本の紹介-アイヌのことを考えながら北海道を歩いてみた2022年11月24日


カベルナリア吉田/著『アイヌのことを考えながら北海道を歩いてみた 失われたカムイ伝説とアイヌの歴史』ユサブル (2022/7)
 
 一味違う北海道旅行記。
 数年前、私も、アイヌのことを考えながら北海道を4回旅行した。最初の旅行は、電車で、函館。2回目は車で道東。3回目は車で北海道左回り一周。4回目は車で道南・道央・道東。私の旅行では、アイヌの存在は無視されていないにしても、あまり関心がもたれていない地域が多いと感じた。しかし、本書を読むと、先住民族としてのアイヌが観光宣伝や箱もの行政の口実に使われているようだ。ここ10年、日本の産業は停滞し、北海道の産業は寂れた。手っ取り早く景気回復のためには、観光宣伝施設を作り、観光客が満足するような展示をすることなのだろう。新たにウポポイが作られたので、そのうち見に行こうと思っていたが、本書を読んだら、その気が失せた。
 静内のシャクシャイン像が作り替えられていること、解説が変えられることが書かれているが、これは知らなかった。
 それから、著者は、かなり大食いの人なのだろうか。各所に、何を食べたのかが結構詳しく書かれているが、日本の普通の料理を食べた話をされても、あまり面白くない。 



北方領土問題  やさしい北方領土問題の話   竹島(独島)問題    尖閣(釣魚)問題 

* * * * * *

<< 2022/11 >>
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

RSS