東京医科大学入試不正2018年08月13日

    
 東京医科大学が女子受験生に対して一律に配点を悪くしていたことが報道されている。女性差別であることはもとより、詐欺ではないか。東京医大の対応は、まったくあきれる。
 東京医大が入試不正をしていた理由は、男子の合格者割合を上げたかったからだそうだ。東京医大の女性差別・不正は批判されて当然だ。
    
 なぜ、女子学生が多いのかといえば、女子受験生の方が点が良いからに決まっているが、これに対して、女性のほうが頭がいいからだと、ばかげた説明をする人もいる。そういうことではなくて、出題内容によって、女性のほうが平均点が高いものもあれば、男性のほうが平均点が高いものもある、ということだ。長時間のおしゃべりは、平均的女性のほうが圧倒的に得意であることは、誰でも知っていると思うが、勉強も平均的には得意分野に男女差がある。
 数学は女性よりも男性のほうが得意な人が多いと思っている人が多いだろう。実際には、小学生では、女子のほうが男子よりも算数の平均点が高いが、成績上位者は男子のほうが多い。女子よりも男子のほうが個人差が大きい。このため、数学能力の何を見るかによって男女の得意不得意が分かれる。大学入試でも、簡単な計算問題や基本的な暗記で解ける初歩的問題は女子が得意であが、論考が必要な高度な問題になると一部の男子が得意になる。この見解には、私の偏見が多少混じっているかもしれない。
    
 東京医科大学2017年度数学の入試問題は、教科書の練習問題が解けるならば問題ない程度の易しい問題。ただし、問2の(2)は易しくない。この問題以外は、MARCHの理工系に比べると、同程度かむしろ易しい。教科書をキチンと勉強していれば十分だろう。論考論証は必要ないので、この問題だと女子が得意になるはずだ。こんな問題を出すから、女子の合格率が高くなるのだ。
 東京医科大の数学が易しいのは、出題者の能力がないことが原因の一つで、受験生の能力が低いため高度な論考論証の問題では点差がつかず選抜にならないことが二つ目の原因なのだろう。
     
    
問1(1)
    
方針
AOの距離は7/3なので、ABの長さとは一致しない。
このため、ABの延長線上の点で、OAの長さと一致する点をDとして、Dの座標を求める。ODの中点をQとすると、∠OABの2等分線は直線AQとなる。
AQと曲線Cの交点を求めればよい。
    
    
問1(2)
 
   
方針
f(x)=(x-α)^2×(x-β)^2となるので、α+βおよび(αβ)^2が求められる。
αβ=±3となるが、実数であるとの条件から-3が正解。
a,bは容易。
注)この問題では、αβ=±3から-3が正解であることは解答欄からも明らか。
    
問2(1)
 
   
方針
ベクトルa,bに数値を入れて、求める式をtで書けばよい。
1/√α-1/√β=(β-α)/{√α√β(√α+√β)}を使う。
    
問2(2)
 
   
少し難しい
方針
微分の定義に従ってlimを使って書く。これは必要。
積分される関数をxで偏微分して・・・とすると高校の範囲を逸脱するのですが、高校の範囲が良く分からないので、・・・困った。
   
    
問3


    
方針
出題通りに処理すればよい。傾きはと微分のことです。
    
問4
    
方針
(1)2つの曲線の図を描いてみれば自明
(2)(3) 出題通りに処理すればよい。面積とは積分のことです。
      
(2)は普通は√(x+1)=8/(x+1)を解くのだけど、この問題は解答欄からp,qがともに一桁の正の整数であることがわかるので、p=1,2,3と代入してゆけば、p=3,q=2が容易にわかる。
(3)は√の積分と1/xの積分を覚えていることを試すだけの初歩的な暗記問題。
    
問5    
    
方針
なんで、こんな易しい問題が出題されるのだろう。絶対値の中身の正負で場合分けをすればよい。
   
      
 と言うことで、易しすぎる。こんなのしかできない人が医者になるのかと思うと、ゾッとする。もっとも、花粉症でお世話になった耳鼻科医は東京医大卒だった。


沖縄に集中している米軍基地2018年08月11日

   
辺野古米軍基地新設に反対する沖縄県民の象徴であった翁長知事が急逝されました。謹んでお悔やみ申し上げます。
   
現在、在日米軍基地は、沖縄に集中しているが、かつてはそうではなかった。進駐軍が日本を占領すると、主に旧日本軍基地を米軍基地として使用したため、本土に米軍基地の多くが置かれた。朝鮮戦争に伴って、米軍基地の拡大が必要となると、新たな基地用地の提供が求められるなど、米軍基地の拡大が図られたが、各地で強い反対にあった。長野県軽井沢町から群馬県松井田町にかけて浅間妙義演習地が計画されたときは、住民らの抵抗で基地化をまぬがれた。
群馬県安中市松井田町西野牧字恩賀には「妙義米軍基地反対闘争勝利記念碑」が建てられている。(写真)
   
「浅間妙義演習地」反対運動と撤退関連の新聞記事をいくつか掲載しました。
http://nippon.nation.jp/Senkaku/Camp/MyougiTousou.htm
   
本土の米軍基地は撤退していったが、代わって、沖縄に米軍基地が集中するようになった。本土の平安が沖縄の犠牲の上に成り立っているようで、嫌な感じがします。
   
残念ながら、沖縄県の辺野古基地反対闘争は勝利しないように思う。「沖縄には基地が多すぎるのだから新たに基地を増やすべきではない」との主張はもっともだけど、それなら「辺野古に作る代わりに、米軍基地を少し削減すればいいではないか」との主張も正当になるだろう。辺野古基地のみに反対などという中途半端なものではなくて、「沖縄からすべての米軍基地を追い出す」このような闘争をしないと、米軍基地の大幅削減は難しいだろう。「沖縄すべての米軍基地前ゲートで一斉座り込み」などは、できないのかな。

本の紹介―堀田善衞/著『時間』2018年08月10日

 
堀田善衞/著『時間』岩波現代文庫 2015/11
  
 久しぶりに、日本の小説を読んだ。何年ぶりだろう。この本は1955年に新潮社から刊行されたものの再版。堀田の著作は『インドで考えたこと(岩波新書)』が有名だけど、『時間』はそれほどでもない。
 本書は日本軍による南京大虐殺がテーマ。南京在住中国知識人を主人公として、彼が見分し考えたことを日記風に記載している。南京大虐殺の時の南京の状況をテーマにしているが、日本軍が民間人を何人殺したとかそういう話はなくて、主人公の心情描写が主体になっている。
  
こんな人が登場する。
主人公:民間人。虐殺されるが奇跡的に助かる。自宅を接収した大尉の下僕となるもスパイをしている。
妻:妊娠中死亡(殺害)
5歳の息子:浮浪児となって残飯をあさっているときに警備日本兵により殺害
姪:日本軍に強姦され性病感染。性病の苦痛を緩和するために使用した麻薬で中毒患者となる。
叔父:日本軍に取り入って麻薬密売に手を染めている
   
堀田の小説でも、日本の中国侵略と麻薬は切り離せないようだ。

本ー日中 親愛なる宿敵2018年08月09日

    
シーラ スミス/著、伏見岳人・他/訳『日中 親愛なる宿敵: 変容する日本政治と対中政策』東京大学出版会 (2018/3)
   
近年の日中対立ををテーマとした現代史の研究・解説書。
全6章のうち、「第4章 東シナ海の境界画定」「第6章 島嶼防衛」で尖閣問題を扱っている。
   
日中対立関連の近年の歴史的経緯が詳しくまとまっているので、知らない人や忘れた人には便利な本と言えるのだろうけれど、ある程度の年齢の日本人で、日ごろから新聞を読んでいるならば、すでに知っていることが多い。
原書は英語なので、日中関係という国際的に見たらマイナーな話題を広く世界に知らしめるという点では評価できるが、日本語に翻訳したものを日本人が読む価値がどれだけあるのかというと、良く分からない。

日本が新種改良したケシ2018年08月07日

 戦前の日本は国を挙げて阿片・麻薬犯罪に手を染めていた。この問題の研究・解説した書籍をいくつか紹介したので、今回は東京都薬用植物園のケシの写真。
 大正時代、和歌山県で、害毒がより強いケシの品種改良に成功した。写真のケシがこの品種。5月ごろ、白い大きな花をつける。

日本の麻薬密売と済南事件2018年08月06日

 中国に進出した日本人が中国人強盗団の犠牲になった事件として、1937年7月29日の通州事件は、日本の傀儡政権の保安隊員が起こしたものであったにもかかわらず、日本政府は日本人の敵愾心をあおるのに利用した。最近は、実情も背景も知らずに、当時の日本政府の宣伝のままに主張するネット右翼らが散見される。
 通州事件と同様に、日本人が中国人の強盗殺人の犠牲となった事件に済南事件がある。「済南事件」とは、山川出版の高校教科書・詳説日本史など多くの日本史書では第2次山東出兵で起こった日本軍と中国国民党軍との衝突のことを言う。しかし、それに先立って、中国人土賊が日本人に強盗殺人を図った事件のことをいう場合もある。後者は日本史にとってさして重要ではないが、一部のネット右翼らは、中国人に対する敵愾心をあおるために利用できると考えているようだ。この「済南事件」の犠牲者も通州事件同様に阿片・麻薬の密売人だった。通州事件の犠牲者は日本政府の麻薬密売政策に従った面があるが、済南事件の犠牲者は、日本政府の引き上げ勧告を無視して、現場にとどまり麻薬密売で金もうけを図ろうとしていた人たちだった。  
 倉橋正直の著書には、この点にも触れられている。
  
倉橋正直/著『日本の阿片戦略』2005.11 共栄書房 P140-141
  
「十数年前には北清方面に於て、有名な日本人モヒ密売店乱入事件を起し、又、満州及び天津、済南等は巨額の毒物を輸入してゐる事実、昨年の済南事件に於て虐殺せられたる者は殆どがモヒ丸密造者であった。
又、山西省石家荘事件、保定府密売日本人銃殺事件、一昨冬、大連に於ける液体モヒ事件、或は熱河、ハルビン、大連等のモヒ製造工場事件、某製薬会社の山東省阿片専売事件等は委く国際的に知られて居る顕著なる事実である。其他、薬業者のみにても、数知れぬ密輸事件を惹起して常に暗い影を投げてゐる」(菊地酉治「支那阿片問題の一考察」、『支那』、二〇巻一二号、1929年12月、61頁)
  
ここで、菊地酉治は、およそ一〇件にのぼる事件の、ほとんどその名前をあげているだけであって、残念ながら、これらの事件の詳しい内容にまで立ち入って紹介してはいない。本当は、こういった事件の一つひとつを丁寧に調べてゆかねばならない。そうすることによって、この問題に関する、当時の日本側の対応ぶりが鮮やかに浮かびあがってくるのではあるまいか。私自身の今後の課題としたい。
なお、菊地酉治のあげている事件の中で興味があるのは、済南事件(一九二八年)に関する一節である。軍人として、たまたま、同事件に際会した佐々木到一も、次のように同趣旨のことを述べているからである。すなわち、
  
「それを聞かずして居残った邦人に対して残虐の手を加え、その老壮男女十六人が惨死体となってあらわれたのである。(中略)わが軍の激昂はその極に達した。これでは、もはや、容赦はならないのである。もっとも、右の遭難者は、わが方から言えば引揚げの勧告を無視して現場に止まったものであって、その多くが、モヒ、ヘロインの密売者であり、惨殺は土民の手で行われたものと思われる節が多かったのである。」(佐々木到一『ある軍人の自伝』、1963年、普通社、181頁)
  
