本の紹介ー日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか2017年12月10日


池内敏/著『日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか』

 近世日朝関係史が専門の池内敏教授による、近世日朝関係の解説。

 著者は竹島問題の研究書『竹島問題とは何か(名古屋大学出版会)』、および一般向解説書『竹島 もうひとつの日韓関係史 (中公新書)』を出版している。本書は近世日朝関係を扱ったものだが、全体の1/4程度で竹島問題関連事項を解説している。

 本書は13章に分かれ、各章で日朝交流史関係の話題を扱っている。それぞれの章に、直接的関連はないので、興味がある章だけを読んでも構わない。この本は、大学の集中講義に使用したそうだ。欠席した講義があっても、話が分からなくなることがないように工夫されている、親切な講義だ。対象の学生はだれだったのだろう。歴史を専門とする学生が対象ならば「欠席するな」と言いたいし、学部生の一般教養だとしたら、内容が難しすぎるように感じる。
 本のタイトルは「日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか」となっているが、この問題に直接解答を与えるものではなく、日朝関係史の話題を提供するものになっている。

 竹島問題に直接関係しているのは『第3章 元禄竹島一件』『第9章 19世紀の鬱陵島』『第10章 竹島の日本領編入』の3つの章である。

『第3章 元禄竹島一件』は1692年に鬱陵島で日本と朝鮮の漁民が出会ってトラブルとなり、日本・朝鮮の交渉の結果、鬱陵島は朝鮮領であり日本人の渡島が禁止されるに至った事件の解説。この事件では、安龍福が現・竹島を朝鮮の領土だと主張したとかしないとか、いろいろな言説があるが、本章には安龍福の記述はない。信用のおけない歴史資料は使わないほうが良いということだろうか。
 P88に、「竹島考」の竹島松島之図が掲載されている。著者がどのような理由でこの地図を載せたのか分からない。この地図は1724年頃に作られたものだが、松島(現・竹島)が隠岐4島と同程度の大きさに描かれている。実際には隠岐4島で一番小さい知夫里島と比べても1/100以下なので、正保国絵図(1600年代に完成)と比べると、かなり稚拙な出来栄えだ。当時、現・竹島に関する知識が少なかったことがうかがえる。

 『第9章 19世紀の鬱陵島』は鬱陵島への日本人の進出の歴史が説明されている。中心は、幕末から明治だが、元禄竹島一件などにも触れられていて、第3章を読まなくても本章だけで、鬱陵島への日本人の進出の歴史が分かるようになっている。ここでは、史実のみ安龍福にも触れられている。本章は鬱陵島の話なので、竹島問題とは直接関係ないが、日本の竹島進出は常に鬱陵島への途中で利用されていたので、鬱陵島進出史を知ることが、竹島問題理解には欠かせない。
 P209に桂小五郎・大村益次郎等による鬱陵島開拓建白書の説明がある。司馬遼太郎の「花神」では、大村が桂に竹島開拓を提案した話があるが、司馬の小説は史実ではない。鬱陵島と無関係に竹島を開拓しようとしたことは、竹島が日本に編入される前後までなかった。

 『第10章 竹島の日本領編入』はページ数が若干少ない章で、江戸時代の竹島利用と竹島の日本領編入の説明。
 現在、日本政府の主張では、竹島は江戸時代から日本の領土であったとされているが、本書では、日本の竹島進出は常に鬱陵島への途中で利用されていた事実を指摘して、日本政府の主張を完全否定している。

 日本政府の主張は、川上健三の著書がもとになっているが、本書では、川上の研究方法自体を厳しく批判する。
 ・・・鳥取藩が「竹島も松島も鳥取藩領ではない」と述べたことを受けて元禄竹島渡海禁令が発令されたという事情に鑑みれば、元禄竹島渡海禁令は、法令上に「松島への渡海禁止」が明言されていなくても、そのことは含意されている。さらに、元文五年(一七四〇)に家業の保障を求めて寺社奉行と相談をした大谷九右衛門勝房は、当時、元禄竹島渡海禁令を「竹島.松島両島渡海禁制」と理解していたし、応対した寺社奉行たちも同様に「竹島・松島両島渡海禁制」と明言している。したがって、浜田藩家老の解釈は誤読であり、その誤読をもって「松島への渡航はなんらの問題もなかった」と述べるのもまた明白な誤りである。
 そして何より大問題なのは、川上健三は、外務省職員として自ら大谷家文書の原本調査をした際に、元禄竹島渡海禁令が「竹島・松島両島渡海禁制」であることを史料上に確認しておきながら、その大著『竹島の歴史地理学的研究』のなかではその事実を黙殺したことである。禁令が「竹島.松島両島渡海禁制」であることを知っておりながら、その文面には「松島渡海禁止」と書いていないと強弁し、元禄竹島渡海禁令後も日本人が松島(竹島/独島)を継続して活用した可能性を説いたことである。
 現在、日本外務省のHPに記される「竹島は江戸時代以来連綿として日本領である」ことの主張は、ほぼ全てにわたって川上健三『竹島の歴史地理学的研究』の文章からの引き写しである。このことをどのように考えるべきか。(P232,P233)

 川上健三は外務官僚で、外務省の政策が正しいものと国民に信じ込ませるために書いた本なのだろうから、まともな歴史研究書ではないということ、もっと言えば、外務省の主張は政治家の政治宣伝と同じ政治宣伝に過ぎないということだろう。

 1900年、韓国は勅令により鬱陵島と共に「石島」を領土に編入した。韓国では石島は現・竹島であると主張しているが、日本政府は否定している。本書では、日本に残る資料から、石島(標準韓国音トルソム)が竹島(韓国名・独島)(標準韓国音ドクト)のことである可能性を指摘している。(P240~P242)
 
 日本でも、マイナーな地名の漢字表記が一定しないことは多々あるので、「石島」「独島」と漢字表記が違っても普通のことだろう。
 群馬県西部の荒船山の最高峰は経塚山・行塚山・京塚山と言う。山頂の表示は経塚山で、途中の指導標には行塚山と書かれている。ガイドブックには京塚山と書かれているものがある。「京」と「経」はどちらも同じ音だけれど、「行」は音が異なる。どうしてこんなことになったのか、説明を聞いたことがないが、少し思い当たる節がある。
 荒船山の少し北側にある妙義山は「ミョウギ」と読むけれど、昭和初期以前生まれの地元の人たちは「ミヨギ」と言っていた。本当は「ミヨギ」ではなかったのだが、標準語の発音にはない音で、あえて書くと「ミヨギ」となるように私には聞こえた。ただし、私が少年のころ「ミヨギ」と言っていた父も、晩年になると「ミョウギ」と変わっていたので、この音はすでに失われている可能性が高い。荒船最高峰も松井田町・下仁田町の人達は、かつては「キヨヅカ」「ギヨヅカ」のように私には聞こえる発音をしていたはずだ。存在しない発音を聞いたとき、標準語の音で理解しようとすると、人によって聞こえ方が違ってくるものだ。ラジオ・テレビが普及した現在、若い人には地域独特の発音があったなど思いもよらないかもしれないが、昔はこれが普通のことだった。
 朝鮮の地方の人たちも、竹島のことを「石島」「独島」と言っていたのではなくて、その地域独自の発音だったのではないだろうか。その発音を中央の人が聞いた時、人によって異なった音に感じたという可能性は大きい。しかし、韓国でもラジオ・テレビが普及しているので、今となっては検証できないだろう。

本の紹介―奄美の奇跡2017年11月22日

  
永田浩三/著『奄美の奇跡 「祖国復帰」若者たちの無血革命』WAVE出版 (2015/7/17)
  
著者はNHKディレクター・プロデューサーとして、主に社会派番組の作成を担当した後、NHK退職後は武蔵大学社会学部教授となる。
本書は、終戦後、米国の支配になった奄美群島が沖縄・小笠原に先駆けて早期に日本復帰を果たした復帰闘争の経緯を記す。
  
 戦争中、沖縄本島は日米の戦場となり、米軍の軍事占領を経て、米軍の支配になった。これに対して、鹿児島県奄美群島は戦場となることもなく、終戦まで、米軍の進駐もなかった。しかし、戦争終結からだいぶたった1945年9月22日に、米軍がやってきて、琉球の一部として、本土から切り離されて、米軍の支配となった。米軍は、占領当初、奄美・沖縄・宮古・八重山をそれぞれ分けて統治していたが、1951年4月1日、琉球臨時中央政府が作られ、1952年4月1日には琉球政府が作られ、奄美は琉球として沖縄とともに統一して支配されることとなった。
 江戸時代以降、奄美は琉球の一部ではなくて鹿児島県に属していたことや、戦場にならなかったにもかかわらず、終戦後暫くしてやってきた米軍に支配されたこともあって、奄美では占領当初から根強い本土復帰運動が起こった。
  
 本書では、奄美復帰運動の中核を担った青年たちを中心に復帰運動の詳細を解説する。奄美には戦前からアナーキストの運動があり、また戦後には共産主義運動が活発化したため、これらの人たちが記述の中心となっている。奄美連合総本部・復帰対策委員会の初代委員長を務めたロシア文学者・昇曙夢の記述もあるが、少ない。
   
 復帰運動を担った青年たちの記述が詳しいが、個人の伝記として読むのならばともかく、奄美が早期に本土復帰を果たした歴史的経緯を知りたい目的で読むには、個人の活動記録が煩雑すぎる。
    
 なお、復帰闘争以外に、1945年9月21日に徳之島に上陸したカンドン大佐以下10名の米軍使節と奄美大島守備司令官・高田利貞少将との間で、武装解除命令文書の文言で一悶着があって署名が翌日になったことや、翌年の2月2日に甘味が日本から分離された「二・二宣言」、さらには高田旅団の多田主計大尉による物資の横領などにも触れられている。
 巻末には、奄美占領から本土復帰に至る年表が掲載されており、歴史の経緯を簡単に理解するうえで便利。

本の紹介ー歴史教科書の日米欧比較2017年11月16日


薄井寛/著『歴史教科書の日米欧比較 食料難、移民、原爆投下の記述がなぜこれほど違うのか 』筑波書房 (2017/7)
     
 日本の歴史教科書と米・欧(おもにドイツ)の歴史教科書を比べて、近代戦争を中心に、記述の違いを解明。すなわち、米・欧の教科書では、食糧確保から侵略戦争を解明する傾向が強いのに対して、日本の教科書ではこの観点が非常に少ない。同様に、移民問題に対しても、米・欧の教科書では詳細に説明されるのに対して、日本の教科書では、ほとんど触れられていないという特徴がある。
 本書は、このような教科書記述の違いを明らかにすることにとどまらず、食糧問題と日本の侵略戦争、および日本の移民問題―海外移住―の詳しい解説をしている。
 さらに、米国教科書では原爆投下とその是非の両論を記し、日本人強制移住も詳しく扱っているなど、米国にとって暗い過去の歴史についても積極的に触れている事実が示される。このように、米・欧の歴史教科書では歴史の事実と解釈をありのままに伝えようとするのに対して、日本の歴史教科書では、日本の歴史の暗い部分をなるべく書かないようにして、明るく楽しい日本の歴史を提供する傾向があると指摘している。
    
 本腫には書かれていないのであるが、欧米の歴史教育と日本の歴史教育の根本的な違いとして、欧米の教育では、考えることに主眼が置かれるのに対して、日本の教育では暗記することに主眼が置かれていることに主因があるものと思う。米国の教科書では原爆投下に対して肯定的な見解と否定的な見解の両論併記の形がとられることが多い。これに対して、日本の教科書では、定説のみを記載し、両論併記は原則禁止されている。このような違いは、国家のあるべき方向性の違いに主因があるものと思う。
    
 ところで、本書のP58~P60に、終戦直後に、農民が食料供出を嫌がった原因の一つとして、旧日本軍が軍事物資を横流ししたことに対する反発を上げている。食料供出を嫌がった原因の一つに挙げることが妥当なのかははなはだ疑問である。しかし、旧日本軍が軍事物資を私物化したことは紛れもない事実であるにもかかわらず、日本ではこのことに触れることが少ないので、本書の以下の指摘は重要だ。
    
    
P58~P60
 敗戦直後から農民の意識が急変したのだ。それと同時に、米などの統制品の買出しが脱法行為だと承知のうえで、農村へ出かける市民が増え始める。銃後の規律を守ってきた入びとが、なぜその倫理感を一気に崩壊させたのか。一つの事件が引き金になったことを、当時の内務省の文書が明示する。それは軍幹部らによる軍需物資の「山分け」だった。
 軍需物資と政府所管物資の民間放出は、一九四五年八月四日の閣議で決定された。その後、八月二七日までの二週間、地方司令官などへの指示文書(一部は口頭示達)が一八回も発せられ、占領軍の接収対象になると予想された軍需物資が極秘裏に処分される。昭和天皇の玉音放送がおこなわれた八月一五日においてさえ、「戦争状態終結に伴う緊急措置の件」と題する極秘文書が関連部署へ発信され、兵器以外の軍需品・燃料・自動車表料・薬品等の物資を、陸・海・軍需省以外の省・地方機関または民間へ無償で払い下げることが指示された。この動きを察知したアメリカ軍は放出停止を厳命し、八月二八日の閣議は放出の中止と物資の回収を決めた。しかし、いったん始まった動きは止まらない。それどころか、物資の一部は地方自治体などへ払い下げられることなく、将校などの軍幹部の勝手な采配で分配されていく。その多くは組織的に隠匿、あるいはブローカーへ転売され、それが闇市場へ出回るという事態に発展していったのだ。
 早くも八月二七日、内務省は関係部署へ極秘文書で注意を喚起した。「地元民や兵士等へ無雑作に贈与するなど恣意的な物資の処分をなす者が少なくなく、……莫大な数量の物資が会社幹部等に隠匿または不正受給せられる事象も巷では噂され、……国民思想に及ぼす影響は注目を要する」。また、同文書は、「自動車部隊の将校が軍保有の自動車を横領して自動車会社を運営する」、「将校などの軍幹部が軍のトラックで食料などを自宅へ搬送する」など、無軌道きわまりない軍需物資の横取りの事例を列挙した。さらに、九月一五日付けの内務省文書は、物資放出の動向を次のように分析する。「(軍需物資の地元民や兵士への恣意的な処分、隠匿や不正授受など)無統制なる放出配分は戦後の混乱状態にさらに拍車をくわえ、特に一部軍、官、工場等の上層幹部の行動中には全く目に余るものありたる模様にして、一般国民に敗戦を当然視するの観念を与えたるやに看取せらる。しかもこれらの物資はいずれも久しきにわたり民需を極度に圧縮し、軍用ないし軍需資材として蓄積せられ、かつ目下、全国民の渇望し居るものなるため、一般国民に極めて大なる反響を与え、……農民の食糧供出意欲を著しく消磨せしめたり」。
 軍幹部と一部の官僚による物資の配分や隠匿のうわさは、全国各地へまたたく間にひろまり、軍と政府に対する国民の反発と怒りは頂点に達した。当時、長野県下に疎開していた作家の芹沢光治良は、「軍当局のとった処置の不当なのを憤る」地元の人の話しを聞いて、「その話では軍がまけるのが当り前だと思った」と、九月一日の日記に書いている。
 九月二四日の内務省文書(『軍需物資放出状況』)には、怒りの声が満ちてくる。「帰還兵士が多くの米や砂糖、毛布などをもらって帰っているが、こうしたことは、今まで不自由を忍び黙々と働いてきた一般国民の思想に大きな悪影響を与える。軍人はあまりに勝手すぎる」。多くの復員兵が列車から降りた某駅の助役はこう批判した。また、某県の県会議員は、「駐屯部隊が国家の資材を個人的感情によって無統制に配分したことにより、過去において軍の横暴を我慢していた国民が、その数々の鬱憤を何かの機会に晴らさなければならない、との感情をいっそう強めることになった」と述べた。
農民の声も各県警察署から内務省へ報告された。「今まで自分たちの不自由を忍んで一生懸命に米を供出してきたが、これを軍関係者だけが勝手に処分するのなら、もう今後は供出なんかできない」。軍需物資の放出を供出拒否の理由にする。こうした動きが農民の間にひろまった。
 アメリカ軍との本土決戦に備え、軍部が蓄えた物資の総額は一〇〇〇億円とも、二四〇〇億円ともいわれる。当時の国家予算の一~二年分にも相当する膨大な額だが、その真相は明らかでない。GHQ経済社会局の顧問もつとめた歴史学者のセオドア・コーエンは、「戦争末期に残された大部分の軍需物資は、たんに盗まれてしまったということである。これはおそらく国家が持っているものを市民が盗んでいった例としては、近代に入ってから最大の例であろう」と指摘する。
 一九五六年発行の高校『日本史新版』(清水書院)は、「国民は、まずその日の食に困り、都会にはヤミ市が発生し、買出しなどもおこなわれ、混乱に乗じて隠匿物資の横領や掠奪がおこなわれ、悪質な犯罪も横行した」と書いた。しかし、この記述は例外的で、戦後七〇年間、ほとんどの教科書は、米の供出拒否や不法な米の買出しなど、農家と市民の倫理観を崩壊させた、軍幹部らの軍需物資の隠匿や横領について一言も触れていない。
    
    
P152に水戸市の内原郷土史義勇軍資料館に復元されている青少年義勇軍(満州開拓団)訓練所の写真が掲載されている。そのうち、見学に行こうと思います。

本の紹介―日中戦争全史 下2017年11月01日

     
笠原十九司/著 『日中戦争全史 下 』高文研 (2017/7)
           
歴史学者、笠原十九司 による日中戦争の全貌を明らかにする渾身の著作。上巻と合わせて、日中戦争の全体像を詳述している。
下巻は、1938年以降。
日中戦争の解説では、陸軍の役割に焦点を当てているものが多いが、本書は、陸軍に加えて、海軍や天皇の役割にも着目しており、日中戦争の全体を詳述する記述になっている。

本―20世紀遺跡 帝国の記憶を歩く2017年10月29日

      
栗原俊雄/著『 20世紀遺跡 帝国の記憶を歩く』角川学芸出版 (2012/11)
     
 太平洋戦争期の歴史を記憶する目的で、関連場所を訪ねる。そんな本です。
 本の表題は「遺跡」となっているが、遺跡とか記念碑とか目に見えるものが、必ずきちんと存在するわけではない。また、写真もある程度あるが、鮮明ではない。

運慶2017年10月03日

 
     
東京国立博物館で開催されている運慶展を見ました。
      
開館時間に行ったら人人人。たいした人数ではない。入場まで10分ぐらい並んで待ったかな。
会場は混んでいたけれど、たいしたことはなかった。
     
世親菩薩立像、無著菩薩立像、八大童子立像のうち六像などが目玉。
     
見落とせないのが、真如苑がオークションで落札した大日如来座像。思ったより小さい像で、本当に運慶作か確定しているわけではないけれど、整った顔は作者の技量の高さを感じます。



本―満州開拓団の真実2017年10月01日

    
小林 弘忠/著『満州開拓団の真実』七つ森書館 (2017/8)
    
 長野県高社郷出身の500人にのぼる集団自決の原因と経緯を解明したもの。太平洋戦争末期、ソ連が対日参戦すると、現地日本軍は開拓団民に対して退去するように命令した。しかし、高社郷出身者の開拓団では集団自殺することを決め、退去しなかった。このため、日本軍は再び退去を命令したため、命令に従って退去をしたが、逃げ遅れ、日本軍と合流することができなかった。その後、各地をさまよい、最終的に、多くの自殺者を出した。
 本書は「もっと早く知らせていたら自殺者を出さなかった」との見解のようであるが、最初の命令を無視して、集団自殺を選んだのだから、集団自殺の主因は開拓団員らにあるような気がする。
    
 満州開拓団は、開拓団とは名ばかりで、現地人の土地の略奪者だったので、現地住民の怒りを買っていた。このため、日本軍がいなくなれば仕返しをされるのは明白なことだった。
    
 そういうわけで、本書の内容には、あまり興味を持てなかった。

本―日本陸軍の対ソ謀略2017年09月30日

      
田嶋信雄/著『日本陸軍の対ソ謀略:日独防共協定とユーラシア政策』吉川弘文館 (2017/2)
  
非常に専門性の高い内容で、正直言ってあまり興味がなかったのだけれど、読んだことを忘れないようにタイトルだけ買い留めておきます。内容は、戦前の日独防共協定締結への歴史の解明。

本の紹介―沖縄の戦争遺跡2017年08月09日

 
吉浜忍/著『沖縄の戦争遺跡: 〈記憶〉を未来につなげる』 吉川弘文館 (2017/6)
 
 地上戦が行われた沖縄には、多数の戦争遺跡が残るが、そのうちの主要な戦争遺跡や記念碑などについて、写真も使って、1か所あたり数ページで説明している。戦跡で一番多いのは「ガマ(洞窟)」であり、これらは、住民の避難、軍人の避難、作戦司令などの軍施設、野戦病院などに使われたものである。本書では、これらのガマで、何が起こったのか詳しい解説がなされている。沖縄戦の実態を知るうえで、さらに、沖縄戦の戦争遺跡を見学するうえで、好適な参考書だ。
 ただし、ガマや記念碑の場所の詳細が書かれていないので、この本だけで訪ねようとすると場所がわからないことも多いだろう。
   
 沖縄にある記念碑には戦争を賛美し英霊を顕彰するものも少なくないが、これらについての記述は少ない。このため、本書は、沖縄戦の実態を住民の側から明らかにすることに主眼が置かれていると言えるだろう。

 以前、沖縄旅行した時、チビチリガマ、司令部壕、南風原病院壕などを見学した。シムクガマはハブが出そうで怖かったのでやめた。
 今度沖縄に行くときは、アブチラガマ、カーブヤーガマを見学したい。

本の紹介―樺太に生きたロシア人2017年07月28日

     
セルゲイ・P.フェドルチューク/著、板橋政樹/訳『樺太に生きたロシア人 故郷と国家のはざまで…』 日本ユーラシア協会北海道連合会「サハリン研究会」 (2004/05)
      
 日露戦争・ポーツマス条約で南樺太が日本へ割譲されると、ロシア人の多くは本国へ帰国した。しかし、数百人のロシア人は帰国することなく南樺太にとどまった。また逆に、ポーツマス条約後に、南樺太に移住したロシア人も存在する。当時、ポーランドはロシアの領土だったため、残留ロシア人の中にはその後ポーランド国籍を得たものも存在する。
 本書は南樺太残留ロシア人(ポーランド人などを含む)の13家族を対象に、彼らがなぜ留まったか、日本領時代をどのように生きたか、第二次大戦後どのように生きたか、このような点を詳述する。
 南樺太残留ロシア人について、ほとんど知られていないので、この問題に関心がある人には有用な著書だ。

* * * * * *

<< 2017/12
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS