千葉大学数学入試問題2020年03月03日

千葉大学の数学入試問題は学部・学科によって決められた問題を解くようになっている。問10は医学科・数学科の問題。問11は医学科の問題。例年、これらの問題だけが難しいが、今年も取りつきにくかったり、難しい問題だった。特に、問11(3)は、自分の能力を信じて進まないと正解にたどり着かないだろう。



問10
有理数a,bに対して、(a+bi)2の実部と虚部が整数ならば、a,bは整数であることを証明せよ。ただし、iは虚数単位である。

<解説>
この問題は普通に考えればそれほど難しくはないが、類題を解いたことがある受験生は多くはないだろうから、とっつきにくかったと思う。

<問10の解答>
a,bが有理数の時、
a=m/k b=n/k m,n,kは整数で、m,n,kの最大公約数は1、kは正の整数と書ける。
(a+bi)2=p+qi (p,qは整数)とする。
この時、次式が成り立つ。
m2-n2=pk2
2mn=qk2   ②
ここで、k≠1とすると、k=rs (rは素数、sは正の整数)と書ける。
このとき、②の右辺はr2の倍数だから、m,nのどちらかはrの倍数。
同じことだから、mがrの倍数とする。
よって、①式より、nもrの倍数となる。
これは、m,.n,kの最大公約数が1という条件に反する。
よって、k=1である。
すなわち、a,bは整数である。



問11(若干、問題の表現を変えている)

0≦x≦1で定義された関数fn(x)を次のように定める。
f1(x)=0 fn+1(x)=∫0x{1-fn(t)}2dt  (nは正の整数)
また、f(x)=x/(1+x) とする。

(1)
nが正の整数の時、次の不等式が成り立つことを証明せよ。
 0≦fn(x)≦1 (0≦x≦1)

(2)
以下の式を証明せよ。
 nが正の奇数の時、fn(x)≦f(x)  (0≦x≦1)
 nが正の偶数の時、fn(x)≧f(x)  (0≦x≦1)

(3)
 lim(n→∞) fn(x)  を求めよ。

<解説>
(1)は易しい。(2)も普通に考えれば問題ないだろう。(3)の解がf(x)であることは、(2)から容易に推定できる。でも、それを証明するのは難しい。

(1)数学的帰納法を使えば容易に証明できる。

(2)
fn(x)≦f(x) (0≦x≦1)のとき、fn+1(x)≧f(x) (0≦x≦1)となる事を示す。
{1-fn(x)}2≧{1-f(x)}2となり、
∫{1-f(t)}2dt=f(x)であるから、fn+1(x)≧f(x)が成り立つ。
同様に、fn(x)≧f(x) (0≦x≦1)のとき、fn+1(x)≦f(x) (0≦x≦1)となる。

n=1の時、求める不等式は成立する。
あとは、数学的帰納法により、求める不等式が証明できる。

(3)fn(x)はf(x)の上下をふらふらしている数列なので、収束値はf(x)に決まっているということは、容易にわかるだろう。

ここでは、標準的に、fn(x)-f(x)を評価する。
gn(x)=fn(x)-f(x)と書く。
gn+1(x)=∫0x{1-fn(t)-1/(1+t)}{1-fn(t)+1/(1+t)}dt
よって、|gn+1(x)|≦2|∫0xgn(t)dt| ・・・(*)
(ここで、1-fn(t)-1/(1+t)=gn(t)および、gn(t)の符合はtによらないこと、さらに、 0<1-fn<1、0<1/(1+t)<1 を使った。)

(*)式の右辺の係数が1よりも小さいと簡単だったのだけど、2になったので、さらに考察が必要。

|g2(x)|=x-x/(1+x)≦x
(*)式により、|g3(x)|≦2∫0xtdt=2×x2/2
|g4(x)|≦2∫0x2×t2/2dt=2^3×x^3/3!/2
一般に
|gn+1(x)|≦2^n×x^n/n!/2<2^n/n!→0(n→∞)
よって、lim(n→∞) fn(x)=f(x)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2020/03
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS