国立7+1大学理系数学の難易度2020年03月07日

 国立7+1大学理系数学の難易度はこんな感じ。
 得意不得意が人によって違うことや、何点取ることを目的としているのかによって、難易度は変わるので、一概に言えないのですが、私の感覚としては、こんな感じです。
 
①東大、京大、東工大
②北大、阪大
③名大、東北大、九大
 
 東大、京大、東工大の三大学は、同程度の難易度で、他の5大学に比べかなり難しい。北大は、受験勉強をしっかりしていれば容易に感じたかもしれない。名大は北大、阪大よりは易しいが、東北大、九大よりは難しい。
 今年は飛び切り難問は出題されず、総じていえば、年々易化しているように思える。少子化の影響で上位大学に入りやすくなっているように感じる。
 ただし、早慶などの私立に比べ、国立7+1大学は難しい。国立7+1大学を目指す勉強と、私立狙いの勉強には違いがあるはずだ。
 
 
東大
 易しい問題はなかったが、とてつもなくもなく難しい問題もなかった。受験勉強をしっかり取り組んでいた受験生は高得点だったと思う。
  
京大
 東大同様、易しい問題も、とてつもなく難しい問題もなかった。文理共通の問3,5も易しくはない。問1は考え方によって、難易度が変わるので、失敗した受験生も多かったと思う。
 
東工大
 とてつもなく難しい問題はなかった。受験勉強にしっかり取り組んでいれば、高得点が狙えたと思う。満点も十分可能。でも、サボっていても点が取れるような甘い問題は、問1以外にはなかった。
  
名古屋大・大阪大
 これらの大学は、時々、超難問が出題されることがあるが、今年はそういうことはなかった。
 
北大
 昨年、急に難しくなったので、その反動で今年は大幅に易しくなると思っていたら、そうでもなかった。昨年よりは易しいが、例年よりは難しい。
 
東北大、九大
 易しかった。東北大はかなり高得点でないと合格しないのではないだろうか。
 
   
 その他、千葉大の医学部専用問題の問11は難しい。精神力がないと解けないだろう。東京医科歯科大の問1は思いつかないとできないので、たまたま体調が悪かったりした受験生には不利だったと思う。
 一橋大の問3は文系の問題にしてはかなり難しい。文系の大学なのに、なんでこんなの出題されるのだろう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2020/03
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS