本の紹介ー日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか2017年12月10日


池内敏/著『日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか』

 近世日朝関係史が専門の池内敏教授による、近世日朝関係の解説。

 著者は竹島問題の研究書『竹島問題とは何か(名古屋大学出版会)』、および一般向解説書『竹島 もうひとつの日韓関係史 (中公新書)』を出版している。本書は近世日朝関係を扱ったものだが、全体の1/4程度で竹島問題関連事項を解説している。

 本書は13章に分かれ、各章で日朝交流史関係の話題を扱っている。それぞれの章に、直接的関連はないので、興味がある章だけを読んでも構わない。この本は、大学の集中講義に使用したそうだ。欠席した講義があっても、話が分からなくなることがないように工夫されている、親切な講義だ。対象の学生はだれだったのだろう。歴史を専門とする学生が対象ならば「欠席するな」と言いたいし、学部生の一般教養だとしたら、内容が難しすぎるように感じる。
 本のタイトルは「日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか」となっているが、この問題に直接解答を与えるものではなく、日朝関係史の話題を提供するものになっている。

 竹島問題に直接関係しているのは『第3章 元禄竹島一件』『第9章 19世紀の鬱陵島』『第10章 竹島の日本領編入』の3つの章である。

『第3章 元禄竹島一件』は1692年に鬱陵島で日本と朝鮮の漁民が出会ってトラブルとなり、日本・朝鮮の交渉の結果、鬱陵島は朝鮮領であり日本人の渡島が禁止されるに至った事件の解説。この事件では、安龍福が現・竹島を朝鮮の領土だと主張したとかしないとか、いろいろな言説があるが、本章には安龍福の記述はない。信用のおけない歴史資料は使わないほうが良いということだろうか。
 P88に、「竹島考」の竹島松島之図が掲載されている。著者がどのような理由でこの地図を載せたのか分からない。この地図は1724年頃に作られたものだが、松島(現・竹島)が隠岐4島と同程度の大きさに描かれている。実際には隠岐4島で一番小さい知夫里島と比べても1/100以下なので、正保国絵図(1600年代に完成)と比べると、かなり稚拙な出来栄えだ。当時、現・竹島に関する知識が少なかったことがうかがえる。

 『第9章 19世紀の鬱陵島』は鬱陵島への日本人の進出の歴史が説明されている。中心は、幕末から明治だが、元禄竹島一件などにも触れられていて、第3章を読まなくても本章だけで、鬱陵島への日本人の進出の歴史が分かるようになっている。ここでは、史実のみ安龍福にも触れられている。本章は鬱陵島の話なので、竹島問題とは直接関係ないが、日本の竹島進出は常に鬱陵島への途中で利用されていたので、鬱陵島進出史を知ることが、竹島問題理解には欠かせない。
 P209に桂小五郎・大村益次郎等による鬱陵島開拓建白書の説明がある。司馬遼太郎の「花神」では、大村が桂に竹島開拓を提案した話があるが、司馬の小説は史実ではない。鬱陵島と無関係に竹島を開拓しようとしたことは、竹島が日本に編入される前後までなかった。

 『第10章 竹島の日本領編入』はページ数が若干少ない章で、江戸時代の竹島利用と竹島の日本領編入の説明。
 現在、日本政府の主張では、竹島は江戸時代から日本の領土であったとされているが、本書では、日本の竹島進出は常に鬱陵島への途中で利用されていた事実を指摘して、日本政府の主張を完全否定している。

 日本政府の主張は、川上健三の著書がもとになっているが、本書では、川上の研究方法自体を厳しく批判する。
 ・・・鳥取藩が「竹島も松島も鳥取藩領ではない」と述べたことを受けて元禄竹島渡海禁令が発令されたという事情に鑑みれば、元禄竹島渡海禁令は、法令上に「松島への渡海禁止」が明言されていなくても、そのことは含意されている。さらに、元文五年(一七四〇)に家業の保障を求めて寺社奉行と相談をした大谷九右衛門勝房は、当時、元禄竹島渡海禁令を「竹島.松島両島渡海禁制」と理解していたし、応対した寺社奉行たちも同様に「竹島・松島両島渡海禁制」と明言している。したがって、浜田藩家老の解釈は誤読であり、その誤読をもって「松島への渡航はなんらの問題もなかった」と述べるのもまた明白な誤りである。
 そして何より大問題なのは、川上健三は、外務省職員として自ら大谷家文書の原本調査をした際に、元禄竹島渡海禁令が「竹島・松島両島渡海禁制」であることを史料上に確認しておきながら、その大著『竹島の歴史地理学的研究』のなかではその事実を黙殺したことである。禁令が「竹島.松島両島渡海禁制」であることを知っておりながら、その文面には「松島渡海禁止」と書いていないと強弁し、元禄竹島渡海禁令後も日本人が松島(竹島/独島)を継続して活用した可能性を説いたことである。
 現在、日本外務省のHPに記される「竹島は江戸時代以来連綿として日本領である」ことの主張は、ほぼ全てにわたって川上健三『竹島の歴史地理学的研究』の文章からの引き写しである。このことをどのように考えるべきか。(P232,P233)

 川上健三は外務官僚で、外務省の政策が正しいものと国民に信じ込ませるために書いた本なのだろうから、まともな歴史研究書ではないということ、もっと言えば、外務省の主張は政治家の政治宣伝と同じ政治宣伝に過ぎないということだろう。

 1900年、韓国は勅令により鬱陵島と共に「石島」を領土に編入した。韓国では石島は現・竹島であると主張しているが、日本政府は否定している。本書では、日本に残る資料から、石島(標準韓国音トルソム)が竹島(韓国名・独島)(標準韓国音ドクト)のことである可能性を指摘している。(P240~P242)
 
 日本でも、マイナーな地名の漢字表記が一定しないことは多々あるので、「石島」「独島」と漢字表記が違っても普通のことだろう。
 群馬県西部の荒船山の最高峰は経塚山・行塚山・京塚山と言う。山頂の表示は経塚山で、途中の指導標には行塚山と書かれている。ガイドブックには京塚山と書かれているものがある。「京」と「経」はどちらも同じ音だけれど、「行」は音が異なる。どうしてこんなことになったのか、説明を聞いたことがないが、少し思い当たる節がある。
 荒船山の少し北側にある妙義山は「ミョウギ」と読むけれど、昭和初期以前生まれの地元の人たちは「ミヨギ」と言っていた。本当は「ミヨギ」ではなかったのだが、標準語の発音にはない音で、あえて書くと「ミヨギ」となるように私には聞こえた。ただし、私が少年のころ「ミヨギ」と言っていた父も、晩年になると「ミョウギ」と変わっていたので、この音はすでに失われている可能性が高い。荒船最高峰も松井田町・下仁田町の人達は、かつては「キヨヅカ」「ギヨヅカ」のように私には聞こえる発音をしていたはずだ。存在しない発音を聞いたとき、標準語の音で理解しようとすると、人によって聞こえ方が違ってくるものだ。ラジオ・テレビが普及した現在、若い人には地域独特の発音があったなど思いもよらないかもしれないが、昔はこれが普通のことだった。
 朝鮮の地方の人たちも、竹島のことを「石島」「独島」と言っていたのではなくて、その地域独自の発音だったのではないだろうか。その発音を中央の人が聞いた時、人によって異なった音に感じたという可能性は大きい。しかし、韓国でもラジオ・テレビが普及しているので、今となっては検証できないだろう。

本ー安龍福の供述と竹島問題2017年11月23日

   
下條正男/著『安龍福の供述と竹島問題』島根県総務部総務課/ハーベスト出版 (2017/3)
  
 著者は島根県の竹島問題研究会座長を務める拓殖大学教授。このため、著者の主張は島根県のホームページやpdfファイルなどに公開されているものが多い。本書は30ページ余りの小冊子で、17世紀末に日本に来た安龍福の供述を解説するもの。無料で読める内容を超えるものではないので、本書をわざわざ購入する必要性は全くないだろう。
 安龍福の供述には、ほら話が含まれていることは確実だが、だからと言ってすべてが嘘だというわけでもない。このため、安龍福供述については、他の資料を基に、事実とそうでないことを分ける必要がある。しかし、本書は、そのようなことはせずに、一部に真実でないことがあるとあげつらうことによって、あたかもすべてが虚偽であるかのような印象操作をしているように感じられる。でも、それが著者の出版の目的なのだろうから、それはそれでも良いことだろう。
  
 しかし、不正確な言葉使いで、自説をごり押ししているように思える記述が散見される。
 2か所、指摘する。
  
 本書、P20に「安龍福の地理的理解は正確ではなかったようです。・・・鬱陵島と松島の間は五十里(約200キロ)であったとしたことにもあらわれています。・・・鬱陵島から松島にはその日のうちに到着したとしているからです。・・・小舟で約200キロあるとした鬱陵島から松島に、その日のうちに着くのは、物理的に不可能に近い・・・」と書かれている。村上家文書には「安龍福申候・・・竹嶋と朝鮮之間三十里竹嶋と松嶋之間五十里在之由申候」とあるので、安龍福が日本で、鬱陵島と松島の間は五十里であったとしたことは正しいのだろう。しかし、約200キロはどこから言えるのだろう。日本では1里は4キロであるが、中国・朝鮮では0.4~0.5キロと日本の十分の一程度をいう。村上家文書の記述が安龍福の証言を書き留めたのか、日本の里程と朝鮮の里程を換算した数値を書き留めたのか、この点を明らかにすることなく、唐突に200キロとしている点は、まじめに歴史を見る態度とは思えない。
  
 P29には「安龍福は日本の漁民が松島に住んでいると証言しました。当時、竹島には人が住んでいたのでしょうか。」と書かれている。現代日本語で「住む」というと、そこに住民票を移して最低でも数年間住み続けることをいうかもしれない。しかし、漢文で有名な李白の詩の一節「両岸猿声啼不住」の「住」は現代日本語の「住む」という意味ではなくて「停止」するという意味である。また、現代中国語ではホテルに一泊することを「住宿」と言う。このように、当時、竹島に現代日本語の意味で人は住んではいなかったけれど、漢文や現代中国語の意味で、竹島に人が住んでいた可能性は十分にある。

本の紹介-サハリンからのレポート2017年10月22日

    
朴亨柱/著、民涛社/編『サハリンからのレポート 棄てられた朝鮮人の歴史と証言』 御茶の水書房 (1991/1)
   
本の主要部分は、戦後サハリンに残留した朝鮮人の生活を個々の事例を挙げて、詳しく説明。残留朝鮮人を通した、ソ連史を垣間見ることができるが、個人の事例なので一般化して考えることはできないだろう。
   
107ページから114ページには瑞穂村朝鮮人虐殺事件が記載されている。朝鮮人を殺害した日本人は、この時に金品を強奪したことが書かれている。

本―隣国への足跡2017年10月02日

        
黒田勝弘/著『隣国への足跡 ソウル在住35年日本人記者が追った日韓歴史事件簿』KADOKAWA (2017/6)
        
 特に読む価値はないと思ったが、読んだことを忘れないように書き留めておく。
 本の内容は、日韓の歴史に対して、日本を弁護するもの。日本に都合の良い内容・解釈のみを並べて、あるいは、言葉のあやで日本を弁護することは、著者の著述の方向性なのだから、それはそれで良いだろう。でも、2チャンネルではないのだから、もう少し普通にまともな内容には書けなかったのだろうか。
      
 竹島問題では、ニホンアシカが絶滅した原因は韓国にあると書いている(P61-P63)。このような主張は、2チャンネルでは珍しくないが、一応、出版物なので、もう少しまともな記述はできなかったのだろうか。
 まともな生物学の本には、二ホンアシカ絶滅の原因が、次のように書かれている。
      
 竹島は最大の繁殖場であったが、明治末期に1万4000頭を超える乱獲が行われ、その後も1930-40年には年間数十頭が捕獲された。生息地の多くでは19世紀末あるいは20世紀初頭に絶滅した。その原因は明治政府が駆除や乱獲を放置し、繁殖期に性別・年齢を問わない捕獲が行われたためである。(和田一雄/著 伊藤徹魯/著『鰭脚類―アシカ・アザラシの自然史』 東京大学出版会 1999/1 P33~P34)
      
 ニホンアシカが絶滅した主な原因は日本の乱獲にあったが、最後の日本アシカがいなくなったとき、竹島は韓国の領土だったので、知識が乏しい人の中には、絶滅の原因が韓国にあると考える人もいるだろう。しかし、当時の日本は高度経済成長期で、日本海の海洋環境が汚染されていたので、ニホンアシカの絶滅に最後の一撃をくらわしたのが、日本の環境破壊なのか韓国の竹島支配なのか判断することは難しい。
      
       
 日清戦争で勝利した日本は、韓国の属領化を進める過程で、これに反対していた王后を殺害した。日本が殺害した王后を日本では「閔妃」と言い、韓国では「明成皇后」と言うことが多い。王后の呼び名に対して、本書では、事件当時、皇后ではないため明成皇后は誤りであり、閔妃が正しいとしている(P70)。
 呼び名など、どうでもよいように思うが「明成皇后は誤り」と言ってしまうと、知識のなさを露呈しているように思える。日本が殺した王后は、高宗の正妻だったので、側室を意味する「妃」は誤りである。しかし、王后を殺した日本は正妻の地位をはく奪して妾に貶めた。この結果「閔妃」と呼ばれるようになったので、生きていた当時に「妃」だったわけではない。また「明成皇后」は死後しばらくして与えた諡号(送り名)である。日本では「睦仁」「裕仁」と言う代わりに、「明治天皇」「昭和天皇」と諡号を使うことが定着している。また、「空海」を「弘法大師」と呼ぶことも珍しくない。これらの事実からもわかるように、韓国で諡号を使って呼ぶことは誤りではない。
 いずれにしても、「閔妃」「明成皇后」は、ともに殺害時の名前ではなく、どちらが正しいとか、どちらが誤りというものではない。

本の紹介―東学農民戦争と日本2017年05月17日

      
中塚明, 井上勝生,朴孟洙/著 『東学農民戦争と日本』高文研 (2013/6)
     
 日清戦争のきっかけとなった朝鮮の反政府運動のことを、以前は「東学党の乱」と言ったが、最近は「甲午農民戦争」と言うことが多い。
 日本で書かれる多くの日本史では、日本の良いことを強調し、悪いことはなるべく書かないようになっているようだ。日清戦争は日本が朝鮮半島を植民地化する過程で起こった戦争だが、その点に触れると日本賛美につながらないため、日清戦争における朝鮮半島の話は日本史教科書ではあまり触れられない。以前の日本史教科書では、こんな感じで書かれていた。
 ①東学党の乱を抑えきれない朝鮮王府は清国に軍隊派遣を求める
 ②申告の派兵に対抗するため日本も朝鮮に派兵
 ③朝鮮半島の対処に関して、日清両国が対立
 ④日清戦争が起こる
 ⑤下関条約成立
 最近の日本史教科書には、日本軍が朝鮮王府を占拠したことや、日清両国の対立とは、朝鮮から撤兵することを主張した清国に対し、撤兵を拒否した日本との対立だったことが明記された日本史教科書もある。しかし、朝鮮農民軍と日本軍との戦争について触れられている日本史教科書は少ない。
     
 日本が派兵して朝鮮王府を占拠すると、これに反発した朝鮮農民軍と日本軍とが交戦し、農民軍に多数の犠牲者が出た戦争に対する記述が、本書では詳しい。日本軍の虐殺実態についても触れられる。
 日清戦争で最大の犠牲者を出した国は、日本でも清国でもなくて朝鮮だった。朝鮮農民軍戦死者数について、数万から数十万人説までさまざまな説があるが、本書では3万を下らないとしている。日清戦争の主戦場は朝鮮なのだから、朝鮮の視点がなくては日清戦争を理解することはできないので、本書によって、日本ではあまり語られてこなかった日清戦争の重要な点を理解することは、正しい日本史理解にとって有益だ。
 本書には、甲午農民戦争の記念碑についても書かれており、こういったものに興味がある人が、韓国旅行するときには便利だ。

本―北方部隊の朝鮮人兵士2017年04月26日

      
 北原道子/著『北方部隊の朝鮮人兵士 日本陸軍に動員された植民地の若者たち』 現代企画室 (2014/3)
   
 樺太・千島など北方に動員された朝鮮人兵士の状況を明らかにしている。本書では、最初の章で朝鮮人が日本軍兵士となったいきさつ(布告など)を示し、以下の章で、樺太・千島等の朝鮮人兵士の日本軍での状況を明らかにしている。また、本書後半では、北方部隊の日本軍兵士となった朝鮮人の回想。
   
 このような研究はあまり見たことがないので、未解明分野の研究として重要なのはわかるのだけれど、正直言ってあまり興味が持てなかった。一般民衆レベルでは、朝鮮人は植民地人として差別を受けたが、軍隊にあっては階級によって同じ仕事をするので、それより仕事ができるかどうかが重要になり、出身がどこかで差別を受けることは多くはない。朝鮮人だからと言って、差別を受けたことが全くないとは言わないが、一般民衆レベルよりも差別はずっと少なかったようだ。でも、そうすると「普通ですね」「特に違いはないですね」で終わってしまい、素人的には面白味に欠ける。
   
 ただし、これだけの研究をして出版したことには敬意を表したい。

本の紹介―忘却された支配 日本のなかの植民地朝鮮2016年11月21日

 
伊藤智永/著『忘却された支配 日本のなかの植民地朝鮮』(2016.7)岩波書店
 
 戦前・戦中、日本は朝鮮半島を支配していた関係で、朝鮮人労働者を国内で強制労働に従事させていた。本書は、そのような痕跡を訪ねて、各地で強制連行・労働の実態解明や遺骨収集・慰霊などに努めている人々を紹介している。
 
 本書で取り上げている主な地点は「宇部・長生炭鉱」「北海道・浅茅野飛行場」「筑豊炭鉱」「紀州鉱山」「知覧特攻隊」。このほか、甲午農民戦争のときに朝鮮人大虐殺とそれに関与した四国の将兵にも触れられている。

本の紹介‐<独島・竹島>の日韓史2016年08月15日

 
保坂祐二/著 『<独島・竹島>の日韓史』論創社 (2016/07)
 
韓国・朝鮮から見た、鬱陵島・竹島の19世紀以前の歴史を詳細に解説。
 
6世紀、鬱陵島は新羅に服属し、以降、朝鮮の領土だったが、15世紀には倭寇対策として、空島政策がとられ、居住者はいなくなった。しかし、対馬藩も鬱陵島が朝鮮の領土であることを認識していた。17世紀、鬱陵島で朝鮮人・安龍福が日本人漁民によって捕らえられ、日本に連行されたことがあった。このとき、日本と朝鮮との間で、鬱陵島が朝鮮の領土であることが確認され、日本人漁民が出漁しないことが合意された。
竹島は、鬱陵島から見えるので、鬱陵島とセットでとらえられることが多い。そして、朝鮮でも日本でも、朝鮮と隠岐の島の間には2つの島があることが知られていた。鬱陵島と竹島の領有が異なるとの見解は、日本・朝鮮ともに一度もなかった。
このような理由から、韓国では鬱陵島・竹島ともに歴史的な韓国の領土であると考えている。
 
本書は、これらの点を、歴史資料に基づき詳細に解明している。日韓両国の資料を元にしているが、韓国側の資料の方が多い。豊富な古文書・文献をもとに、6世紀以降19世紀までの韓国・朝鮮でも鬱陵島・竹島の歴史が詳述されているので、竹島が日韓どちらの領土であるとの見解とは別に、歴史事実を正しく理解する上では大いに参考になる本である。
 
本書に従えば、竹島が韓国の領土であることに疑いはないだろう。しかし、19世紀以前の朝鮮における竹島領有は現在の国際法における領土の領有と一致するわけではないので、19世紀以前の竹島が朝鮮の領土であったかどうかについては種々の見解がありうる。

本の紹介―独島・鬱陵島の研究2016年07月25日

 
『独島・鬱陵島の研究―歴史・考古・地理学的考察』洪性徳・ 保坂祐二・他/著 (2015/12) 明石書店  
 
 鬱陵島と竹島に関する次の5件の歴史研究論文が収められている。これらの論文相互には、特に関連はないので、どれから読んでもよい。竹島領有権問題というよりも、竹島問題で重要な歴史的事実や鬱陵島の古代史など、関連する史実の解明に重点が置かれた、学術書である。
 
洪性徳/著『17世紀後半の韓日外交交渉と鬱陵島』
保坂祐二/著『高宗と李奎遠の于山島認識の分析』
朴三憲/著『明治初年太政官文書の歴史的性格』
呉江原/著『古代鬱陵島社会と集団に関するいくつかの問題』
任徳淳/著 『独島の機能、空間価値と所属』
 
『17世紀後半の韓日外交交渉と鬱陵島』は安龍福事件のときの、幕府・朝鮮・鳥取藩・対馬藩・大谷家の利害関係を調べることにより、この時、鬱陵島が朝鮮領土に確定した経緯や安龍福への対応などについて言及している。論文の主眼は鬱陵島交渉であって、竹島問題への言及は少ない。
 
『高宗と李奎遠の于山島認識の分析』は、朝鮮において于山島認識がどのように歴史的変遷をしてきたかを明らかにしている。また、勅令第41号の「石島」が日本でいうところの当時の松島、すなわち現・竹島であるとしている。
 
『古代鬱陵島社会と集団に関するいくつかの問題』は鬱陵島の発掘調査の解説。古代鬱陵島氏に対する研究の現状が理解できる。
 
『独島の機能、空間価値と所属』は竹島が朝鮮の領土であることを説明する論文。竹島が朝鮮の領土であるとする歴史的根拠が簡潔にまとめられている。

本の紹介-大君外交と「武威」2016年05月24日

 
池内敏/著『大君外交と「武威」―近世日本の国際秩序と朝鮮観』名古屋大学出版会 (2006/03)
 
 本書は三部構成で、第三部が日韓間で領土問題となっている竹島の話。歴史を正しく理解することにより、「竹島は古くから日本固有の領土である」との言説を否定する材料を提供しているように思える。
 著者は2012年に、名古屋大学出版会より『竹島問題とは何か』を出版し、日本の言説や韓国の言説を、厳密な考証に基づいて否定しているが、本書第3部がその基礎となっている。『竹島問題とは何か』を読んだならば、本書第三部は必要ないかもしれない。
 
 参考に、第3部の目次を掲載する。
 
第三部 元禄竹島一件考
 
第七章 竹島渡海と鳥取藩
はじめに
1.「元和四年竹島渡海免許」
2.竹島・松島渡海をめぐる大谷家と村川家
3.竹島・松島渡海と幕藩権力
おわりに
 
第八章 竹島一件の再検討
  元禄6~9年の日朝交渉
はじめに
1.事件の発端と交渉の開始
2.日朝交渉の経過
3.膠着した局面打開への道筋
おわりに
 
第九章 東平行一件の再評価
  元禄九~一二年の日朝交渉
はじめに
1.安龍福事件
2.竹島渡海禁令の伝達と東平行一件
おわりに
 
補論5「隠州視聴合記(紀)」の解釈をめぐって
はじめに
1.「隠州視聴合記」の諸本について
2.「隠州視聴合記」の構成・内容・用語法
3.「此州」を「竹島(鬱陵島)」とする説について
おわりに
 
補論6「竹島考」について
はじめに
1.「竹島考」の構成
2.六つの問答
3.竹島を伯耆の属島とする論
おわりに

* * * * * *

<< 2017/12
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS