消した。中国政府が紛争を発生させるために漁民に金を払って漁をさせた訳ではなさそうだ。本書でこの件についてどう書いているのかと思ったら、何も書かれていなかった。単に、著者の妄想で危機感を煽っただけだったのだろうか。本書にも、そんな面があるのかな。
 
 「危惧される北朝鮮からの難民渡航」の節で、北朝鮮から難民が大挙して押し寄せてきたときに対処のノウハウを日本は持っていないとしている。確かにその通りだろう。だから、北朝鮮から難民が生まれないようにしなくてはならないのに、そういう話はない。
 
 最終章で、北方領土に関して「北方四島を取り返すためには、計画的に住民社会、経済体制、自然環境などのひとつひとつに目を向け、日本化してゆく必要がある」としている。まあ、そうかもしれないけれど、現実は地元の根室の過疎化が進行していて、日本化どころではないだろう。日本の離島を見ると、対馬などは韓国化されつつあるのが実情だ。日本の周辺地域の過疎化が進んでいる中で、さらに外側を日本化する処方箋があるのだろうか。

本の紹介ー愛国という名の亡国2019年10月14日

  
安田浩一/著『愛国という名の亡国』河出書房新社 (2019/7)
  
ヘイトスピーチ関連の著書が多いジャーナリストによる「愛国」問題の話題。
本書は、著者がこれまで週刊誌等で公表した22本の記事をまとめたもの。
  
ヘイトスピーチ、外国人差別、沖縄差別、生活保護などがテーマ。
第4章に、池口恵観のインタビューがあるが、本書の中の位置づけ分からなかった。

虐待死2019年10月16日

 娘を虐待死させた船戸雄大被告の地裁判決は懲役13年だった。
 船戸雄大の経歴をネットで調べると、札幌白石高校から帝京大学に進み、IT関係の仕事に従事したようだ。心理学者の西沢哲教授によると「自己肯定感が低く他者が自分をどう見ているかに過敏」だそうだ。
 
 「大卒・IT関係の仕事・自己肯定感が低い」となると、ネット右翼の特徴と一致する。大東・東海・亜細・帝京・国士やこれ以下の大学だと、大卒とはいえ、IT関係に入ると、低学歴に思える人も多いだろう。
 娘の虐待死事件と、ヘイトスピーチは、日本社会の同一の病根を原因としているような気がする。

本の紹介―ヘイトスピーチとは何か2019年10月17日

 
法学セミナー編集部/編『ヘイトスピーチとは何か』別冊法学セミナー(2019/9)日本評論社
 
 13人の著者による12件の論文が収められている。著者は学者・弁護士・ジャーナリスト・ヘイトスピーチ被害者など。
本書の内容は、「ヘイトスピーチとは何か」「ヘイトスピーチの実態」「ヘイトスピーチ被害裁判」で、ヘイトスピーチ被害裁判では「京都朝鮮学校襲撃事件」「徳島県教祖襲撃事件」「李信恵さんの2つの裁判」が取り上げられている。「京都朝鮮学校襲撃事件」と「徳島県教祖襲撃事件」は、被害者の執筆もある。
 
 本書は、法律関係雑誌の別冊だが、法律解説ではなく、ヘイトスピーチの実態理解の視点で書かれた内容が多い。このため、法律関係者に限らず、一般読者にも理解しやすい内容になっている。

ラーメン花月嵐2019年10月18日

 
 「らあめん花月嵐」川口アリオ店がオープンしたので食べてみました。
 味がくどい、濃い、油ギトギト、ガーリック臭。きらいだ。
 
「らあめん花月嵐」は新興宗教・右翼団体の「日本平和神軍」と関係が深いところです。日本平和神軍のトップとラーメン花月嵐の運営会社社長は親子のようです。
 ラーメン屋で儲けた金を、へんちくりんな新興宗教や右翼団体につぎ込んだところで、何も悪いことはないので、問題にする必要はないと思います。N国から杉並区議になって、その後、N国を除名された佐々木千夏区議は日本平和神軍の関係者だとか。佐々木千夏区議はヘイトスピーチで問題になりました。
 「日本平和神軍」はネット右翼の老舗のようなものだから、ヘイトスピーチも驚くに当たらないよね。
 
 で、ラーメンに話を戻すと、かなりくどい。チャーシューは薄い。麺は細い。汁を吸ったのか、麺もしょっぱい。麺の量は少なめ。スープの出汁は、味が濃いので良く分からなかった。
 ということで、嫌いなラーメンでした。もう、二度と食べることはないな。

* * * * * *

<< 2019/10
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

RSS