とよた真由子 候補2017年10月20日

和光駅前で豊田真由子さんと握手しました。小柄な人だけど、手は厚かった。
「負けないでね」と声をかけたら、「はい」と答えました。

12日に期日前投票を済ませているので、私にとっては選挙は終わっているのですが。

今回の選挙では、立憲民主党が最大の話題です。そういうことで、小選挙区は立憲民主党の候補に投票したかったのだけど、出ていませんでした。

国民審査は全員×印にしました。

透析患者は・・・殺せ(維新の候補者)2017年10月18日

今度の日曜日は、総選挙の投票日。
   
千葉1区から立候補している『長谷川豊』って、元フジテレビアナウンサーだった、あの長谷川豊です。維新はどうして、この人を候補者にしたのだろう。同じ主義主張なのですよね、きっと。
   
長谷川豊と言えば、Twitterに『自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ』と投稿して炎上した人です。
http://lite-ra.com/2017/02/post-2898.html    
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/401750
この時は、フジのアナウンサーらしい主張だなーとあきれたものです。
   
千葉1区は、かつて、眉毛が濃い自民党の臼井日出男の選挙区だったところ。最近は、田嶋要が当選していた。

NHK受信料2017年10月17日

NHKの集金員のおバカさんは『パソコンがあればNHK受信料を払わないといけないんですよ』って、言う人いますよね。
     
先日、mouseのパソコンを買いました。それまではeMachineのを使っていた。これまで使ったことのあるパソコンは、チューナーが内臓されていたことないんです。パソコンでテレビを見る必要ないよ。
  
ということで、パソコンがあってもNHK受信料を支払う必要はありません。「テレビがある」場合は、NHK受信料契約をします。「テレビ(チューナー)内蔵パソコンがある」場合は、NHKは受信料契約が必要との解釈をしているようです。

mouseのノートPC買いました2017年10月16日

13.3インチのモバイルノート買いました。
CPU:Corei5 5200U  メモリー:8GB   SSD:240GB
    
Windows10の起動時間は11秒ぐらいと快適です。
SSDが240GBでHDD無しなので、ストレージが少し不足しているようにも感じますが、外付けHDDで何とかしようと思っています。OSや主要ソフトはHDDの時代ではないですよね。
   
mouseを買ったのは斎藤飛鳥が可愛かったからというわけではないけれど、あのCM、印象に残りますね。

本の紹介-北千島冒険紀行2017年10月12日

  
阿部幹雄/著 『北千島冒険紀行』 山と溪谷社 (1992/8)
  
 ちょっと古い本です。
 ソビエト崩壊直前の1990年に、北千島アライド島、ポロムシル島のスキー登山記録。
  
 当時、ゴルバチョフのグラスノスチによって、これまで入域禁止だった地域に外国人でも入れるようになった。しかし、現場の人たちは、手続きに慣れていないので、許可を取ることに相当の苦労があったようだ。本書は、スキー登山記であるが、記述の内容は入域手続きが困難だったことなどが多い。また、サハリンやホロムシルで滞在した時の様子なども詳しく、ソ連崩壊期の僻地混乱の様子や、日ソ合弁会社の活動を知る貴重な記録になっている。
 登山記としてみると、記述はあっさりとしていて、なんとなく物足りなさを感じる。アライド富士の標高は2300m程度とたいしたことないので、登山自体には、さほど困難はなかったのだろう。

総選挙2017年10月10日

   
総選挙、始まりました。国民審査が始まってから期日前投票に行く予定です。
        
追伸:
 と、書いたのだけど、今回の総選挙から国民審査の期日前投票も総選挙の期日前投票と同日実施されるように変わったのでした。

運慶2017年10月03日

 
     
東京国立博物館で開催されている運慶展を見ました。
      
開館時間に行ったら人人人。たいした人数ではない。入場まで10分ぐらい並んで待ったかな。
会場は混んでいたけれど、たいしたことはなかった。
     
世親菩薩立像、無著菩薩立像、八大童子立像のうち六像などが目玉。
     
見落とせないのが、真如苑がオークションで落札した大日如来座像。思ったより小さい像で、本当に運慶作か確定しているわけではないけれど、整った顔は作者の技量の高さを感じます。



本―隣国への足跡2017年10月02日

        
黒田勝弘/著『隣国への足跡 ソウル在住35年日本人記者が追った日韓歴史事件簿』KADOKAWA (2017/6)
        
 特に読む価値はないと思ったが、読んだことを忘れないように書き留めておく。
 本の内容は、日韓の歴史に対して、日本を弁護するもの。日本に都合の良い内容・解釈のみを並べて、あるいは、言葉のあやで日本を弁護することは、著者の著述の方向性なのだから、それはそれで良いだろう。でも、2チャンネルではないのだから、もう少し普通にまともな内容には書けなかったのだろうか。
      
 竹島問題では、ニホンアシカが絶滅した原因は韓国にあると書いている(P61-P63)。このような主張は、2チャンネルでは珍しくないが、一応、出版物なので、もう少しまともな記述はできなかったのだろうか。
 まともな生物学の本には、二ホンアシカ絶滅の原因が、次のように書かれている。
      
 竹島は最大の繁殖場であったが、明治末期に1万4000頭を超える乱獲が行われ、その後も1930-40年には年間数十頭が捕獲された。生息地の多くでは19世紀末あるいは20世紀初頭に絶滅した。その原因は明治政府が駆除や乱獲を放置し、繁殖期に性別・年齢を問わない捕獲が行われたためである。(和田一雄/著 伊藤徹魯/著『鰭脚類―アシカ・アザラシの自然史』 東京大学出版会 1999/1 P33~P34)
      
 ニホンアシカが絶滅した主な原因は日本の乱獲にあったが、最後の日本アシカがいなくなったとき、竹島は韓国の領土だったので、知識が乏しい人の中には、絶滅の原因が韓国にあると考える人もいるだろう。しかし、当時の日本は高度経済成長期で、日本海の海洋環境が汚染されていたので、ニホンアシカの絶滅に最後の一撃をくらわしたのが、日本の環境破壊なのか韓国の竹島支配なのか判断することは難しい。
      
       
 日清戦争で勝利した日本は、韓国の属領化を進める過程で、これに反対していた王后を殺害した。日本が殺害した王后を日本では「閔妃」と言い、韓国では「明成皇后」と言うことが多い。王后の呼び名に対して、本書では、事件当時、皇后ではないため明成皇后は誤りであり、閔妃が正しいとしている(P70)。
 呼び名など、どうでもよいように思うが「明成皇后は誤り」と言ってしまうと、知識のなさを露呈しているように思える。日本が殺した王后は、高宗の正妻だったので、側室を意味する「妃」は誤りである。しかし、王后を殺した日本は正妻の地位をはく奪して妾に貶めた。この結果「閔妃」と呼ばれるようになったので、生きていた当時に「妃」だったわけではない。また「明成皇后」は死後しばらくして与えた諡号(送り名)である。日本では「睦仁」「裕仁」と言う代わりに、「明治天皇」「昭和天皇」と諡号を使うことが定着している。また、「空海」を「弘法大師」と呼ぶことも珍しくない。これらの事実からもわかるように、韓国で諡号を使って呼ぶことは誤りではない。
 いずれにしても、「閔妃」「明成皇后」は、ともに殺害時の名前ではなく、どちらが正しいとか、どちらが誤りというものではない。

本―満州開拓団の真実2017年10月01日

    
小林 弘忠/著『満州開拓団の真実』七つ森書館 (2017/8)
    
 長野県高社郷出身の500人にのぼる集団自決の原因と経緯を解明したもの。太平洋戦争末期、ソ連が対日参戦すると、現地日本軍は開拓団民に対して退去するように命令した。しかし、高社郷出身者の開拓団では集団自殺することを決め、退去しなかった。このため、日本軍は再び退去を命令したため、命令に従って退去をしたが、逃げ遅れ、日本軍と合流することができなかった。その後、各地をさまよい、最終的に、多くの自殺者を出した。
 本書は「もっと早く知らせていたら自殺者を出さなかった」との見解のようであるが、最初の命令を無視して、集団自殺を選んだのだから、集団自殺の主因は開拓団員らにあるような気がする。
    
 満州開拓団は、開拓団とは名ばかりで、現地人の土地の略奪者だったので、現地住民の怒りを買っていた。このため、日本軍がいなくなれば仕返しをされるのは明白なことだった。
    
 そういうわけで、本書の内容には、あまり興味を持てなかった。

本―日本陸軍の対ソ謀略2017年09月30日

      
田嶋信雄/著『日本陸軍の対ソ謀略:日独防共協定とユーラシア政策』吉川弘文館 (2017/2)
  
非常に専門性の高い内容で、正直言ってあまり興味がなかったのだけれど、読んだことを忘れないようにタイトルだけ買い留めておきます。内容は、戦前の日独防共協定締結への歴史の解明。

* * * * * *

<< 2017/10
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS