本-ガチ文系のための「読む数学」2021年01月11日

 
斉藤孝/著『数学的思考ができる人に世界はこう見えている ガチ文系のための「読む数学」』祥伝社 (2020/2)  
 
 読んだことを忘れないように書き留めておきます。
  
 学生の時の専攻は数学系で、就職後の職業も数学系だった自分にとって、著者の言う「数学的思考」は、なんだかこじつけのような気がする。
 教育には「こじつけ」で生徒にやる気を起こさせるとか、「こじつけ」で覚えるなど、なにかと「こじつけ」を多用することも多いだろうから、教育学者らしい本なのかもしれない。いずれにしても、根っからの理系人である自分には、興味の持てない本だった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2021/01
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS