本ー教養としての宗教学2020年06月06日

 
島田裕巳/著『教養としての宗教学 通過儀礼を中心に』日本評論社 (2019/2)
  
特に興味の持てる内容ではなかった。読んだことを忘れないようにタイトルのみ書き留めます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2020/06 >>
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

RSS