本の紹介ー小学校英語のジレンマ2020年06月01日

 
寺沢拓敬/著『小学校英語のジレンマ』岩波新書(2020/2)
 
 2020年、小学校での英語が必修化された。
 本書前半は日本における小学校英語教育のこれまでの歴史。
 後半は、急に必修化となった経緯や小学生に対する英語教育のメリット・デメリットなど。
 
 英語教育に関心も知識もない私に、この本の良し悪しは判断できない。興味をもった記述として、小学生の時に英語教育を受けると、中学2年での英語能力は、100時間勉強した者で偏差値が0.5高いとのことだ。
  
 要するに、小学校で英語教育を受ける必要はないけれど、受けてればそれなりの効果はあるということになるだろう。毎日3時間余分に英語を勉強すると1年間でほぼ1000時間となるが、この時の偏差値の上昇が5.0程度だとすると、感覚的にそう違いはないだろう。このため、小学生が100時間の勉強で偏差値0.5だとすると英語の勉強は小学生も中高生でも、勉強時間当たりの効果に大きな違いはなさそうだ。
 「勉強は何歳でも早すぎることも遅すぎることもない。」 英語教育も同じなのではないだろうか。この本を読んでいてそんな感じがした。
 
 英語は語学なので教師に習う必要がある。将来、英語が出来るようになかどうか、最初に習う英語教師や学習環境の良し悪しが大きく影響する。小学校の英語は担任教師が行うことになっているが、本書では、この施策には批判的であり、英語を母語とする指導者による教育を推奨しているように感じた。
 しかし、英語を母語とする人と、日本語を母語とする教育者を比較した場合、初等英語教育はどちらがうまいのかというと、それは一概に言えないことではないだろうか。

本の紹介―汚れた桜2020年06月02日

 
毎日新聞「桜を見る会」取材班/著『汚れた桜 「桜を見る会」疑惑に迫った49日』毎日新聞出版 (2020/2)
 
 2019/11/8に「桜を見る会」の問題が共産党・田村智子議員によって、参議院予算委員会で取り上げられた。この質問をきっかけに、安倍政権による「桜を見る会」の私物化が次々と明るみになった。
  
 本書は、毎日新聞デジタルの記者による取材記。官僚あげての隠蔽体質と、記者たちの突っ込み不足の実態が明らかにされている。

本ー教養としての宗教学2020年06月06日

 
島田裕巳/著『教養としての宗教学 通過儀礼を中心に』日本評論社 (2019/2)
  
特に興味の持てる内容ではなかった。読んだことを忘れないようにタイトルのみ書き留めます。

本の紹介ー『人間革命』の読み方2020年06月07日

 
島田裕巳/著 『『人間革命』の読み方 』KKベストセラーズ (2017/12/9)

 宗教学者・島田裕巳による『人間革命』の解説書。

 『人間革命』は創価学会2代目会長・戸田城聖の伝記で、創価学会の正史となっている。著者は、創価学会3代目会長の池田大作とされる。

 本書は、『人間革命』の概要のほか、『小説・人間革命』『人間革命第2版』『新・人間革命』や『映画・人間革命』にも触れられる。
 『小説・人間革命』は戸田城聖・自身による伝記小説。『人間革命第2版』は池田大作が日蓮正宗と対立した後、都合の悪い部分を書き換えた改定新版で、現在市販されているもの。『新・人間革命』は池田大作の伝記。『映画・人間革命』は丹波哲郎主演の映画。

 本書は、200ページ強の新書本で、創価学会に詳しくない一般読者を対象としたものなので、深い考察はないが、『人間革命』や『小説・人間革命』がどんなものであるかを一通り理解する上で有益な本である。記述の内容は、宗教学者として客観的に書かれている。このため、池田大作を妄信している創価学会信者や創価学会と対立する新興宗教信者には大いに不満な記述かもしれない。なお、本書は『人間革命』の説明であって、創価学会一般の説明ではない。

本の紹介ー先住民アイヌはどんな歴史を歩んできたか2020年06月13日

 
坂田美奈子/著『先住民アイヌはどんな歴史を歩んできたか』清水書院 (2018/8)

 100ページの薄い本。
 本書の内容はアイヌ史全般ではなくて、アイヌが日本に取り込まれていく歴史の概説。あまり詳しい内容はない。
 本の3分の2で、江戸時代のアイヌ政策、第一幕領期、第二幕領期、明治期のアイヌ政策をそれぞれの時代ごとに解説し、残りの3分の1で、アイヌ自身による近代化を解説している。

 日本には、アイヌ民族解放を主張する人たちや、アイヌ民族は存在しないと民族を否定するような、極端な主張をする人たちがいるが、本書の内容は中立的に史実を解説するもの。ただし、日本側の視点による記述が多いように感じる。

アベノマスク――使用するな2020年06月16日

 
 埼玉県川口市在住です。6月15日、アベノマスクがやっときました。なんで、こんなに遅いのだろう。
今から、40年以上前、薬局等で市販されているマスクのほとんどすべてがこのガーゼマスクでした。当時でも半導体クリーンルーム関係者は今と同じ不織布マスクを使っていたけれど、一般薬局等では売っていませんでした。
 アベノマスクの大きさ・厚さは40年以上前のマスクと同じ。
 当時、マスクは冬の感冒予防が目的だったため、のどを冷やさないことや、乾燥させないことに主眼が置かれていたので、保温性の良いマスクが好まれていたわけです。その後、花粉症が増えてくると、マスクを春先に使う人が多くなり、マスクは薄く、花粉捕捉率が高い、不織布マスクになってゆきました。

 アベノマスクは冬の保温を目的としたガーゼマスク。真夏日が続くこの時期に、冬の保温を目的としたマスクを配布するというのは、どういう神経をしているのだ。真夏に、このマスクをつけていたら熱中症の恐れが高く危険です。暑い中では、絶対使用しないように。どうしても使用したい人は、冷房を極端に強くしてください。

本の紹介ー『華厳経』『楞伽経』2020年06月18日

 
中村元/著『大乗仏典Ⅳ 発展期の大乗経典 (こころを読む)』東京書籍 (1988/03)
中村元/著『『華厳経』『楞伽経』 (現代語訳大乗仏典5)』東京書籍 (2003/11)
 
華厳経と楞伽経の解説。経の一部を書き下し文で示し、注釈、現代語訳を付けている。このような形式で、華厳経の思想を示しているのであるが、著者が抜き出した部分が、華厳経全体の中でどのような位置にあるのかが分からない。著者の華厳経理解は理解できるとしても、それが華厳経の理解でよいのか、何となく読んでいて不完全燃焼の思いが残る。
 
2つの本は、旧版と新版。新版には、最終章に特論「人類の思想史における華厳経」が付録として付け加えられている。

本の紹介ー教育は何を評価してきたのか2020年06月20日


  本田由紀/著『教育は何を評価してきたのか』(2020.3)岩波新書

  明治以降の日本の教育の枠組みを「垂直的序列化」と「水平的画一化」ととられ、明治以降の教育行政を説明している。
  以下に本の表紙裏に書かれている紹介文を記載する。
 なぜ日本はこんなにも息苦しいのか。その原因は教育をめぐる磁場にあった。教育が私たちに求めてきたのは、学歴なのか、「生きる力」なのか、それとも「人間力」なのか――能力・資質・態度という言葉に注目し、戦前から現在までの日本の教育言説を分析することで、格差と不安に満ちた社会構造から脱却する道筋を示す。
 新教育基本法に掲げられている教育の目的に「真理を求める態度を養う」とある。一般に「態度」とは「表情・身ぶり・言葉つきなど身体の行為」のことをいうので、「真理を求める態度」とは不思議な表現だ。「態度」の用語は教育行政では独特の使い方をしているようだ。

本の紹介ーアイヌ絵巻探訪2020年06月21日

 
五十嵐聡美/著『アイヌ絵巻探訪 歴史ドラマの謎を解く』北海道新聞社 (2003/04)
 
宝暦年間に絵師小玉貞良によるアイヌ絵が流行した。本書は、主に小玉貞良のアイヌ絵の解説。
小玉貞良のほかに、村上島之允や蠣崎波響なども取り上げている。

本の紹介-中国の「爆速」成長を歩く2020年06月23日

 
西牟田靖/著『中国の「爆速」成長を歩く』イースト・プレス (2020/3)
 
 フリージャーナリスト・西牟田靖の近著。
 著者は二十数年ぶりに中国を取材した。本書は、著者の最近の取材と、かつての取材とを比較して、中国の発展の状況を記したもの。内容は、「開発」「食べ物」「格差」「交通」「お金」「マナー」「産業」「不動産」「出版とIT」「治安維持」「観光」「民族」と12の章に分かれ、それぞれで、2度の取材旅行の比較をしている。内容の多くは著者自身の取材であるが、一部他の文献による解説を加えている。
 本書は取材がメインで事実を淡々と客観的に記載しており好感が持てる。また文章も読みやすい。

* * * * * *

<< 2020/06 >>
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

RSS