ユキモチソウ2017年05月04日

    
さいたま市見沼区御蔵の尾島家に咲いていたユキモチソウ。 増えていました。
埼玉県で見ることはすくない。このユキモチソウも、もともとに自生ではないと思います

アマドコロ2017年05月03日

    
さいたま市見沼区御蔵の尾島家に咲いていたアマドコロ。
アマドコロは、山菜として食用にされるので、珍しいものではありません。
「おひたし」「天ぷら」などとして食されます。山菜独特の苦みがあるけれど、フキノトウに比べれば、全然たいしたことない。ウルイに似ているけれど、ウルイよりはす少し苦みがあるかな。

キンラン2017年05月02日

     
さいたま市見沼区御蔵の尾島家に咲いていたキンランを真上から撮ってみました。キンランは以前より増えているようです。

イカリソウ2017年05月01日

   
さいたま市見沼区御蔵の尾島家にはイカリソウが咲いています。こちらは特に減っていない。

クマガイソウ2017年04月30日

   
さいたま市見沼区御蔵の尾島家にはクマガイソウが咲いています。ちょうど見頃です。以前よりも、だいぶ減ってしまったようです。

サクラソウ祭り2017年04月16日

(画像をクリックすると拡大します)
    
埼玉県さいたま市田島が原のサクラソウ公園ではサクラソウ祭りが開かれています。自然保護区の隣の運動場には食べ物屋などがいっぱい。サクラソウや珍しい植物を見に来る人は少ないのだろうなー。
    
    
サクラソウが見頃です。
      
ヒキノカサが増えてきました
   
ノウルシが増えてきて、サクラソウが見えにくくなりつつあります
    
カントウタンポポが咲いています
    
トダスゲは、ここでは一度絶滅したはずなので、近年移植したのかな
    
アリアケスミレがありました。特に珍しくないけれど。



ヒスイカズラ2017年03月25日

 
先日、熱川バナナワニ園を見学したら、温室出口にヒスイカズラが咲いていました。各地の植物園などで見かけることも多い花です。いつみても、独特の花色が美しい。

ハオルシア2017年01月21日


昨年、熱川バナナワニ園で買った多肉植物寄せ植えの中に、茶色くなったエケベリアのようなものがあった。枯れたのだろうと思ってそのままにしていたら、少し大きくなって透明になってきた。ハオルシアなのだろうか。(下写真)

  
   
  
こちらは、別のハオルシア。少し増えてきた。

 
   

スタンゲリア2016年07月23日

先日、熱川バナナワニ園を見学した目的の1つはタイワンソテツの花を見ることだってけれど、もう一つの目的はスタンゲリアを見ることでした。
スタンゲリアは、一風変わったソテツです。ソテツは独特の形をした幹から葉が出ているのに、スタンゲリアは直接地面から葉が出ていて、幹がない。本当は土の中に埋まっているのですが。それから、ソテツの葉は軸の周りに小葉がつく羽状複葉で、この点はスタンゲリアも同じなのだけれど、たいていのソテツでは、小葉の葉脈が葉に平行なのに対して、スタンゲリアは中心軸から葉脈が出ています。
  
これが、スタンゲリアの小葉
  
  
こちらは、ヒロハザミアの小葉


ソテツの花(3)2016年07月22日

 先日、熱川バナナワニ園を見学したら、いろいろなソテツの花が咲いていました。
  
 オニソテツ属(Encephalartos)のソテツは、葉がトゲトゲで熱帯乾燥地を感じさせるなど、独特の雰囲気があって、人気があります。アフリカ東部に自生し、絶滅の危機のものが多いようで、ワシントン条約で商用目的の輸出入が禁じられているので、なかなか入手困難です。
  
  熱川バナナワニ園には多種類のオニソテツがあります。
  このうち、Encephalartos inopinusの雌花が咲いていました。
  
  2月に見学した時は、トゲオニソテツの雌花が咲いたけれど、今回は咲いていなかった。

  
  メキシコ高地などに自生するツノザミア属(Ceratozamia)のうち、ナガハツノザミアの雌花が咲いていました。ツノが出ているように見えることが、名前の由来です。


* * * * * *

<< 2017/05
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS