本の紹介-ウクライナ「情報」戦争2023年01月15日


佐藤優/著『ウクライナ「情報」戦争 ロシア発のシグナルはなぜ見落とされたか』徳間書店(2022.9)

 著者は元モスクワ大使館職員。現在、ロシア・ウクライナの政治に関する、日本の第一人者。
 本書はウクライナ・ロシア戦争を客観的に記載しており好感が持てる。


 第1章はロシア側の報道。日本では、ウクライナ側の謀略報道を垂れ流しているマスコミが多い中、本書の記述は有益である。著者のコメントも随所にあるが、量が少なく、この問題に詳しくない読者には、ロシア側情報の正否が分からない。もう少し、著者の詳しい解説が欲しいと思った。
 
 第2章は戦争の時系列経緯。本書の出版は2022年9月なので、8月までが記述対象。日本のマスコミ報道の多くは、ウクライナ側の謀略報道の垂れ流しである。戦争の報道は、どちらも、真実と謀略とが混在しているので、基礎知識と情報分析能力がないと、何が真実かわからないものである。この点、本書の記述は、この地域の近現代史・政治の第一人者の記述で、著者が真実と確認した客観的事実を記載しているようで好感が持てる。

 戦争の責任について以下の記述がある。事実をよく知っている著者の客観的記述である。
 今回の事態に至るまでには、ゼレンスキー大統領にも大きな責任がある。
 ウクライナは20年5年の「第2ミンスク合意」で、親ロシア派武装勢力が実効支配する地域に「特別の統治体制」を導入するための憲法改正を約束したが、19年に大統領に就任したゼレンスキー氏はその履行を頑なに拒んだ。
 プーチン氏は「第2ミンスク合意」に基づいて、ゼレンスキー氏が交渉に応じるならば武力行使することなくロシアの目的を達成できると考えていた。「第2ミンスク合意」ではロシア派武装勢力が実効支配しているドネツク州とルハンスク州に「特別の統治体制」を認める憲法改正をウクライナが行うことが約束されており、OSCE(欧州安全保障協力機構)の監視下で公正かつ民主的な選挙が行われることも定められていたからだ。ウクライナ国家の枠内で高度な自治が確保されれば、この自治地域の同意なくしてウクライナがNATOに加盟できなくなる仕組みを作ることは可能とロシアは考えていたのである。
 ロシアによる侵攻以前にも、フランスのマクロン大統領、ドイツのショルツ首相が、ミンスク合意を基礎にロシアとウクライナを仲介しようとした。プーチン氏はミンスク合意による係争解決に同意したが、ゼレンスキー氏は明確な回答をしなかった。ミンスク合意に基づいてウクライナの主権の下で問題を軟着陸させる可能性をなくしたのは、むしろウクライナ政府の方だったのだ。
 ウクライナが「ミンスク合意」を履行する意思を持たないと判断したプーチン氏は、「ルガンスク人民共和国」と「ドネツク人民共和国」の両「人民共和国」に住むロシア人を守るために軍事介入を決断したと言える。(P100~102)
 プーチンはウクライナの右翼勢力やゼレンスキーをナチスと批判した。これに対して、ゼレンスキーは、自分はユダヤ系なのでナチスではないと、全く頓珍漢な反論をしたが、日本のマスコミは、ゼレンスキーの言を無批判に伝えたことがある。映画俳優に過ぎないゼレンスキーがウクライナ近現代史知識のない大バカ者なのは仕方ない事であるが、日本のマスコミ人も、ウクライナ史の基本的知識はもってほしいと感じたことがある。
 本書には、バンデラ主義の一通りの解説があり、プーチンのナチス批判の意味が分かるだろう。なお、OUNについては、中公新書の「物語ウクライナの歴史」にも、多少の説明がある。
 ウクライナの民族主義者ステパン・バンデラ(1909~59年)に対する評価だ。バンデラは、1928年にUVO(ウクライナ軍事組織)に加わり、翌29年にOUN(ウクライナ民族主義者組織)に入党した。35年にポーランド内相暗殺事件に関与した容疑で逮捕され、死刑判決を受けたが、終身刑に減刑された。39年に第2次世界大戦が勃発し、ポーランド国家が崩壊すると、ナチス・ドイツ軍によって解放されOUNの幹部に戻った。バンデラやOUNの活動家は反ユダヤ主義者でもあった。
 ソ連とロシアでバンデラとその同志はナチス主義者とされている。2014年以降のウクライナ政権はバンデラをウクライナ民族の英雄と位置づけているのだ。
 その具体的な例として、2015年1月1日にキエフで開催された奇妙な行事のことを振り返ってみたい。これは、ステパン・バンデラの生誕106年(1909年1月1日に生まれ)を記念する夜間の「たいまつ行進」だった。バンデラは一時期、ナチス・ドイツと提携し、1941年の独ソ戦の直前にウクライナの独立を図ったことがある。バンデラが指揮する軍団が、ドイツ軍の指揮下に入ってソ連軍と戦い、戦争初期にウクライナを支配下に置いたのだ。バンデラの軍団は、ドイツ軍の下に置かれ、無辜のユダヤ人・ロシア人、スロバキア人、チェコ人を虐殺した。
 ナチスの特徴は、「約束を守るとは約束していない」と言って合意を平気で反故にしてしまうことだ。ウクライナ独立の約束をナチスは守らず、ウクライナ人を「東方の労働者」としてドイツの鉱山や工場で働かせた。ドイツ軍に占領されたリボブ(ウクライナ語ではリヴィウ)でウクライナ独立を勝手に宣言していたバンデラは、ナチスによって逮捕され、強制収容所に送られてしまった。
 戦争末期の44年9月、ドイツによって強制収容所から釈放されたバンデラは、再び反ソ戦争の指揮をとった。戦後は、西ドイツに拠点を置いて反ソ・ウクライナ民族独立運動に従事。59年10月15日、ミュンヘンの自宅周辺でバンデラはKGB(ソ連国家保安委員会・秘密警察)の刺客によって暗殺された。
 そうした経緯から、ソ連時代のウクライナでは、バンデラは「ナチスの協力者」「テロリスト」などと嫌悪されていたのだが、ウクライナで民族主義が台頭すると共に「ソ連からの独立を果たした英雄」と評価は一転した。
 バンデラの出身地であるウクライナ西部のガリツィア地方に基盤を持つ政党「スボボダ(自由)」は、バンデラの思想と運動形態を継承している。バンデラ主義者と呼ばれる人々が主張するウクライナ民族至上主義、反ユダヤ主義は、国際基準でネオナチに分類される。ナチスが頻繁に行った「たいまつ行進」を、このように「スボボダ」をはじめとするバンデラ主義者が行ったのも、自らがネオナチであることを誇示するためだ。(P115~P118)
 本書第三章、第4章は小さな章で、それぞれ、クリミア併合と北方領土問題の説明。

 

北方領土問題  やさしい北方領土問題の話   竹島(独島)問題    尖閣(釣魚)問題

本の紹介-プーチンvs.バイデン2023年01月10日

  
東郷和彦/著『プーチンvs.バイデン―ウクライナ戦争の危機 手遅れになる前に』ケイアンドケイプレス (2022/10) 
  
 ロシア・ウクライナ戦争のマスコミ報道は、ウクライナの謀略情報の垂れ流しになっている。
 本書は、元外務省欧亜局長でロシア情勢に詳しい東郷和彦による、アメリカ・ロシア外交関係を中心に、この戦争の原因を詳述するもの。さらに、日本外交のあるべき姿勢を提言する。
 事実関係の分析が主なので読みごたえがある。ただし、本の割には行間の空白が大きく、文字数が少ないように感じ、容易に読み終わる。
 
 本書の付録として、2014年の著者のインタビュー記事が2件掲載されている。このなかで、著者は「西部ウクライナ人たちが東部のロシア系の人々を殺害するような事態が起これば、プーチンが軍隊を入れる恐れがあることは否定できません」としている。実際には、著者の恐れた事態が起こっても、プーチンはなかなか軍隊を入れることはなかった。東部地域の自治は国際法であるミンスク合意で成立したものだったが、バイデンの後押しで、ロシア系住民虐殺をゼレンスキーの方針とすると、我慢強いプーチンも軍事介入を選択することとなった。
 
 本書は、プーチンがウクライナに軍隊を入れた政治的経緯を、事実の分析に基づき明らかにするもの。ただし、著者は、プーチンの軍事介入を悪いことであると再三記載している。歴史の善悪判定が趣味の人には、著者の判断は一つの参考になるかもしれないが、私には、善悪判定は興味がないので、著者判断の正邪はわからない。

本の紹介-ウクライナ問題の正体22022年11月04日

 
寺島隆吉/著『ウクライナ問題の正体2 ゼレンスキーの闇を撃つ』あすなろ社(2022/7)

 岐阜大学名誉教授・寺島隆吉氏のウクライナ戦争の解説。

 ウクライナ・ロシア戦争に関して、日本の多くのマスコミでは、ウクライナ政府のプロパガンダを真実であるかのように垂れ流している。戦争の時は、どちらからも謀略報道も真実報道もごっちゃに流されるので、謀略と真実を見極める必要がある。このためには、事前にこの地域や政治の知識が欠かせないが、日本の多くのマスコミ関係者には、基礎知識不測のため、真実性が見いだせず、ウクライナやイギリスの謀略報道の垂れ流しになっている。

 そうした中、本書はウクライナやイギリスの謀略報道に惑わされずに、事実を明らかにしようとしている点で好感が持てる。著者はロシア・ウクライナ地域の専門家とは思えないが、英語教育学者のため、英語圏から幅広く情報を入手しているようだ。
 本書は、ゼレンスキーの問題点を中心に据えた解説になっている。
 
 マリウポリのフーリガン・半グレ集団を、コロモイスキーは私兵として組織した。アゾフ大隊と言う。コロモイスキーがプロデュースする映画俳優として抜擢されたのがゼレンスキーだった。ゼレンスキーは大統領となって、コロモイスキーの操り人形を演じている。マリウポリのフーリガン・半グレ集団はその後、ウクライナ親衛隊として国家組織としてまとめられたが、半グレ・ネオナチの性格は変わっておらず、各地で、殺人・婦女暴行を繰り返す集団に変わりなく、日本の公安調査庁報告にも、その旨記載されていた。

 マリウポリ陥落の時、日本のマスコミでは、アゾフ大隊が、住民の人権を保護しているかのように報道されたが、本書では、このような誤ったプロパガンダに惑わされることなく、アゾフ大隊の本性を記している。

 日本人も、ゼレンスキーの謀略報道だけを真に受けるのではなくて、本書程度の知識は持ってほしいと思う。

http://nippon.nation.jp/Blog/20221104001/Blog.html

プーチンの自制心2022年10月11日

 プーチンはどこまで我慢強いのか。
 アメリカが軍事介入するときは、必ず住民インフラを破壊して、住民の抵抗をなくす。ロシアは戦車を見せつけ、軍事目標を攻撃するだけで、極力、住民インフラ攻撃を控えていた。
 ウクライナがクリミアのインフラを攻撃した時、ロシアは特段の反撃をしなかった。クリミアがウクライナの領土との主張には一定の理があるためだろう。今回、ウクライナは、ロシアとクリミアを結ぶ橋梁を攻撃した。この橋は、ロシアが海上に作ったもので、ウクライナには所有権がないことは明白だ。
 どう考えても、ロシアの所有物である橋梁を、ウクライナが攻撃したため、プーチンはようやく、ウクライナ各地のインフラを攻撃した。ウクライナは攻撃されたミサイルのうち、半数はを迎撃できなかったので、攻撃は、十分に有効だった。今後も、同様の攻撃が続くのか、これはウクライナの出方にかかっている。
 ロシアが、核兵器を使うのではないかとの見解があるが、今回のミサイルは、かなり小型だった。兵力の小さいウクライナに対して、核兵器を使う状況は当分、来ないだろう。

本の紹介-英米ディープステイトはウクライナ戦争を第3次世界大戦にする2022年09月28日

 
副島隆彦/著『プーチンを罠に嵌め、策略に陥れた英米ディープステイトはウクライナ戦争を第3次世界大戦にする』秀和システム (2022/6)
 
 ウクライナ・ロシア戦争を冷静に理解するために有用な本。
 
 ウクライナ戦争では、ゼレンスキーのプロパガンダを、一方的に垂れ流すだけの報道が続いている。本書は、ゼレンスキーの噓や、イギリス・アメリカの謀略報道に踊らされることなく、冷静に、ウクライナ戦争を分析しており、好感が持てる。著者は、ウクライナ・ロシアに対する専門家ではないようだが、下手な専門家よりも、正確に理解しているように見受けられる。
 キエフ近郊のブチャではロシア軍撤退後しばらくして、多数の住民の死体が見つかった。当初、日本では、ロシア軍の仕業であるとの一方的報道がなされたが、ある時を境に急にこの報道がなくなった。本書によると、フランスの検察官が入って、フレシェット弾による死体が発見されたことが報道がなくなったきっかけだったとのことである。フレシェット弾は対人殺傷を目的とした銃弾であるが、戦闘能力が低いので、今どきの軍隊が装備していることはないので、ロシア軍やウクライナ軍がフレシェット弾を使用したとは考えられない。しかし、コロモイスキーの私兵など、ウクライナのネオナチは、廃棄されずに横流しされた旧式銃を使っているので、これら勢力がフレシェット弾を使用している可能性が高い。本書は、このように、現地の事情を知ったうえで、正当な判断をし、遺体は、ロシア軍に協力した住民をネオナチ勢力が報復殺害したものが多いと判断している。
 もっとも、ウクライナ住民の一定割合の民族はロシア人なので、ロシア軍が攻めてくることを知ったウクライナ軍が、ロシア系住民からロシア軍への通謀を恐れて、ロシア系住民を殺害したケースは多いだろう。
 本書第三章は「ゼレンスキーはネオナチで大悪人」とのタイトルで、ゼレンスキーと関係者の問題を記載している。ゼレンスキーはコロモイスキーの映画俳優なので、最大の極悪人はコロモイスキーだ。ウクライナ戦争初期に、日本のニュースにはボクダン・パルホメンコが出演することが多かった。本書によると、ボクダン・パルホメンコは日本会議や笹川財団と関係が深いネオナチ工作員とのことである。彼の発言は眉唾物の感じがしていたが、やはりそうだったのかと思った。

本―ウクライナの未来 プーチンの運命2022年08月25日

 
クーリエ・ジャポン/編集『ウクライナの未来 プーチンの運命』 (2022/5) 講談社+α新書
 
あまり興味のある内容ではなかったが、忘れないようにタイトルを書き留めておく。
本の内容は、12人の主に欧米人によるウクライナ・ロシア戦争に関する記述。ウクライナ・ロシア問題やこの地域の歴史・地誌に詳しい人ではないようで、誤った情報から誤った結論を導き出している恐れのある記述に感じた。

本-国際報道を問いなおす2022年08月23日

 
杉田弘毅/著『国際報道を問いなおす ウクライナ戦争とメディアの使命』(2022/7)ちくま新書
  
特に読むことをすすめるわけではないが、読んだことを忘れないように書き留めておきます。
 
メディアの国際報道には真実でない部分が多い。本書は、この問題を扱ったもの。
全5章のうち1章から4章が、国際報道の信憑性に対する一般論で、最終章がウクライナ戦争を扱ったもの。
副題に「ウクライナ戦争とメディアの使命」とあるが、著者の経歴からすると、ロシア・ウクライナ地域に対して知識豊富とは思えない。このため、ウクライナ戦争に関する記述は少なく、また、報道と事実の関係も一般的に言われていることのおさらいにすぎないように感じた。

ウクライナ、民間人居住地域に軍事拠点2022年08月08日

『ウクライナ軍批判の国際人権団体が釈明 一転して、深い遺憾の意』
との記事がある。
 タイトルだけ読むと、アムネスティが前の報道を撤回したかのようにも読めるが、そうではなくて、ウクライナの軍が、民間人居住地域に軍事拠点を設け、市民の命を危険にさらしている事実を再確認している。
  
「我々が訪れた19の街や村で、ウクライナ軍は民間居住地の隣にいたのを確認した。」

本の紹介-ウクライナ紛争歴史は繰り返す2022年08月06日

 
馬渕睦夫/著『ウクライナ紛争歴史は繰り返す 戦争と革命を仕組んだのは誰だ』ワック (2022/4)

 著者は元・駐ウクライナ大使(2005~2008年)。
 ロシア・ウクライナ戦争の報道は、ゼレンスキー・ウクライナ大統領のプロパガンダや、イギリス発の怪しい報道が、一方的に流され、真実が全く伝わっていない。ゼレンスキーのプロパガンダや、イギリスの怪しい情報は、ウクライナを多少でも知る者にとっては、嘘が極めて多いことが明白だ。
 著者は元・駐ウクライナ大使のため、さすがに、ゼレンスキーのプロパガンダを真に受けるようなことはしない。コロモイスキーの謀略やバイデン疑惑にも触れられている。ロシア・ウクライナ戦争を正しく理解する上で、本書の記述は重要だ。ただし、ロシア・ウクライナ戦争を直接扱っているのは序章の29ページと少ない。
 本書の第1章以降は、ロシア革命、第二次世界大戦、太平洋戦争(大東亜戦争)から21世紀初頭の最新の現代史の話題。普通の歴史書ではなくて、著者の関心のある所を著者独自の解釈で記述している。著者の歴史に対する思いに共感する人には興味の持てる記述かもしれないが、そうでもない普通の人は、歴史学者が普通に記載した歴史書の方が、まともな知識が得られる。

ウクライナ、民間人居住地域に軍事拠点 アムネスティが批判2022年08月05日

 
以下のニュースがある。
 [キーウ(キエフ) 4日 ロイター] - 国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは4日に公表した報告書で、ロシアの侵攻を受けているウクライナの軍が、民間人居住地域に軍事拠点を設け、市民の命を危険にさらしていると批判した。
https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-amnesty-idJPKBN2PA29E
 
 ウクライナ大統領ゼレンスキーはネオナチの親玉・コロモイスキーにより取り立てられた映画俳優であり、おそらく、コロモイスキーの演技をしているだけの人。アメリカは、2021年4月、不正蓄財を理由にコロモイスキーを入国禁止処分にしている。
 ウクライナが戦争を止めないのは、ウクライナ人が死ねば死ぬほど、西側援助により、コロモイスキーやゼレンスキーが儲かる構図ができていることがあげられる。ネオナチ親玉のコロモイスキーを排除しない限り、ウクライナ戦争は簡単には終わらない。

* * * * * *

<< 2023/01
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS