オリオン2021年01月10日

コロナが深刻化しています。年末年始、人出が多かったので当然と言えば当然ですが。
 
自宅のベランダからオリオン座や冬の大三角を撮ってみました。目視ではオリオン座三ツ星がやっと見える程度なのに、写真ではたくさんの星が写っています。
 
シャッター速度5秒を10分間繰り返し、重ねています。フィルターはSC64を使用。

本-ガチ文系のための「読む数学」2021年01月11日

 
斉藤孝/著『数学的思考ができる人に世界はこう見えている ガチ文系のための「読む数学」』祥伝社 (2020/2)  
 
 読んだことを忘れないように書き留めておきます。
  
 学生の時の専攻は数学系で、就職後の職業も数学系だった自分にとって、著者の言う「数学的思考」は、なんだかこじつけのような気がする。
 教育には「こじつけ」で生徒にやる気を起こさせるとか、「こじつけ」で覚えるなど、なにかと「こじつけ」を多用することも多いだろうから、教育学者らしい本なのかもしれない。いずれにしても、根っからの理系人である自分には、興味の持てない本だった。

本の紹介-漁業と国境2021年01月13日

 
濱田武士、 佐々木貴文/著『漁業と国境』みすず書房 (2020/1)
 
 日本の国境問題と漁業の関連を手際よくまとめている。文章も読みやすいのだけれど、今一つ読書意欲がわかなかった。なぜだろう。
 第一章は近現代の日本外洋漁業史。乱獲と諸外国の批判から衰退へと向かったのが、日本の漁業史なわけで、本書では、そう露骨に書いているわけではないが、まあ、そういうことが書かれている。
 第二章は北方領土関連の漁業。詳しく、また、わかりやすく書かれている。
 第三章は竹島関連、第四章は尖閣関連、第五章は南洋漁業。

ホームページ追記2021年01月14日

飛騨屋とクナシリメナシノ戦いに関して、下記ページに、以下の4点を追記しました。
http://nippon.nation.jp/Naiyou/Hidaya/index.htm

①飛騨屋の横暴は、歴史専門書以外に、一般啓蒙種にも書かれており、広く知られたことである。
②飛騨屋の横暴は、江戸時代から指摘されていたことである。
③松前藩や江戸幕府が飛騨屋を処罰せずに、飛騨屋の横暴を放置した原因。
④船戸与一の小説「蝦夷地別件」では、飛騨屋の横暴が書かれている。

私は歴史学者ではないので、記述はなるべく、一般に史実と思われていることを、中立的に書くことを心掛けています。
飛騨屋の支配に対して「人道的であった」「合理的であった」等、肯定的評価の視点からも記述したいと思い、近所の図書館で、歴史書を中心に調べました。しかし、肯定的評価をしている本が見つかりませんでした。もっとも、コロナの影響で、調査は不十分だったので、コロナが収束したらもう一度調べてみようと思っています。

クナシリ・メナシの戦いは北方領土の歴史と関係しています。
北方領土の解説は以下をご覧ください。
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/index.htm

やさしいく書いた北方領土の解説は以下をご覧ください。
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/Yasashii.htm

大学入試共通テストの数学2021年01月18日

 昨日は大学入試共通テストの理系科目試験が行われた。数1・A、数2・Bを見ると、基礎的な問題だけで、授業をまじめに勉強していた受験生には易しかっただろう。これまでのセンター試験に比べると、数2・Bが多少易しくなっている。ただし、問題文が長くなったので、文章読解・理解が苦手な受験生には難しくなったかもしれない。普通に新聞を読んでいる人にはどうってことないが。
 太郎君と花子さんの会話がいくつかあるが、単にヒントを与えているだけで、二人の会話にする必要はない。無駄に、問題文を冗長にしているようで感心しない。

* * * * * *

<< 2021/01
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS