日本に勝利 75周年記念日2020年09月03日

 
 第2次世界大戦、太平洋戦争の終結日は、日本ではお盆との兼ね合いもあって、8月15日にしているけれど、世界的には9月2日あるいは9月3日です。
 そういうわけで、昨日か今日が「日本に勝利 75周年記念日」に当たります。

 写真上は、アメリカの「日本に勝利」記念日の記念品。1945年9月2日の消印が押されています。

 写真下は、中国の「抗日戦争勝利50周年」の記念品。1995年9月3日の消印が押されています。

安倍政権の対ロシア交渉は評価に値する2020年09月07日

今日の朝日新聞社説のタイトルは「対ロシア交渉 失敗を検証して出直せ」である。
 
 長かった安倍政権も、ようやく終わりが近づいてきた。朝日新聞の社説は安倍政権による対ロ交渉を批判するもの。
 
『日本の外務省には、過去の経緯やロシアの論理に通じた人材がいる。だが安倍氏と側近はその専門知を軽視し、「2島返還ならプーチン氏も応じるだろう」との思い込みで、長年の主張を一方的に後退させた。』
 朝日新聞社説における安倍対ロ外交の総括はこの一文に示されている。
 
 朝日新聞の言う「過去の経緯やロシアの論理に通じた人材」が戦後75年間やってきたことは、領土交渉を一歩も進ませないことだった。高級官僚の目的は、組織を維持・永続させることと、天下りポストを確保することである。日本の外務官僚たちは、日露外交を膠着させることにより、領土問題対応部署や天下り場所を維持し続けてきた。この状態が多少変化したのは小泉改革の時で、天下りポストが削減させられたため、天下りポストとしての領土問題の魅力は少なくなった。
 外務官僚たちが領土問題を進めないために使った手法は、「領土問題が解決しない限り経済関係を進めてははならない、四島返還以外は絶対ダメ」ということだった。どう考えても無理な条件を突き付けて、領土問題を進展させないというのが、彼らの策謀だった。
 安倍内閣では、この方針に大きく変更がなされた。「経済関係の進展の先に、領土問題がある。現実的で具体的な解決を目指す。」このように、戦後一貫して外務官僚たちがやってきた「領土交渉を一歩も進ませない」との政策に風穴を置けたのが安倍外交だった。ただし、戦後75年間膠着した問題が、一朝一夜に解決するものでもないので、領土問題で目立った成果は乏しかったが、交渉に道を開いた点で、今後の進展に期待が持てるものだ。

本―ウクライナ・ファンブック2020年09月09日

 
平野高志/著『ウクライナ・ファンブック 東スラヴの源泉・中東欧の穴場国』パブリブ (2020/2)
 
ウクライナの観光ガイドブック。
 全体の半分以上は各所の名所案内。名産品や食べ物の紹介もあるが、「るるぶ」などと異なって、店やレストランの紹介はない。
 
 全体の1/3程度で、ウクライナの歴史や政治などの解説をしている。このような書き方なので、単なる観光ガイドではない。
 ただし、言語の解説など、ウクライナ国家ありきの解説となっているので、事実とはずれた、ウクライナ民族主義のプロパガンダのようにも感じる。現ウクライナ政権では、このような民族主義教育がなされているのだろうか。
 
 歴史の記述も、訳の分からないことが書かれている。
 『ウクライナの政治家達…が、革命の中で、ウクライナの完全な独立へと舵を切ることにした決定的な理由は、ウクライナへ容赦なく侵攻を続けるロシア・ソヴィエト軍の存在であった。…その後も進軍を続けるボリシェヴィキ軍は、2月9日にはキーウへも侵入する。…ソヴィエト軍のこの時のキーウ支配期間は短く、すぐに撤退するのだが、しかし、彼らはその短い間に市内で無差別な略奪・破壊を行っていた。ソヴィエト兵は…あらゆるウクライナ的な物を徹底的に破壊していた。キーウに入城したドイツ・ウクライナ軍は、その後、4月にはウクライナのほとんどの地をボリシェヴィキから奪還する。(P171,P172)』
 
 「ボリシェヴィキ軍」「ロシア・ソヴィエト軍」と別の用語を使っているが、同じ意味なのか違うのか、この文章を読んでも良く分からない。歴史を書くならば、もう少し分かりやすい文章で書いてほしいものだ。
 当時、ハリコフなどの東部地区では、鉱工業が進み、労働者階級が作られていた。著者が「ウクライナの政治家達」と書いているのは、中央ラーダ派のことで、この中央ラーダ派がウクライナ全土にわたって政権をとっていたわけではなく、工場労働者の多いの東部の要衝ハリコフなどでは、ボルシェヴィキ派が圧倒的優位にたっていた。ウクライナ・ボリシェヴィキの軍はロシア・ボリシェビキの援助をうけて、中央ラーダ派・ドイツ連合軍と戦闘になったものだった。
 本著では『ソヴィエト兵は…あらゆるウクライナ的な物を徹底的に破壊』と書いているが、この場合の『ソヴィエト兵』にはウクライナボリシェビキも多く、彼ら自身がウクライナ的だったので『ウクライナ的な物を徹底的に破壊』などありえないことだった。
 また、本書の同じページには、中央ラーダ派がドイツと条約を結び、ウクライナの穀物を引き渡す見返りとして、軍事介入と独立の承認を得たことを、快挙のように記している。国家の独立の要件は、実効支配の確立であって、外国軍の介入を求めることや、穀物と引き換えに承認を得ることなどではない。当時、中央ラーダ派がウクライナ全土を掌握していたわけではないので、ウクライナ国家が樹立されたとみなすことはできない。
 P175には 『ポーランド・ウクライナ軍は、4月25日、ボリシェビキ軍(赤軍)支配地ウクライナへ侵攻開始し…。赤軍はそのままワルシャワ近郊まで攻め入るも、ワルシャワ近郊戦ではポーランド軍に大敗する。』と書かれている。赤軍がポーランドに攻め込むことを主張したのは、ウクライナ人のトロツキーで、反対したのがグルジア人のスターリンだった。革命期のウクライナの混乱は、ウクライナ対ロシアではなくて、ウクライナの政治勢力間の内戦がベースにあって、そこへ、ポーランド・ロシアと言うもともと同じ国だった地域と、外国軍のドイツが介入したものだった。
 革命当時のロシア・ソビエトの中心人物には、ウクライナ系、ポーランド系など非ロシア人が多かったことも知られている。著者が「ロシア・ソヴィエト軍」と書いているロシア革命当時の軍隊は、ユダヤ系ウクライナ人のトロツキーに指導された軍隊だった。このほか、KGBを創設したジェルジンスキーはポーランド系ベラルーシ人だった。ソ連円熟期を見ても、ブレジネフ書記長はロシア系ウクライナ人、ポドゴルヌイ議長もウクライナ人、シチェルビツキー政治局員もウクライナ人だった。フルシチョフは、幼少のころドネツクに引っ越したので、少青年期はウクライナで過ごしている。
 
 本書では、ロシアとウクライナを別の国家としてとらえている。確かに、ロシア革命以降、別の共和国として扱われていたので、別の国家であるとの見解は正当だ。しかし、革命成立以前のウクライナを単一国家のようにとらえるのには無理がある。

産経新聞・舩杉力修島根大准教授の説(竹島問題)2020年09月15日

2020.9.14産経ニュースに『19世紀の英地図も竹島を日本領、女王に捧げる高い精度』の記事がある。
https://special.sankei.com/a/society/article/20200914/0001.html
我田引水記事を書くとしても、もう少し、まともな記事を書いてくれないのだろうか。
 
 産経の記事によると、『日本固有の領土でありながら韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)について、日本領と明示した19世紀の英国製の地図が現存することが島根大の舩杉力修准教授(歴史地理学)の調査で分かった』とのことだ。
 
 産経の言う地図とは、1881年に出版されたKeith Johnstonの英国製の着色された地図(CHINA and JAPANと思われる)で、この地図は版を重ねており、eBayのオークションで1860年代から1890年代の版が出品されることも多い。ただし、版によって、着色は異なるところがある。
 
 産経が記載している地図では、隠岐・本州は桃色、四国は黄色、九州・対馬は青色、朝鮮は橙色、竹島と鬱陵島は青色で塗られている。日本の各地や朝鮮半島がいろいろな色で塗られ、竹島は九州と同じ色で塗られているので、産経の記事では、竹島は日本の領土とされていると軽率に判断しているようだ。地図の色塗りを小学校で習わなかったのだろうか。
 世界には多数の国・地域があるが、色の数は限られているので、すべてを違う色で塗ることはできない。では、どう塗るかというと『隣接する異なる国・地域は異なる色で塗る』。このため、隣接していない国・地域が同じ色で塗られていたからと言って、同じ国であるとはならない。隠岐に近い竹島が隠岐の領域ならば隠岐と同じ色で塗る、違う領域ならば違う色で塗る、九州から遠い地域は同じ色でも違う色でもどうでもよい。これが地図塗の基本である。
 産経の記事には地図の一部しか記載されていないが、 Keith Johnston地図「China and Japan」の1881年版が以下に公開されている。
https://www.loc.gov/item/2006458431/
 この地図を見ると、浙江省と山東省が九州と同じ青色で着色されているが、だからと言って『九州は中国固有の領土である』と解釈することはできない。
 
 産経が紹介した地図では、竹島は隠岐とも朝鮮半島とも異なる領域で、鬱陵島と同一の領域であることが分かる。この地図で、竹島・鬱陵島が日本の領土と考えているのか、朝鮮の領土と考えているのかは、地図の表示からは分からない。当時、鬱陵島は日朝間で朝鮮の領土であることが確定していた。もし、この事実を地図作成者が知っていたならば、竹島も朝鮮領と認識していたことになる。
 
 Keith Johnstonの地図には「CHINA and JAPAN」のほかに「JAPAN」もある。現在eBayに出品されているJAPAN地図には鬱陵島や竹島は記載されていない。また、1枚の地図に「JAPAN」「COREA」が記載されている地図もある。この地図ではJAPANの部分に朝鮮半島の一部と鬱陵島・竹島が無着色で記載されており、着色された日本とは明らかに異なる。「COREA」地図には鬱陵島や竹島は記載されていない。
 
 ところで、私の手元には、1876年ドイツ・Stielerのロシア地図がある。この地図では鬱陵島・竹島ともに日本領となっている。
http://nippon.nation.jp/Takeshima/Ullundo/Stieler.jpg
 この地図だと、『19世紀の独地図も竹島を日本領』ということができるが、朝鮮領であることが確定している鬱陵島を日本領としているので、要するに、この地図の国境線が誤りだったことを示しているに過ぎない。
 地図表記で『鬱陵島が朝鮮領でも竹島は日本領』と主張するのならば、竹島と鬱陵島が異なる色で着色されているか、竹島・鬱陵島間に国境線がひかれた地図を探す必要があるのだけれど、なかなか無いですよ。
   
『やさしい竹島問題の話』は以下をご覧ください。
http://nippon.nation.jp/Takeshima/YasashiiTakeshima/index.html

* * * * * *

<< 2020/09
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

RSS