本の紹介―反知性主義と新宗教2017年03月15日

     
島田裕巳/著『反知性主義と新宗教』 イースト・プレス (2017/2)
    
「論理性」「知性」を嫌い、実利能力を信頼する風潮が、アメリカではトランプ大統領を誕生させた。同様な風潮は日本でも見られる。本書は宗教学者・島田裕巳による日本における「反知性主義」の解説。
 本書では、最初にアメリカの状況に基づき「反知性主義」とはなんであるかを説明した後、日本の状況として「日本会議」「創価学会」「日本の新興宗教」が反知性主義であることを説明している。
     
 でもね、新興宗教は、知的レベルの低い人たちを対象に、論理ではなくて、目先の利益を教え込むことで、金を集めるのが常なので、反知性主義は新興宗教の本来の在り方のように思える。日本会議も、その出自は生長の家などの新興宗教や神社本庁が主体となっているので、反知性主義なのは、言わずと知れたことだろう。
 安倍政権を支えている大きな勢力は「日本会議」と政権与党の「公明党・創価学会」であり、このいずれもが、反知性主義であることは間違いない。このため、安倍政権は反知性主義的傾向が強いとも考えられ、したがって、日本における反知性主義を理解しておくことは意味のある事だとは思う。

本の紹介―日本会議をめぐる四つの対話2017年03月12日

    
菅野完/著・他『日本会議をめぐる四つの対話』ケイアンドケイプレス (2016/12)
  
 本書著者・菅野執筆の『日本会議の研究』は10万部を超える人気本として、日本会議の存在を世間に知らしめた。本書は、菅野と日本会議をよく知る4人との対談集。対談集のためテーマが今一つ絞り切れておらず、また、解説的内容も乏しいので、日本会議をよく知らない人にとって、本書は理解しにくいだろう。本書を読む前に『日本会議の研究』などの本を読んでおくべきだ。
  
 菅野の対談者は政治学者の白井聡、元国会議員の村上正邦、右翼活動家の横山孝平、ジャーナリストの魚住昭の4人で、各々が日本会議について詳しく、各自の立場で日本会議について語っている。
 元国会議員の村上正邦は新宗教・生長の家の活動家出身で、日本会議の事務を取り仕切っている者たちも生長の家活動家だったため、日本会議のルーツを知るうえで参考になる。
  
 ところで、最近世間を騒がせていた「森友学園」の籠池理事長も日本会議の関係者だ。
 テレビ放映される籠池理事長の話を聞いていると、彼は、質問には全く答えず自説を繰り返すだけで、まともにコミュニケーションが取れないようだ。それから、昨今の騒ぎは共産党と朝日新聞の謀略であるかのような被害妄想があるようにも感じる。
  
 本書の最後に、菅野による後書があって、その中で、菅野は日本会議の人たちに対して以下の見解を示している。これは、森友学園・籠池理事長の態度を言い当てているように思う。
  
---------------------------------------------
 産経新聞や『正論』、『WiLL』、『Hanada』を読んでみてください。彼らは単に左翼を批判し、リベラルに罵詈雑言を浴びせているだけです。本当にそれだけなんです。それは日本会議も同じです。
 これは大変不幸なことですが、日本会議だけでなく多くの人たちが、左翼を批判することは知的なことだと思っています。ネトウヨを見てください。彼らは非常に頭が悪いです。だけど、彼らは左翼を批判している時、自分たちが頭が良いと思い込んでいます。
 そういう意味では、日本会議は憲法だけでなく日本の知識人たちも潰そうとしているんです。ここで言う知識人とは、頭が良い人たちということではなく、筋道立てて物事を考えることができる人たちのことです。教育水準が高いということではなく、物事に対してしっかりとした態度をとることができる人たちのことです。日本会議の運動にこうした側面があることも見逃してはなりません。(P199)
---------------------------------------------

本の紹介―「南京事件」を調査せよ2017年02月26日

 
清水潔/著『「南京事件」を調査せよ』 文藝春秋 (2016/8)
 
 1970年代に、南京大虐殺は無かったとする主張があった。南京大虐殺論争に歴史学者が加わると、南京大虐殺は無かったとする主張は、歴史学研究のレベルに達していないことが明らかにされ、完全に破綻したようだった。しかし、その後、南京大虐殺の被害者数はずっと少ないというような主張が現れた。 どの範囲で起こったことを「南京大虐殺」というべきであるのかは、人のよって違うし、人数を正確に特定できるはずもないので、確定的な犠牲者数が研究者によって異なるのは当然のことだ。
 
「南京大虐殺は無かった」「被害者は少ない」との主張をする人は、神主・漫画家・作家・右翼機関紙編集者などが多く、「南京大虐殺はあった」とする人は、歴史学者(有名大学教授)・大手新聞の記者などが多かった。最近は、南京大虐殺否定派に、学者(大学教授)が加わり、否定派の元気がいいようだ。ただし、大虐殺肯定派の学者は有名大学教授なのに対して、大虐殺否定派はどうしようもない低能学生が行く大学の教授であることが多い。学者の学説と、学生の偏差値は本来無関係なはずだが、明確な相関があるようで不思議だ。
 
 南京大虐殺の被害者数は、南京の範囲や大虐殺の期間を短くすれば、いくらでも少なく見せかけることが可能だ。最近、良く聞く「南京大虐殺の被害者は少ない」との主張は、このようにして行われている。言葉の定義は、自分に都合よくすれば、どうとでもなるので、このような主張が誤りであるとは言えない。しかし、そうすると、日本軍は、「南京大虐殺」「南京郊外大虐殺」「南京周辺地域大虐殺」と、いくつもの大虐殺犯罪をしたことになり、それぞれに対して、日本政府や天皇は何度も謝罪が必要になるだろう。
 
 本書は、日本テレビで放送された番組のための取材記で、事件当時、実際に従軍していた兵士の陣中日記などの一次資料を基に、南京大虐殺の実態を明らかにしている。事件当時書かれた日記類を基にしているので信憑性が高い内容になっている。
 ただし、南京事件の犠牲者数など南京事件の全体像を明らかにすることを目的としたものではなく、あくまでも、入手した一次資料を基に南京事件の一部を解明したもの。
 
 ところで、南京事件をねつ造だと叫ぶ右翼勢力の中には、兵士の陣中日記がペン書きであることをもって捏造されたものであると主張する者がいる。このような右翼の間抜けた考えでは、従軍中の筆記用具は鉛筆でなくてはならないということのようだ。無知無能な右翼が、非常識なことを考えるのは仕方のないことであるが、日中戦争関連の陣中日記は古本屋で容易に入手できるので、そういうものを調べれば、多くはペン書きであって、鉛筆書きでないことなどすぐにわかるはずだ。陣中日記がペン書きである点について、本書でも触れられ、当時万年筆が一般に使われていたことを示して、間抜けな右翼の妄想を一蹴している(P88)。

児童ポルノって何だろう2017年02月22日

  
 法律によると、児童の性行為等を扱ったもののほかに、次のものが児童ポルノとされている。
「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって、殊更に児童の性的な部位(性器等若しくはその周辺部、臀部又は胸部をいう。)が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの」
 普通の大人ならば、児童の裸体を見ても「性欲を興奮・刺激」されることはないだろうから、どういう意味なのか分からない。この条文は、変態・ロリコン人間向けの話なのだろうか。
  
 川口市立図書館で閲覧できる本の中に、下記の写真があった。(早川タダノリ/著 『「愛国」の技法』青弓社 )。これは、昭和17年頃撮影された、新潟県・市之瀬国民学校の授業風景で初出は当時のアサヒグラフのようだ。
  
 上の写真では、「はずかしそうに乳房を露出している少女の写真」と見る人もあるだろう。この写真は右側が少しカットされているが、(アサヒグラフわれらが100年 1968.9.)の写真には、他にも乳房を露出した女子児童が写っている。以下に、右下部分を掲載する。雑誌の見開き2ページにわたっているので、ページの継ぎ目のスキャンがうまくできなかった。後ろの女児は堂々と乳房をさらけ出していて、恥じらいは感じられない。
  
  
 アサヒグラフにはもう一枚同じような写真がある。この写真は(宮崎鏡/著『少女愛』作品社)にも掲載されていて、この本も川口市立図書館でだれでも閲覧できる。この写真も市之瀬国民学校の授業(勤労奉仕)風景のようだ。
  
  
 下の写真は、写真週報・第180号(昭和16年8月6日)に掲載されていたもので、当時の国民学校の乾布摩擦の様子。写真週報は国立公文書館・アジア歴史資料センターで公開されているので、だれでも閲覧可能。
https://www.jacar.go.jp/shuhou/shiryo.html
  
  
 公立図書館や国立公文書館でだれでも閲覧できる写真が違法な児童ポルノのはずはない。小6女児が乳房をさらけ出している写真は児童ポルノには該当しないのだろうか。それとも、古い写真だと児童ポルノではないのだろうか。
  
 児童ポルノの問題はさておき、戦時中はおかしな教育が行われていたものだ。どういう理由で少女に乳房を露出させるのだろう。そういうことが好きな校長が「天子様のからだです、大事にします鍛えます」と言わせて女児を裸にしていたのだろうか。


本の紹介―「愛国」の技法2017年02月21日

 
早川タダノリ/著 『「愛国」の技法』(2014.1)青弓社
 
 戦争中のポスターやチラシなどを左側ページに紹介し、右側ページにその解説を書いている。こういうスタイルなので読みやすい。
 戦争中のポスターのいくつかは、佐倉の国立歴史民俗博物館にも展示されており、見たことのある人も多いだろう。本書では、かなりの枚数を紹介しているので、ざっと見ただけでも面白い。
 本書の解説は、戦争中の日本の愛国心を揶揄するもの。解説を読まず、写真を見るだけでも、著者の意図は明快だ。もっとも、普通に思考力のある人ならば、国立歴史民俗博物館に展示されているポスターを見ただけでも、同様の感想を持つだろう。

本の紹介―日本会議と神社本庁2017年02月19日

 
『週刊金曜日』成澤宗男/編著 『日本会議と神社本庁』金曜日 (2016/6)
 
 菅野完/著『日本会議の研究』では、日本会議と生長の家・元活動家の関係がクローズアップされている。日本会議の活動を理解するうえで、成長の家活動家の関係は重要であるが、新興宗教の一つの力で、日本会議が政権に影響力をもつにいたったわけではない。日本会議の中心には神社本庁があって、神道政治連盟と自民党議員との結びつきが強い。
 
 本書は、日本会議の中心勢力として、神社本庁に焦点を当てている。
 
 現在、日本会議が政権に深く影響力を持つに至った理由を理解するためには、菅野完/著『日本会議の研究』と本書の両方を読むとよいだろう。

本の紹介―日本会議の研究2017年02月14日

 
菅野完/著『日本会議の研究』 2016/4 扶桑社 (扶桑社新書)
 
 日本会議の解説本として有名。この本のおかげで、日本会議の存在を知った人も多いだろう。日本会議を理解するために、第一に読むべき本であることは間違いない。
 川口市立図書館には蔵書が4冊あるが、現在予約33件待ち。この調子だと、予約しても手元に届くのは数か月後になるだろう。大変よく読まれている本だ。
 
 本の内容は日本会議が現政権に深く入り込んでいること、日本会議の運動と成果、日本会議の出自 等をわかりやすく説明している。日本会議について多岐に渡った解説であり、あまり知られていないことも多く、詳細かつ専門的内容ではあるが、事前の知識がない人でも十分に読みやすい記述になっている。本書が出版されると、その後、日本会議を取り扱った書籍がいくつも出版されるようになった。このような他書と比べても、本書は読みやすい方だ。
  
 著者は、膨大な公開文書を調べることにより、日本会議に新興宗教「生長の家」関係者が深く関与している事実を明らかにしている。日本会議を担っている人は、生長の家関係者だけではなく、神社本庁や念法真教のような右翼的新興宗教も関係が深いが、本書では、生長の家関係者の関与がクローズアップされている。
 
 本書の記述が名誉棄損しているとの理由で、生長の家・千葉県教区教化部長だった人等から出版差し止めの仮処分申請が出され、東京地裁は記述の1か所が名誉を棄損しているとして出版差し止めの仮処分を出した。このため、現在売られている本は、この部分2行が墨塗り状態となっている。
 墨塗り部分の記述の内容はおおよそこんな感じ。
 ①安藤巌は生長の家関連雑誌の売り上げ向上の努力をした。②このためサラ金に借金をしてまでして購入する者もあった。③当時サラ金は社会問題になっていた。④自殺者も現れるほどだった。⑤しかし、安藤巌はこのようなことに馬耳東風だった。
 「自殺者も現れるほど」というのは当時のサラ金一般のことを言っているのだろうが、安藤巌がサラ金自殺に追い込んだとも読めるとの主張もある。著者が読みやすい記述を心掛けたため記述が不正確になって、そこを狙われたと思える。

本の紹介ー日本会議の解説2017年01月18日

「日本最大の右翼組織」「安倍政権を支える国家主義団体」と報じられる日本会議について、最近いくつかの本が出版されている。中でも有名なのは、菅野完の本だ。ここでは、この本以外の4冊を紹介する。
  
  
上杉聰/著『日本会議とは何か 「憲法改正」に突き進むカルト集団』合同出版 (2016/5)
 タイトルに「カルト集団」とあることからもわかるように、日本会議と諸宗教団体との関係の説明が詳しい。
 日本会議が「生長の家」「念法真教」のような新興宗教や神社本庁・仏教系宗教団体などを糾合する形で生まれ、これら諸宗教団体関係者が運動の主体を担っていることを明らかにした後、日本会議の主な活動である「憲法改正」「教科書問題」などへの積極的な関与を明らかにしている。
 本書を読むと、日本会議は「おどろおどろしい」団体であって、警戒が必要であることが理解できる。日本会議にはそのような一面があるのだから、この本を読む意義は大きい。しかし、この本だけで日本会議の全体を理解したと思ってしまったら、それは一面的な理解だろう。
  
  
俵義文/著『日本会議の全貌 知られざる巨大組織の実態』 花伝社 (2016/6)
 日本会議の出自を宗教系と学者系との2つの側面から解説。さらに、日本会議の活動である「憲法改正」「教科書問題」などへの積極的関与を明らかにする。
 この本を読めば、日本会議の全貌が理解できる。しかし、「なぜ日本会議は政権中枢に影響力を及ぼすようになれたか」この点がわからなかった。
  
  
青木理/著『日本会議の正体』 平凡社 (2016/7)平凡社新書
 日本会議の概要を知るために1冊読むとしたら、本書を第一に薦めたい。文章も読みやすい。この本を読んだ限り、日本会議におどろおどろしさは感じられない。
 上杉聰の本などでは、日本会議と宗教系団体との関係が中心に描かれているが、本書では右翼系学者らとの関係も詳しい。日本会議は国政に影響を及ぼす有力団体になっているが、なぜ、そのようになったのか、本書を読むとその答えがあるようだ。
  
  
山崎雅弘/著『日本会議 戦前回帰への情念』集英社 (2016/7)集英社新書山崎雅弘/著『日本会議 戦前回帰への情念』 (2016/7)集英社新書
 本書は、日本会議の思想・政策と安倍政権がそれらを取り入れていることを示すもの。「日本会議がどのような理由で政権に影響を及ぼしているのか」、「日本会議の出自は何か」などについては、詳しくない。



本の紹介―ロシア極東 秘境を歩く2016年12月27日

 
相原秀起/著『ロシア極東 秘境を歩く』 (2016/11)北海道大学出版会
 
内容は「占守島」「サハリン」「シベリア」の3つに分けられ、すべて著者の取材記。
現状を取材したのではなくて、各地に残る日本人の足跡をたどっている。
 
 「占守島」の部は、太平洋戦争末期の占守島の戦いに思いをはせ、関連遺跡などを取材している。
 「サハリン」の部は、戦前に日ソ境界線に置かれていた国境標石の行方を調査しているが、この部分は著者による別書『知られざる日露国境を歩く ―樺太・択捉・北千島に刻まれた歴史 (ユーラシア・ブックレット200) 』と重複する部分が多い。
 「シベリア」の部は、大黒屋光太夫の足跡を追い、冷凍マンモスの見つかる地に足を踏み入れている。この部分は、内容が散漫に感じた。

本の紹介―北方領土の謎2016年12月19日

 
名越健郎/著『北方領土の謎』 (2016/11)海竜社
 
 ソ連崩壊の時期、北方領土の現状を解説した本がいくつか出版された。この時、北方領土住民は、国家崩壊の混乱で苦境に陥っていたが、その後のロシアの経済発展に伴って、生活インフラは格段に整備された。現在、北方領土の取材映像が、テレビで時々放映されるので、本の解説を読む必要性は少なくなっているためか、北方領土の現状の解説本は少ない。
 
 本書は、北方領土の現状についての解説。近年では、北方領土の映像を見る機会は多いけれど、映像だけではわからない状況もあるので、本書を読むことは無駄ではない。
 本書は拓殖大学教授の名越健郎氏による執筆。北方領土問題の経緯の解説や国際法の解釈などについては、この点を考慮する必要はあるだろう。

* * * * * *

<< 2017/03
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

RSS