本の紹介-ブッダに学ぶ聖者の世界2022年09月17日

 
アルボムッレ・スマナサーラ/著『ブッダに学ぶ聖者の世界』 アルタープレス(2022/6)
 
テーラワーダ(上座部仏教)長老・アルボムッレ・スマナサーラによる仏教解説。
2014/1に大宝輪閣から、『自ら確かめるブッダの教え』が出版されているが、これに続く本。
http://cccpcamera.asablo.jp/blog/2021/02/04/9344082
 
本の前半では、知に関する仏教の見解を示す。世俗的な知識は感覚器官が把握した情報を、自分の都合に合わせて概念化した結果であるので、煩悩が起こる。このような心の動きを制止することを進める。
本の後半はスッタニパータの一部の詩を取り上げて解説する。パーリ語と日本語訳を示しての説明で、パーリ語の意味の説明もある。初期仏教・上座部仏教のある程度の知識があると、すらすら読める平易な文だが、日本の仏教に凝り固まっている人にと、受け入れることが難しいかもしれない。

* * * * * *

<< 2022/09
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

RSS