星を見ましたー鬼押出し駐車場2019年12月01日

 浅間山の鬼押出し駐車場(P4)で星を見ていました。夜間駐車場には誰もいない。でも、鬼押出し園の明かりが見えるし、おまけに自動車道隣の駐車場なので時々車が通る、と観測条件はあまり良くない。
 写真は、ISO100、F4.0で20分ほど露出。

本の紹介ー華厳の思想2019年12月03日

 
鎌田茂雄/著『華厳の思想』講談社学術文庫(1988.5)
 
1983年に講談社から出版された本の文庫化。
この本は、10年以上前に購入し、読まずに書棚にあったものを、最近読みました。華厳とは華厳経あるいは華厳経を所依の経典とする華厳宗のこと。奈良・東大寺が華厳宗です。
 
 日本では、華厳宗は流行っていないけれど、韓国では結構メジャーなようです。中国では、華厳経を基に作られた円覚経という偽経が重視され、華厳経はあまり顧みられないようです。
 本書は、最初に、「日本仏教における華厳経の位置」を示した後、「華厳経の構成などを主体とした華厳経の説明」、「中国における華厳宗の成立」、「主に日本における華厳思想あるいは日本文化の中での華厳思想」、「韓国や日本での華厳経の発展」、について書かれている。
 華厳経の思想解説は少なく、日本文化と華厳経思想の関係や、日本の仏教者による華厳経理解などが中心になっている。また、最後の「日本での華厳経の発展」では明恵上人と華厳経の関連が詳しい。しかし、今では高山寺は華厳宗ではないので、明恵が好きな人以外には、どれだけ必要な知識だろうか。
 
 日本文化の中で華厳の位置を知るには、それなりの内容ではあるが、華厳経の思想自体の理解には、本書だけでは、遠く及ばないように感じる。

本の紹介―ノモンハン責任なき戦い2019年12月05日

 
田中雄一/著『ノモンハン責任なき戦い』 講談社新書 (2019/8)
 
2018年8月15日に放送されたNHKスペシャルの新書本。
同じような内容の番組として、1998年8月に放映された『ドキュメント・ノモンハン事件~六〇年目の真実』があり、こちらは『ノモンハン隠された戦争』として書籍化されている。
http://cccpcamera.asablo.jp/blog/2011/09/23/6110910
 
 本書は『ノモンハン隠された戦争』と比べ、作戦将校・辻政信に関する記述が詳しい。辻政信は国際政治の視野を全く欠いて、局地戦闘の勝利しか頭になくて、補給体制を含めた全体を見る目が全くなかったにもかかわらず、辻政信を中心とする関東軍の暴走を中央が押しとどめることもなく、敗戦に至った。辻政信は太平洋戦争では南方戦線の作戦立案にあたったが、補給を考える能力もないまま、局地戦の勝利にこだわり、兵力を分散させ、敗北に至ったのは、ノモンハンの失敗の繰り返しだった。
 
 辻政信は作戦課員として、太平洋戦争開戦にもかかわっている。太平洋戦争を開戦するか否かの会議で、勝利の見込みを尋ねられた辻は、「戦争というものは、勝ち目があるからやる、ないからやめるというばかりではない。・・・勝敗を度外視してで開戦に踏み切らなくてはならぬ。いや、勝利を信じて開戦を決断するのだ。(P198)」と主張して、日本を敗戦に引きずり込んでいる。
 辻政信こそ、日本陸軍の無責任で腐りきった象徴のような人だから、本書の記述が辻に多くのページを割くのは当然なのかもしれないが、そういう無責任な陸軍を放置していた、天皇・裕仁をトップとする政治の責任も重要なはずだ。

本の紹介-誰が科学を殺すのか2019年12月10日

 
毎日新聞取材班/著『誰が科学を殺すのか 科学技術立国「崩壊」の衝撃』(2019/10)毎日新聞出版
 
毎日新聞連載記事の書籍化

* * * * * *

<< 2019/12
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS