本の紹介-般若心経は間違い?2024年02月21日

 
アルボムッレ・スマナサーラ/著『般若心経は間違い?』宝島社新書(2007/8)
 
 般若心経は260文字余りの短い経で、日本のお寺では浄土宗系などを除いて、頻繁に読まれている。葬儀の時などで読んだことのある人も多いだろう。
 般若心経の解説本は多いが、ほとんどは日本仏教の立場からの解説。本書は、上座部仏教の僧侶による解説なので、他の般若心経解説本とは一味異なる。また、般若心経解説書には、何を言っているのか分かりにくいものも多いが、本書の記述は明快で読みやすい。

 経の最初の部分「観自在菩薩行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空度一切苦厄 舎利子色不異空」までは、著者は同意しているが、この後の記述にはほとんど全く反対だ。そもそも、般若心経の後半は、おまじないの推奨なので、本来の仏教とは相いれない。上座部仏教が毛嫌いするのは当然だ。
 前半部分も、本書では手厳しい。日本では、頭で理解するのではなく「さとる」と教えることが多いが、著者が所属する上座部仏教は、論理による理解と修行の両方が重視されるため、経は理解しやすいことが当然視される。このため、何を言っているのか理屈で理解できない記述には否定的なのだろう。

 般若心経の評価は、以下の文章に簡潔にまとめられている。
 
 パーリ経典を読んで学ぶ人からみると、経典に値しないダラダラした作品で、欠点がたくさんあります。作者はただ適当に短くまとめてみようと思っただけで、そんなに真剣ではなかったようです。
 本人は「空」ということをわかっていないし、空の思想を理解してもいませんでした。そのことは、空を理解していたら使えない「na 無」という言葉を使ってしまっていることからもわかります。…この経典の作者はそれほど能力がなくて、何も立証せずにただ言葉を羅列したのです。
 おそらく『般若心経』は、もともと呪文を信仰している占い師、祈祷師のような人が書いたのでしょう。知識人のお坊さんが相手にしなかった、なんの立場もない祈祷師程度だと思います。呪文は誰でもありがたく信仰するので、書き写されて書き写されて、残っただけのことなのです。
 ということで結論です。『般若心経』は中身を勉強しなくてもいい経典です。そもそも中身がないし、論理的でもない。だから、意味がわからないことで困らなくてもいいのです。意味がわからないのは私たちの頭が悪いのではなくて、先生の頭が悪いからです。先生が私たちに教えるならば、「わかりやすく教えてくださいよ」と文句を言う権利が生徒たちにもあります。生徒たちが苦労して、できの悪い先生を守る必要はないのです。ですから『般若心経』がわからないのは、恥ずかしいことではありません。真剣に考えないことです。文化的な楽しみとして付き合うのが、害がなくて適切だと思います。(P102,103)

本-ブッダという男2024年02月15日

 
清水俊史/著『ブッダという男 初期仏典を読みとく』 筑摩新書 (2023/12)
 
読むことを薦めない
 
 初期仏教の概略を知るために読むのならば、この点に関して、それほどおかしなことが書かれているわけでもないので、読んでも損はないかもしれないが、それならば、他書の方が良い。
 
 少し古い本だと、
 ベック/著、渡辺照宏/訳『仏教』(岩波文庫)
 渡辺照宏『仏教』(岩波新書)
などの名著があり、また、最近の本だと、以下の本など、読みやすいものがたくさんある。
 馬場海紀寿『初期仏教』(岩波新書)
 三枝充悳『仏教入門』(岩波新書)
 佐々木閑『仏教の誕生』(河出新書)
 
 さて、本書の場合は、著者がひねくれているのだろうか。本の帯には『誤謬と偏見を排し、その実像に迫る』とあるが、著者の思い込みが強い仏教論になっている。
 本書の前半では、P108の記述によると、『①ブッダは平和主義者であった、②ブッダは業と輪廻の存在を否定した、③ブッダは階級差別を否定し、平等思想を唱えた、④ブッダは女性差別を否定した、という四つのありがちな現代人ブッダ論を再検討し、そのいずれも歴史的文脈から外れることを明らかにしてきた。』とのことだ。
 著者は『ブッダは平和主義者であった』ことを否定している。著者は、平和主義者の定義を、絶対的に殺人者を嫌悪することと捉えているようだ。しかし、現実には、兵士もいるし、殺人の罪を犯した人もいる。殺人罪で服役している人に対して、宗教家が教戒師として、その後の生き方の相談に応じることは珍しくない。ブッダも宗教家なので、殺人についても、その後の心をどうするのかという、現実的指導を行っていたと推測され、著者の考える平和主義者の定義に従った行動をとることはなかっただろう。しかし、それは、ブッダが平和主義者でなかったとの根拠にはならない。他の②~④についても同様で、著者の勝手な定義からそれているので、そのような事実はなかったと強弁しているようで、まともな議論とは思えない。
 
 本書後半は、良く知られた初期仏教の解説なのだが、ここも、おかしなことが書かれている。明治以降になると、日本では、ブッダの教えはどのようなものっだったのか、考古学・文献学的な研究が行われている。このような研究成果に対して、著者は不満のようだ。
 『初期仏典に先入観なく向き合うことは不可能であり、そこからブッダの歴史的文脈を正確に読み出すことはきわめて困難である。(P116)』
 初期仏典になるべく先入観なく向き合い、そこから仏教の歴史的文脈を読みだすことは、私たち現代人にとって重要な研究だ。著者が、初めから放棄したいのならば、好きにすればよいことだが、他人の研究にケチを付けるのは、正しい態度ではない。
 P116に、あきれた記述がある。『仏弟子たちは、ブッダの生涯や事績を先入観なく羅列しようとしたのではなく、ブッダの偉大な先駆性を遺すために篤い信仰心を持ってこれを編纂した。』
 仏教は特許ではないのだから『先駆性』は必要ない。すべての宗教は、大なり小なり、それ以前の宗教や成立した時代・社会を反映しているもので、仏教も例外ではない。後代の弟子たちが残したものは、仏教のその社会における有用性であり、ブッダの教えも、その時代における有用性に価値があったものだ。このため、考古学・文献学的な研究が、ブッダや教団の教えの姿を解明する上で、有用であることは間違いない。

東大寺の日2023年12月19日

 毎年、12月16日は、奈良・東大寺の日として、幾つかの秘仏の公開がある。このうち、最大の目玉は三月堂の執金剛神像。8時半受付開始、9時半公開開始なので、8時半より少し前に行ったら、9時半に見ることができた。お昼ごろには、入館を待つ人の長蛇の列(写真)。

 
 
 このほか、開山堂・俊乗堂も公開される。俊乗堂に行列はなかった(写真)。



西大寺に記念碑はない 小さい花壇が粗末な墓標だ2023年12月18日

12月16日は東大寺の日なので、奈良観光旅行した。写真は西大寺駅前。安倍元総理暗殺現場は近くに花壇が作られているだけで、目印になるものはない。 
  
  
大和西大寺駅の北西側、歩いて4分程度のところに、奈良家庭教会がある。

  

本の紹介-統一教会問題2023年11月21日

 
島薗進/編『これだけは知っておきたい 統一教会問題』東洋経済新聞社(2023.9)
 
 統一協会は、政府においても、宗教法人解散請求が出されている状況にあり、悪質性は、今では、多くの知るところとなっている。タイトルには「これだけは知っておきたい」とあるが、今では、多くの人にとって、知っておきたい情報も少ないだろう。ただし、統一協会問題を、今一度、統一的に知りたいと思う人には有益な本だ。
 
 本の内容は、統一協会の歴史、統一協会の日本政界工作と統一協会被害、合同結婚式など。8人の執筆者が、それぞれ各一章を担当している。
 
 統一協会の歴史解説は、韓国での発祥、米・日への進出に分けて、2章があてられる。この部分は歴史的経緯に主眼が置かれており、教義については詳しくない。統一協会がおかしな新興宗教の一つであることを理解する上で、これらの章は重要な知見が得られる。しかし、多くの人は、詳しいことを知らなくても、統一協会が、悪質新興宗教であることは、知っているだろう。
 統一協会は韓・米・欧では、社会と大きな問題を起こしていないが、日本では、霊感商法など大きな問題を起こした。自民党との癒着がこの背景にあることは周知の事実だ。本書では、第5章で、自民党政権との癒着関係と統一協会被害の実態を概説する。また、第7章で統一協会被害の具体例を説明している。よく、まとまっていて、統一協会の悪質性と、それに加担してきた自民党の責任が分かる内容だ。
 合同結婚式と韓国に渡った日本人妻の状況について、第4章で詳述される。合同結婚式は統一協会の教義と関係しているので、本章には、関連する教義の説明も書かれている。
 このほか、第3章で、明治以降、終戦までの日本の新興宗教弾圧の説明がある。日本政府が、宗教犯罪に及び腰なのは、このような歴史があるからっだが、統一協会と創価学会については、これ以上に、政権との癒着問題がある。このため、統一協会理解にどれだけ必要なのか疑問だ。また、第6章は金光教関係者の執筆で、金光教と統一協会の家族・結婚の考えを比較している。でも、統一協会と金光教は全く違う宗教なので、比較してもそれほど有益とも思えない。最終章は創価学会関係者による二世問題の解説。創価学会は統一協会と違うとの言い訳を言っているように感じた。たしかに、創価学会の二世問題の割合は、統一協会やエホバよりもずっと少ないが、創価学会は人数が多いので、二世問題に悩む人の数は、むしろ創価学会の方が多いかもしれない。そういう意味で、創価学界は統一協会やエホバ同様に、二世問題を考えなくてはいけない。

本の紹介-信者二世たちの叫び 徹底追及統一協会2023年11月06日

 
しんぶん赤旗社会部統一協会取材班/著『信者二世たちの叫び 徹底追及統一協会』 新日本出版社 (2023/3)
 
 共産党は、1970年代、1980年代に統一協会の悪質伝道や、霊感商法などを追及していた。1990年代になって、オウム真理教が話題になると、世間の関心は統一協会から離れる。この時期以降、共産党の統一協会追及も少なくなったが、それでも、統一協会と自民党政治家の癒着の追及などは、共産党の大きなテーマだった。2022年、安倍晋三が射殺犯行のきっかけが、安倍晋三による統一教会賛美のビデオメッセージであったことが知られたが、ビデオメッセージを報道したのは、共産党と鈴木エイトだった。
 
 本書は、共産党による統一協会問題の本。本書のもとになった多くは、赤旗の記事だと思われる。統一協会の2世問題、高額献金、霊感商法、自民党政治家との癒着など、統一協会問題の一通りの内容が書かれている。

本の紹介-だから知ってほしい「宗教2世」問題2023年10月19日

 
塚田穂高 、鈴木エイト、藤倉善朗/編・著『だから知ってほしい「宗教2世」問題』筑摩書房(2023/9)
 
 宗教2世問題に対して、25章に渡って、多方面から執筆。著者は40人程度にのぼる。宗教2世問題は、新興宗教に限らないが、実際には、統一協会・エホバ・創価学会で被害者が多いので、「カルト2世問題」「新興宗教2世問題」と考えたほうが、素人には理解しやすい。
 本書の第一編は12章に分けられ、各方面の専門家により、宗教2世問題の分析がなされる。多方面にわたっているので、私には、消化不良の感じがした。
 第6章、猪瀬優里氏の「創価学会と2世」では創価学会を取り上げる。また、第12章、信田さよ子氏の「アダルトチルドレンと宗教2世問題」には、次の記述がある。「ACと自認した女性たちのグループカウンセリングを継続実施しているが、そこに参加する女性の中にも、親の信仰によって苦しんだ人たちが多く、そうしたケースのほとんどで、親は創価学会の会員だった」。創価学会員は選挙活動などで、家を空けることが多く、子供のネグレクトにつながっているのだろう。あるいは、子供をネグレクトする親が創価学界に引き寄せられているのかもしれない。いずれにしても、創価学会がこれほどまでにはびこり、悲惨な2世を生んでいるのは、国民のかなりの人が選挙に無関心なため、創価学会票で議席が取れる現実がある。皆が選挙に行けば、悪質カルト問題の解決に近づくのではないだろうか。
 本書第二編は宗教2世の体験談。ここでも、創価学会・エホバ・統一協会が多い。しかし、22章では、お寺を継ぐ問題が書かれている。これも宗教何世問題といえなくもないが、経営者の息子が社長を継ぐ問題と同様であり、いわゆる宗教2世問題とは異なると感じた。最終25章は、いろいろな宗教2世17名により、各自の体験や教団・社会に望むことなどが書かれている。ここには、創価学会・エホバ・統一協会の他に、幸福の科学、真如苑、オウムなどがある。

本-山上徹也と日本の「失われた30年」2023年10月11日

 
五野井郁夫、池田香代子/著『山上徹也と日本の「失われた30年」』集英社インターナショナル (2023/3)
 
 この本を、今読むことを薦めない。
 安倍射殺直後、山上被告が逮捕され、統一協会への怨恨が動機であることが明らかになった。しかし、犯行動機の詳細は今に至るも不明。
 本書は、山上被告がこれまでSNSに投稿した文書を分析することにより、山上被告の心情を解明しようとするもの。山上被告の情報が何も報道されていない状況で、安倍銃撃の理由を知ろうとするならば、これも一つの方法かもしれない。しかし、そのうち裁判が始まれば、もっと情報が増えるので、今の段階で山上被告の心情を推定する必要がどれほどあるのだろうか、そもそも、本書の推定は事実に近いのだろうか、疑問を感じた。
 山上被告は、いわゆるロストジェネレーション世代にあたる。本書では、山上被告の言葉遣いに、この世代が好む表現があることなどから、山上被告がロストジェネレーション世代に共通する世界観があるとの説のようだ。言葉遣いは世代に共通するものがあるのは当然としても、同世代であっても、生い立ちは千差万別なので、世界観や思想、勘定などは個人個人で大きく異なるだろう。それよりも、山上被告は統一協会二世なので、この観点から山上被告の心情を解明した方が現実に近いのではないだろうか。

本-犀の経典を読む2023年10月05日

 
アルボムッレ・スマナサーラ /著『犀の経典を読む』サンガ新社 (2022/11)
 
 上座部仏教長老による経典の解説。犀の経典とは、スッタニパータの中の41偈のこと。本書は、この41偈それぞれを数ページで説明する。
 スッタニパータは岩波文庫から中村元の訳が出ている。中村元の本は、翻訳のみで解説はないが、易しい書き方なので、特に解説が必要とも思えない。もっとも、誤解する人も多いので、上座部仏教長老による解説も意義深いのかもしれない。そうはいっても、冗長に感じた。

本の紹介-日本宗教のクセ2023年10月04日

 
内田樹、釈徹宗/著『日本宗教のクセ』ミシマ社 (2023/8)
 
 思想家で神戸女学院大学名誉教授の内田樹と、浄土宗僧侶・宗教学者で相愛大学学長の釈徹宗による、日本思想・宗教に関する対談。二人とも、話し上手なので、本書は読みやすく、理解しやすい。日本の宗教の根底には神仏習合があるのは、間違いないので、二人の考えに反対するところはないのだけれど。でも、だから何?と思ってしまった。

* * * * * *

<< 2024/02
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

RSS