本の紹介ー『華厳経』『楞伽経』2020年06月18日

 
中村元/著『大乗仏典Ⅳ 発展期の大乗経典 (こころを読む)』東京書籍 (1988/03)
中村元/著『『華厳経』『楞伽経』 (現代語訳大乗仏典5)』東京書籍 (2003/11)
 
華厳経と楞伽経の解説。経の一部を書き下し文で示し、注釈、現代語訳を付けている。このような形式で、華厳経の思想を示しているのであるが、著者が抜き出した部分が、華厳経全体の中でどのような位置にあるのかが分からない。著者の華厳経理解は理解できるとしても、それが華厳経の理解でよいのか、何となく読んでいて不完全燃焼の思いが残る。
 
2つの本は、旧版と新版。新版には、最終章に特論「人類の思想史における華厳経」が付録として付け加えられている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2020/06 >>
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

RSS