 二つの史料は、済南事件で「虐殺せられたる者は殆どモヒ丸密造者」であったことを一致して指摘している。おそらく、当時においては、このことは、世間にかなり広く知られていたのではなかろうか。

本の紹介ー日本の阿片戦略2018年08月05日

  
倉橋正直/著『日本の阿片戦略』2005.11 共栄書房
  
 戦前の日本は侵略した中国でアヘンを密売していた。これは、日本国家挙げての国際法犯罪で、秘密に行われたため残された資料はほとんどない。
 江口圭一は発見した資料を使って1985年に『資料 日中戦争期阿片政策―蒙疆政権資料を中心に』を出版、さらに1988年には岩波新書より『日中アヘン戦争』を出版して、日本の中国侵略過程で行われた阿片栽培や販売の実態を明らかにした。江口の研究は中国での阿片政策が主眼だった。
  
 本書は、日本国内での阿片栽培、朝鮮での阿片栽培と毒化状況、中国大陸での阿片栽培と毒化状況と、日本のアヘン政策の全貌を明らかにしたもの。
 日本国内での阿片製造については、阿片栽培・品種改良に成功した二反長音蔵と和歌山での阿片栽培の話のほか、モルヒネ製造・密売の話が詳しい。戦時下でのモルヒネ原料としての阿片が知多半島で女学生により栽培・採集されていた話は戦中の国内でアヘンが広く栽培されていたことを示す話題として興味が持てる。

日本のアヘン密売と通州事件2018年07月29日

  
写真は冀東防共自治政府が1937年に発行した硬貨。
   
1937年7月29日、通州事件発生。
 通州事件とは、日本の傀儡政権が起こした反乱事件。この事件は、日本軍の指揮下にあった、冀東防共自治政府の保安隊が起こしたものであるにもかかわらず、日本は、中国人の起こした残虐事件として大々的に宣伝した。このため、今でも、事件の背景を知ることなしに、日本人が被害にあったことのみを取り上げて、中国への敵愾心をあおりたてる見解が散見される。無知による排外運動は好ましいものとは思えないので、通州事件とその背景を、ごく簡単に説明する。
  
 中国侵略を進める日本は、アヘン・麻薬を密売して利益を上げようとしていた。華北向けのアヘン・麻薬密輸は天津が中心都市だったため、中国警察の抵抗なく北京にアヘンを拡散させるためには、河北省を抑えると便利だった。1935年11月25日、日本軍は、日本人女性と結婚していた親日家の殷汝耕に命じて、河北省に親日傀儡政権・冀東防共自治政府を樹立させた。
 冀東防共自治政府が樹立されると、国民党政府はこれに反発、翌26日には殷汝耕ら首謀者の逮捕令を発するとともに、何応欽を派遣したが、日本側は彼との面会を一切拒絶した。冀東防共自治政府では日本軍の保護のもと、アヘン・ヘロインの卸・流通・密造を日本人が行い、朝鮮人は小売などに携わっていた。
  
 通州事件とは、冀東防共自治政府の保安隊が起こしたものである。
 1937年7月29日、冀東防共自治政府保安隊は挙兵し、日本人居留民等を襲撃し殺害・強盗した。犠牲者のうち100人以上は朝鮮人で、日本人も同規模の犠牲をこうむっている。被害者に朝鮮人が多いのは、アヘン密売等に携わっていた朝鮮人が多かった為である。
 通州事件は、日本軍の介入によって、1日で鎮圧され、殷汝耕は事件の責任を取って辞任した。冀東防共自治政府は、その後、日本が作った中華民国臨時政府に合流した。通州事件は、日本軍の指揮下にあった、冀東防共自治政府の保安隊が起こしたものであるにもかかわらず、日本は、中国人の起こした残虐事件として大々的に宣伝した。
  
 不思議なのですが、日本軍の息のかかった冀東政府は、なぜ、一般住民を虐殺するような不逞中国人を雇って、武器を渡したのでしょう。
 ロシア革命に際してシベリア出兵した日本軍は、セミョーノフを支援した。セミョーノフの軍は、きわめて残虐だっので、ロシアでは、日本軍の残虐性として語り伝えられている。あまりの残虐さのためセミョーノフには精神障害があったとの見解もあるが、このような最悪の男を、日本軍が積極的に支援して、残虐行為をやらせた理由は不明。
 日本軍は、残虐な悪党を好む傾向が強いのだろうか。

本の紹介ー日中アヘン戦争2018年07月28日

    
江口圭一/編『証言 日中アヘン戦争』岩波ブックレット(1991/8)
   
 戦時中の日本は侵略した中国で阿片密売を行い利益を上げていた。国家ぐるみの麻薬犯罪であったが、終戦と同時に証拠書類を焼却処分したこともあり、阿片密売の実態は必ずしも明らかではなかった。編者の江口圭一は個人の手に残された日本の内部文書を発見して、日本政府の阿片密売の実態を解明した。1988年には岩波新書から『日中アヘン戦争』のタイトルで出版した。
 本書は、日本政府の阿片栽培・流通に実際に携わった、及川勝三・丹羽郁也両氏との対談をまとめたもの。関係者の証言なので、日本政府の麻薬政策の全体像を明らかにするものではないが、及川・丹羽両名ともに、話の内容が具体的かつ詳細なので、この問題を理解するためには、欠かせない著書と言えるだろう。

本の紹介―阿片帝国日本と朝鮮人2018年07月27日


朴橿/著、小林元裕 ・吉澤文寿・権寧俊/訳『阿片帝国日本と朝鮮人』岩波書店 (2018/3)

 戦時中の日本軍による阿片密売については、江口圭一『日中アヘン戦争』(岩波新書)、及川勝三・他『証言 日中アヘン戦争』 (岩波ブックレット) のような、優れた啓蒙書が出版されており、今では多くの人が知るところとなっている。
 日本軍が侵出した中国各地では、阿片の密売が盛んだったが、その末端を担ったのが朝鮮人だった。当時、朝鮮は日本の一部だったので、中国に進出した朝鮮人も日本人として保護されていた。日本軍の保護のもと、阿片・ヘロインの卸・流通・密造は日本人が行い、朝鮮人は小売などに携わっていた。

 本書は朝鮮人が阿片密売にかかわっていた点を中心に、日本が中国で行った阿片・麻薬密売に対して記載されている。
 第1・第2章では、日本軍が中国で行った阿片政策とヘロインを広めた実態を概観する。大正製薬(現在存在する大正製薬とは別会社)がヘロイン密売にかかわっていた点にも触れられている。第3章では、日本が朝鮮半島で阿片生産を行ったことが記される。
 第4章以降で、朝鮮人と阿片・ヘロイン密売のかかわりについて示される。地域はそれぞれ「満州」「華北」「ロシア・ウスリー地区」である。
 朝鮮は、日本の植民地であったため「日本軍に苦しめられた被害者としての朝鮮人」の視点で記述された歴史書が多い。しかし、一獲千金を夢見て中国に進出し、日本軍の保護のもと犯罪行為に走った朝鮮人がいたことも事実だ。中国に渡った朝鮮人の多くは、まともな職業で豊かな生活を得ることはできなかったため、阿片・麻薬の密売に手を染めた朝鮮人が多かった。「まともな職業につけなかったのだから仕方ないよね」との考えもあるだろう。本書にもそのようなニュアンスが感じられる点はある。しかし、中国に進出した朝鮮人の暗部を明らかにした点で、価値のある内容となっている。
 ただし、阿片・麻薬密売での朝鮮人の役割に重点が置かれているため、密売の主体となっていた日本政府や日本軍(関東軍)の役割に対する記述は少ない。この点については、江口圭一や倉橋正直の著書などが参考になるだろう。

* * * * * *

<< 2018/08
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

RSS