本の紹介ー教育は何を評価してきたのか2020年06月20日


  本田由紀/著『教育は何を評価してきたのか』(2020.3)岩波新書

  明治以降の日本の教育の枠組みを「垂直的序列化」と「水平的画一化」ととられ、明治以降の教育行政を説明している。
  以下に本の表紙裏に書かれている紹介文を記載する。
 なぜ日本はこんなにも息苦しいのか。その原因は教育をめぐる磁場にあった。教育が私たちに求めてきたのは、学歴なのか、「生きる力」なのか、それとも「人間力」なのか――能力・資質・態度という言葉に注目し、戦前から現在までの日本の教育言説を分析することで、格差と不安に満ちた社会構造から脱却する道筋を示す。
 新教育基本法に掲げられている教育の目的に「真理を求める態度を養う」とある。一般に「態度」とは「表情・身ぶり・言葉つきなど身体の行為」のことをいうので、「真理を求める態度」とは不思議な表現だ。「態度」の用語は教育行政では独特の使い方をしているようだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2020/06 >>
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

RSS