花粉症悪化2020年03月24日

 今年は花粉の量が少ないようで症状は軽いが、スギが終わってヒノキが本格化してきたため、花粉症が多少悪化してきた。

 花粉症を抑えるためには抗ヒスタミン薬を服用するのが一般的だ。以前は、マレインサンクロルフェニラミンだったが、現在は第二世代の抗ヒスタミン薬が使われることが多い。有名なのは、
 ストナリニz:セチリジン塩酸塩(処方薬のジルテックと同じ)
 アレグラ  :フェキソフェナジン塩酸塩
 フェキソフェナジン錠:フェキソフェナジン塩酸塩
 アレジオン :エピナスチン塩酸塩
 ザイザル  :レボセチリジン塩酸塩(セチリジンの光学異性体)
このうち、ザイザルは処方薬。アレジオンを飲むと、私の場合、眠くなって仕方ない。ストナリニzは少し眠くなるが大したことない。アレグラなどフェキソフェナジンは、あまり眠くならないが、効き目が若干弱い気がする。
市販薬ではアレグラなどが一番売れていて、次がストナリニzのようだ。処方薬ではザイザルが多いと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2020/03
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS