安倍総理殺害 自業自得か2022年07月14日

  写真の本は、
いのうえせつこ/著『新宗教の現在地』花伝社(2021/3) 監修/山口広

 本の内容は、現在の日本における新興宗教被害について取材したもの。幾つかの新興宗教を取り上げているが、多くのページを割いているのが統一教会で、本の半分程度になる。
 この本は、昨年読んだのだけれど、内容は、まあそんなものだろうと予測できたことだったので、特に大きな感想はなかった。
 http://cccpcamera.asablo.jp/blog/2021/07/11/9397030
 今回、統一教会がらみの大事件が起きたので、前半の統一教会部分を再読した。

 著者は、2019年12月23日に、横浜市の公共施設で行われた、統一教会の勧誘活動を取材している。その後、施設の管理責任者に反社会団体に会場を貸さないように申し入れた所、「横浜の市議会議長も家庭連合の会員と近しいのですよ」と言われたそうだ(P24)。
 当時、横浜市議会議長と言えば、自民党青葉区連合支部支部長の横山正人氏だ。 横山正人氏の口利きがあって、統一教会が公共施設を使用したのかどうかは、本書の記述では分からない。公共施設を使用して勧誘すると、知らない人は、勧誘が半ば公的機関のものだと誤解しがちだ。このため、統一教会が、自民党議員の口利きで、公共施設を使用していたならば、自民党が霊感商法の共犯と言っても過言ではないが、事実はどうだったのか分からない。 しかし、本書の記述だけでも、何か感じの悪い予感がすることは確かだろう。
 その後、著者の再三の申し入れが2020年6月の神奈川新聞に取り上げられると、横浜市長定例会見で統一教会に横浜市の公共施設を貸さないことが回答された。

 統一教会と岸信介・安倍晋三政権との結びつきについて以下の記述がある。 
 日本に統一協会が上陸したのは1958年。翌年、「世界基督教一神霊協会」の名前で、すぐに宗教団体として認められた。この「速さ」の背景には、岸信介(当時首相)と、政商・小佐野賢治の存在が大きいとされる。
 文鮮明はさらに、日本の右翼界の大物、笹川良一や児玉誉士夫などとも交流を持ち、岸信介の支援を受けて、1968年4月、「反共産党」を旗印に掲げる「国際勝共連合」を発足する。…
 統一協会信者の若者たちは、保守系議員の選挙を無償で支えている他、議員秘書になったり、地方議員にも進出したりする者もいる。第一次安倍内閣、第二次安倍内閣とも、統一協会による選挙協力はすさまじく、安倍晋三にこびへつらう意味もあって、統一協会に協力する多くの右派政治家たちが、地方議員から国会議員にまで広がり、安倍政権下で徴用されるようになった。(P78~P80)
 本書以外にも、統一教会と自民党政治家との結びつきや、統一教会被害について書かれた本は多い。さらに、統一教会の霊感商法被害に対しては裁判所の判決などでも良く知られていることだ。
 このため、犯人が統一教会や韓鶴子を恨むのは当然だ。韓鶴子にビデオメッセージを送っている安部元自民党総裁や自民党を憎むのも理解できる。しかし、銃撃までするかと言えば、かなり飛躍があって、犯人の行動は理解しがたい。

 安倍元総理が犯罪被害者であることは間違いないが、自業自得の面がなかったのかどうかは、犯人の動機が明確でないので、何とも言えない。今後、裁判の中で、犯人の動機が明らかにされたあとに、考えればよいことだ。
 統一教会の霊感商法や自民党との結びつきが解明される可能性はあるのだろうか。犯人の裁判で、政権への忖度がなされ、この問題が公にならないような訴訟指揮が行われるならば、犯人の動機の解明には至らない。そうなったら、安倍元総理の被害に自業自得の面があったか、なかったか、永遠にわからなくなるかもしれない。

 安倍元総理殺害以降、統一教会被害が連日のように報道され、今でも統一教会被害が続いていることを多くの人が知るところとなった。これが犯人の目的だったのだろうか。もしそうだとすると、安倍元総理はとんだトバッチリと言えなくもないが、悪質新興宗教と近しい関係になるのは考え物なのだろう。

安倍元総理・ビデオメッセージのUPFは統一教会関連団体2022年07月13日

 安倍元総理殺害事件に関連して、世界平和統一家庭連合(統一教会)会長は、7月11日に会見を行った。
この中で、安倍元総理と教団の繋がりについて、犯人の臆測とした上で、教団とUPF(天宙平和連合)との区別がついていなかったのではないか、との考えを示した。

 統一教会の霊感詐欺で被害を受けそうな一般人にとっては、とても受け入れがたい発言に思える。一般に、悪質新興宗教は新興宗教の看板を掲げずに、気づかれないように善良な市民に近づき、財産を巻き上げる。大学では宗教とは無関係なサークルを装い勧誘する。以前、私が学生だった頃は、大井町の統一教会が、駅前で英会話研修のような雰囲気で、若者を勧誘していた。暴力団とフロント企業は同一と見て警戒するのと同じで、統一教会関連団体は、たとえ無関係を装っていても、統一教会と一体と思って警戒しないといけない。
 写真は『霊感商法の勝共連合=統一協会 (共産党ブックレット)(1987/10)』に記載されている統一教会関連団体図。ずいぶん以前のものなので、今では名称も組織も大きく変わっている。

安倍元総理と韓鶴子(統一教会のお母さま)2022年07月12日

 
 昨日のNHKクローズアップ現代では安倍元総理が統一教会系集会にビデオメッセージを送っていたことが報道されていた。しかし、ビデオメッセージで、安倍元総理が、韓鶴子に敬意を表した部分の手前で終わっていた。安倍・統一教会の関係に何らかの忖度があったのだろうか。
 ビデオメッセージで安倍元総理は以下の発言をしていたと、当時の赤旗が伝えている。
 「今日に至るまでUPFとともに世界各地の紛争の解決、とりわけ朝鮮半島の平和的統一に向けて努力されてきた韓鶴子総裁をはじめ、皆さまに敬意を表します」
 なお、ビデオメッセージは、以下にあります。
https://www.youtube-nocookie.com/embed/qtzkP2Pi9tY?iv_load_policy=3&modestbranding=1&rel=0&autohide=1&playsinline=1&autoplay=0
 
 韓鶴子とは統一教会教祖・文鮮明の夫人で、統一教会信者は「お母さま」と言って、尊崇することが義務付けられている。かつて、統一教会は、詐欺商法を繰り返した。信者になると、文鮮明・韓鶴子への絶対服従が強要され、全財産を献金させられ、破産のうえ家族が離散することも多かった。安倍元総理を射殺した犯人も「韓鶴子お母さま」の名前は、自分の母親から聞かされていたことだろう。
 全財産を奪い、家族をメチャメチャにした韓鶴子に敬意を表する安倍元総理の態度に、犯人が反発したことは、当然だ。しかし、だからと言って射殺までするかと言えば、かなり飛躍があるので、その間の動機が何かについては、今後解明されることだろう。
 
 写真は、かつて統一教会系企業が販売していたメッコール。まずかった。今は、売っていないと思う。
 文鮮明のことを、信者でない私は「ブンセンメイ」と言っていたが、信者に近い友人から「サミュエル・ムーン」と呼ぶと聞いたことがある。信者が韓鶴子のことを、どんな名前で呼んでいたのかは忘れた。

安倍元首相銃殺2022年07月11日

犯行動機は、統一教会がらみの怨恨だったことが、徐々に明らかになっています。政治、言論、そういうことではなくて、個人的な怨恨。大政治家の最後にしては残念です。
 
故・安倍晋三氏と「統一教会」の結びつきに関連して、2021年9月17日 に全国霊感商法対策弁護士連絡会が公開抗議文を出しています。
https://www.stopreikan.com/kogi_moshiire/shiryo_20210917.htm

琉球展2022年05月12日

  
東京国立博物館で開かれている「琉球」見てきました。

三回目 モデルナ接種2022年02月27日

昨日、モデルナワクチンを接種しました。
今日は38℃ちょっとの発熱。カロナール400㎎服用2回、でも熱は下がらない。ロキソニンを1回服用したら平熱に戻りました。でも、頭がボーとする。

ワリエワの違反薬物は極めて微量2022年02月20日

 北京オリンピック、フィギュア女子・ワリエワ選手のドーピング違反が話題になっている。
 
『スポーツ仲裁裁判所の公表では、尿中から検出されたトリメタジジンの濃度は2.1ng/mL。(日本海テレビ)』
『ワリエワ選手の尿サンプルが検出されたトリメタジジンの濃度は1ミリリットルあたり2.1ナノグラムと分析された。これはサンプル汚染と判明した他のスポーツ選手と比較して、およそ200倍にあたる(Yahooニュース)』
  
 このような記事があるので、ワリエワの尿から検出された量は2.1ng/mlなのだろう。サンプル汚染の200倍との報道によって、ものすごく多い量であるかのような言説があるが、これは大間違いだ。理想状態ではサンプル汚染は、ゼロなのだから、この値の何倍であっても、服用量が多いことにはならない。ただし、検出計器の誤作動の可能性は、ほぼないだろう。
 
 では、心臓病等で、トリメタジジンを服用している人と比べたらワリエワの尿中濃度は多いのか少ないのか。
 トリメタジジン(バスタレルF錠)は、1回3㎎を1日3回服用するので、1日の服用量は9㎎である。トリメタジジン(バスタレルF錠)の説明書によると、6mg服用後48時間以内に尿中に排泄される量は平均60%である。多めに見積もって、1日の排出量が60%とする。また、1日の尿量は1リットルとする。1日服用量9㎎の60%が1リットルの尿に排泄させるのだから、尿中の平均濃度は5.4mg/Lであり、単位を変換すると、5400ng/mlとなる。ワリエワの尿中トリメタジジン濃度は、通常服用者の2000分の1以下となる。
 ワリエワがトリメタジジンをいつ服用したのか分からないが、もし、検査の直近だとしたならば、服用量は、通常1日服用量の1/2000程度と推測される。
 
 一般人が尿の薬物検査を受ける機会は少ないが、覚醒剤取締罰則違反容疑で、警察に尿検査をされることがあるかもしれない。尿を提出すると、警察は簡易キットを使って覚醒剤の有無を検査する。簡易キットの検出限界は1mlあたり数百ナノグラムである。簡易検査の結果、陰性ならば通常無罪放免、陽性・偽陰性ならば詳細検査をすることになる。ワリエワの尿から検出されたトリメタジジンの量は、覚醒剤使用で逮捕される量の1/100程度以下ということになるので、極めて微量だ。

 覚醒剤使用で逮捕される薬物量に比べて、極めて微量にもかかわらず問題となるのは、刑法犯とスポーツの違いだろう。刑法犯では「疑わしきは被告人の利益に」との原則があるため、警察もいい加減な検出で逮捕することはできず、十分な証拠が必要となる。これに対してスポーツは所詮、金儲けの興行なので、興行主・スポンサーの利益が最大の目的だ。このため「疑わしきは興行主の利益に」がスポーツの大原則なのだろう。
 
 以上、医薬品についても、スポーツについても、無関係な私が、簡単に考察してみました。間違いがある場合、ご指摘いただければ幸いです。

謹賀新年2022年01月01日

ソ連崩壊から30年がたちました。「平和の配当」などと言っていた人もいたけれど、配当などなかったことは明らかです。

本年もよろしくお願い申し上げます。
2022年元旦

コロナ感染者-年齢とともに感染者が少なくなるのはワクチンの効果なの? 補足2021年08月21日

「東京都の年代別10万人当たりコロナ感染者数」グラフの縦軸を対数目盛で書いた。さらに、赤線で直線を引いた。ワクチン接種には感染防止に一定の効果が推測されるが、それだけと考えるのは早計な感じがする。

コロナ感染者-年齢とともに感染者が少なくなるのはワクチンの効果なの?2021年08月21日

 高齢者のコロナ感染者は少なく、若年者の感染が多い。この原因として、高齢者にワクチン接種が進んでいるためと説明される。これは、本当なのだろうか。
 図は、8月20日、東京都の年代別10万人当たりのコロナ感染者数。20代、30代、40代、50代、60代と順に減少している。20代から50代の感染者数があまり変化なく、60代以降で急激に下がっているならワクチン接種が原因と言えるだろうが、20代から60代まで順に変化している事実を、ワクチン接種だけで説明することはできない。行動の違いかウイルスの性質が大きいのではないだろうか。

* * * * * *

<< 2022/07 >>
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS