本の紹介ー高山寺の美術2020年08月12日


 土屋貴裕/編『高山寺の美術: 明恵上人と鳥獣戯画ゆかりの寺』吉川弘文館 (2020/3)

 京都・栂尾の高山寺は『鳥獣戯画』で有名。同時に、華厳宗の高僧・明恵上人高弁ゆかりの寺として有名。
現在、功山寺に伝わる国宝・重文には文書が多いが、美術品にも、国宝・重文が多数ある。
 
 本書は、博物館学芸員を中心とする博物館関係者7名の論文。このうち最初の一章は明恵と高山寺美術の関連に対する解説。6件はそれぞれの美術作品の解説だが、明恵との関連の解説が主となっており、美術品自体の説明は少ない。最後の一章は「鳥獣戯画」の解説で、この章のみ、明恵とは関係がない。
 要するに、美術作品の解説というよりも、明恵との関連の視点が多い。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2020/08 >>
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS