本の紹介ー日本会議の解説2017年01月18日

「日本最大の右翼組織」「安倍政権を支える国家主義団体」と報じられる日本会議について、最近いくつかの本が出版されている。中でも有名なのは、菅野完の本だ。ここでは、この本以外の4冊を紹介する。
  
  
上杉聰/著『日本会議とは何か 「憲法改正」に突き進むカルト集団』合同出版 (2016/5)
 タイトルに「カルト集団」とあることからもわかるように、日本会議と諸宗教団体との関係の説明が詳しい。
 日本会議が「生長の家」「念法真教」のような新興宗教や神社本庁・仏教系宗教団体などを糾合する形で生まれ、これら諸宗教団体関係者が運動の主体を担っていることを明らかにした後、日本会議の主な活動である「憲法改正」「教科書問題」などへの積極的な関与を明らかにしている。
 本書を読むと、日本会議は「おどろおどろしい」団体であって、警戒が必要であることが理解できる。日本会議にはそのような一面があるのだから、この本を読む意義は大きい。しかし、この本だけで日本会議の全体を理解したと思ってしまったら、それは一面的な理解だろう。
  
  
俵義文/著『日本会議の全貌 知られざる巨大組織の実態』 花伝社 (2016/6)
 日本会議の出自を宗教系と学者系との2つの側面から解説。さらに、日本会議の活動である「憲法改正」「教科書問題」などへの積極的関与を明らかにする。
 この本を読めば、日本会議の全貌が理解できる。しかし、「なぜ日本会議は政権中枢に影響力を及ぼすようになれたか」この点がわからなかった。
  
  
青木理/著『日本会議の正体』 平凡社 (2016/7)平凡社新書
 日本会議の概要を知るために1冊読むとしたら、本書を第一に薦めたい。文章も読みやすい。この本を読んだ限り、日本会議におどろおどろしさは感じられない。
 上杉聰の本などでは、日本会議と宗教系団体との関係が中心に描かれているが、本書では右翼系学者らとの関係も詳しい。日本会議は国政に影響を及ぼす有力団体になっているが、なぜ、そのようになったのか、本書を読むとその答えがあるようだ。
  
  
山崎雅弘/著『日本会議 戦前回帰への情念』集英社 (2016/7)集英社新書山崎雅弘/著『日本会議 戦前回帰への情念』 (2016/7)集英社新書
 本書は、日本会議の思想・政策と安倍政権がそれらを取り入れていることを示すもの。「日本会議がどのような理由で政権に影響を及ぼしているのか」、「日本会議の出自は何か」などについては、詳しくない。



シベリア俘虜関連資料-陸軍准尉・千葉巌の資料(3)2017年01月17日

最近、シベリア俘虜関連資料数点をYahooオークションで落札した。
その中に「予防接種証明書」「下車駅調査カード」があった。(写真のもの)
  


シベリア抑留帰還者には、舞鶴から最寄り駅まで乗車券が支給されたのだろう。



シベリア俘虜関連資料-陸軍准尉・千葉巌の資料(2)2017年01月16日

最近、シベリア俘虜関連資料数点をYahooオークションで落札した。
その中に「引揚証明書」があった。(写真のもの)
 

 
厚生労働省の調査結果では、シベリア抑留者数として次の数値が掲載されている。
(1)旧ソ連地域に抑留された者 約 575,000人(うちモンゴル約 14,000人)
(2)現在までに帰還した者 約 473,000人(うちモンゴル約 12,000人)
(3)死亡と認められる者 約  55,000人(うちモンゴル約  2,000人)
(4)病弱のため入ソ後旧満州・北朝鮮に送られた者等 約  47,000人
http://www.mhlw.go.jp/seisaku/2009/11/01.html
 
 
 帰還した者、約473,000人の多くは舞鶴港に上陸したのだから、写真のような書類は相当数が作られたはずなので、珍しいものではなさそうだ。しかし、戦後70年を経過して、いまだに捨てられず残っているものは少なくなっているかもしれない。

シベリア俘虜関連資料2017年01月15日

 
最近、シベリア俘虜関連資料数点をYahooオークションで落札した。
その中に「小隊員の名簿」があった。(写真のもの)
 
「我が小隊所属隊員の名簿。帰国時書類は発見されると没収されるという話だったので3部作成して部下の分隊長と手分けして持ったがこの1部だけ無事帰れた。手製のリックサックの縫目に縫い込んで来たので一部擦れて不鮮明な部分がある。欄内の者は新京で編成当時からの部下で欄外は入ソ後我が小隊に編入された者である。」
 
資料は、千葉巌が作成したもの。
 この名簿のうち、右ページ上段枠内の14名を「厚生労働省・ソ連邦抑留中死亡者名簿50音別索引(http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/soren/50onjun/h03/index.html)」で調べると、最初の「高田五郎」が「1945/11/21 ハバロフスク地方・第18(コムソモリスク)収容地区 第893病院」にて死亡埋葬されていることがわかる。しかし、出身地が東京となっていて住所地の秋田とは異なる。また、「中島亨」が「1947/6/6 ウズベキスタン共和国 アングレン墓地」にて死亡埋葬されている。出身地と住所がともに長崎なので同一人物だろうか。それ以外の人は死亡者名簿に記載がないので、残りの12人は無事帰国を果たしたのだろうか。  
 
この資料は、別に欲しくなかったし、史料価値があるのかどうなのかもわからない。
 
この資料の価値についてわかる人、欲しい人がおられましたら、教えてください。

謹賀新年2017年01月01日

 
謹賀新年
 
本年もよろしくお願いします

本の紹介―ロシア極東 秘境を歩く2016年12月27日

 
相原秀起/著『ロシア極東 秘境を歩く』 (2016/11)北海道大学出版会
 
内容は「占守島」「サハリン」「シベリア」の3つに分けられ、すべて著者の取材記。
現状を取材したのではなくて、各地に残る日本人の足跡をたどっている。
 
 「占守島」の部は、太平洋戦争末期の占守島の戦いに思いをはせ、関連遺跡などを取材している。
 「サハリン」の部は、戦前に日ソ境界線に置かれていた国境標石の行方を調査しているが、この部分は著者による別書『知られざる日露国境を歩く ―樺太・択捉・北千島に刻まれた歴史 (ユーラシア・ブックレット200) 』と重複する部分が多い。
 「シベリア」の部は、大黒屋光太夫の足跡を追い、冷凍マンモスの見つかる地に足を踏み入れている。この部分は、内容が散漫に感じた。

本の紹介―北方領土の謎2016年12月19日

 
名越健郎/著『北方領土の謎』 (2016/11)海竜社
 
 ソ連崩壊の時期、北方領土の現状を解説した本がいくつか出版された。この時、北方領土住民は、国家崩壊の混乱で苦境に陥っていたが、その後のロシアの経済発展に伴って、生活インフラは格段に整備された。現在、北方領土の取材映像が、テレビで時々放映されるので、本の解説を読む必要性は少なくなっているためか、北方領土の現状の解説本は少ない。
 
 本書は、北方領土の現状についての解説。近年では、北方領土の映像を見る機会は多いけれど、映像だけではわからない状況もあるので、本書を読むことは無駄ではない。
 本書は拓殖大学教授の名越健郎氏による執筆。北方領土問題の経緯の解説や国際法の解釈などについては、この点を考慮する必要はあるだろう。

本の紹介―外交交渉回想2016年12月18日

 
枝村純郎/著『外交交渉回想 沖縄返還・福田ドクトリン・北方領土』(2016/10)吉川弘文館
 
もと、駐ロシア日本大使による外交交渉の回想録。著者は、ソ連崩壊時期に駐ソ連・駐ロシア大使を務めた。本書の内容は、著者が携わった外交交渉全般であるが、著者の経歴のため、ソ連・ロシア関連が多い。北方領土問題にも、かなりのページ数が割かれていて、北方領土交渉の経緯を知るうえで重要な書籍となっている。しかし、著者は、学者ではなく、日本側交渉当事者であるので、外交文書などは、外務省に都合の良い解釈なるので、その点は一定の注意が必要だ。

本の紹介 - シベリア出兵2016年12月17日

 
麻田雅文/著『シベリア出兵 近代日本の忘れられた七年戦争』(2016/9)中公新書
 
 シベリア出兵は日本の侵略戦争の失敗だったので、戦前においては、あまり多く語られることはなかった。戦後になってからは、正しく歴史を利愛する上で必須項目とも思えるのだけれど、日本史教科書などでは、あまり行数を割いていない。
 本書は、新書版で出版されたシベリア出兵の通史。尼港事件や北樺太占領についても触れられている。
 新書のため、事前の歴史知識がなくても、容易に読めるように書かれている。

本の紹介―忘却された支配 日本のなかの植民地朝鮮2016年11月21日

 
伊藤智永/著『忘却された支配 日本のなかの植民地朝鮮』(2016.7)岩波書店
 
 戦前・戦中、日本は朝鮮半島を支配していた関係で、朝鮮人労働者を国内で強制労働に従事させていた。本書は、そのような痕跡を訪ねて、各地で強制連行・労働の実態解明や遺骨収集・慰霊などに努めている人々を紹介している。
 
 本書で取り上げている主な地点は「宇部・長生炭鉱」「北海道・浅茅野飛行場」「筑豊炭鉱」「紀州鉱山」「知覧特攻隊」。このほか、甲午農民戦争のときに朝鮮人大虐殺とそれに関与した四国の将兵にも触れられている。

* * * * * *

<< 2017/01
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS