本―ウクライナ・ファンブック2020年09月09日

 
平野高志/著『ウクライナ・ファンブック 東スラヴの源泉・中東欧の穴場国』パブリブ (2020/2)
 
ウクライナの観光ガイドブック。
 全体の半分以上は各所の名所案内。名産品や食べ物の紹介もあるが、「るるぶ」などと異なって、店やレストランの紹介はない。
 
 全体の1/3程度で、ウクライナの歴史や政治などの解説をしている。このような書き方なので、単なる観光ガイドではない。
 ただし、言語の解説など、ウクライナ国家ありきの解説となっているので、事実とはずれた、ウクライナ民族主義のプロパガンダのようにも感じる。現ウクライナ政権では、このような民族主義教育がなされているのだろうか。
 
 歴史の記述も、訳の分からないことが書かれている。
 『ウクライナの政治家達…が、革命の中で、ウクライナの完全な独立へと舵を切ることにした決定的な理由は、ウクライナへ容赦なく侵攻を続けるロシア・ソヴィエト軍の存在であった。…その後も進軍を続けるボリシェヴィキ軍は、2月9日にはキーウへも侵入する。…ソヴィエト軍のこの時のキーウ支配期間は短く、すぐに撤退するのだが、しかし、彼らはその短い間に市内で無差別な略奪・破壊を行っていた。ソヴィエト兵は…あらゆるウクライナ的な物を徹底的に破壊していた。キーウに入城したドイツ・ウクライナ軍は、その後、4月にはウクライナのほとんどの地をボリシェヴィキから奪還する。(P171,P172)』
 
 「ボリシェヴィキ軍」「ロシア・ソヴィエト軍」と別の用語を使っているが、同じ意味なのか違うのか、この文章を読んでも良く分からない。歴史を書くならば、もう少し分かりやすい文章で書いてほしいものだ。
 当時、ハリコフなどの東部地区では、鉱工業が進み、労働者階級が作られていた。著者が「ウクライナの政治家達」と書いているのは、中央ラーダ派のことで、この中央ラーダ派がウクライナ全土にわたって政権をとっていたわけではなく、工場労働者の多いの東部の要衝ハリコフなどでは、ボルシェヴィキ派が圧倒的優位にたっていた。ウクライナ・ボリシェヴィキの軍はロシア・ボリシェビキの援助をうけて、中央ラーダ派・ドイツ連合軍と戦闘になったものだった。
 本著では『ソヴィエト兵は…あらゆるウクライナ的な物を徹底的に破壊』と書いているが、この場合の『ソヴィエト兵』にはウクライナボリシェビキも多く、彼ら自身がウクライナ的だったので『ウクライナ的な物を徹底的に破壊』などありえないことだった。
 また、本書の同じページには、中央ラーダ派がドイツと条約を結び、ウクライナの穀物を引き渡す見返りとして、軍事介入と独立の承認を得たことを、快挙のように記している。国家の独立の要件は、実効支配の確立であって、外国軍の介入を求めることや、穀物と引き換えに承認を得ることなどではない。当時、中央ラーダ派がウクライナ全土を掌握していたわけではないので、ウクライナ国家が樹立されたとみなすことはできない。
 P175には 『ポーランド・ウクライナ軍は、4月25日、ボリシェビキ軍(赤軍)支配地ウクライナへ侵攻開始し…。赤軍はそのままワルシャワ近郊まで攻め入るも、ワルシャワ近郊戦ではポーランド軍に大敗する。』と書かれている。赤軍がポーランドに攻め込むことを主張したのは、ウクライナ人のトロツキーで、反対したのがグルジア人のスターリンだった。革命期のウクライナの混乱は、ウクライナ対ロシアではなくて、ウクライナの政治勢力間の内戦がベースにあって、そこへ、ポーランド・ロシアと言うもともと同じ国だった地域と、外国軍のドイツが介入したものだった。
 革命当時のロシア・ソビエトの中心人物には、ウクライナ系、ポーランド系など非ロシア人が多かったことも知られている。著者が「ロシア・ソヴィエト軍」と書いているロシア革命当時の軍隊は、ユダヤ系ウクライナ人のトロツキーに指導された軍隊だった。このほか、KGBを創設したジェルジンスキーはポーランド系ベラルーシ人だった。ソ連円熟期を見ても、ブレジネフ書記長はロシア系ウクライナ人、ポドゴルヌイ議長もウクライナ人、シチェルビツキー政治局員もウクライナ人だった。フルシチョフは、幼少のころドネツクに引っ越したので、少青年期はウクライナで過ごしている。
 
 本書では、ロシアとウクライナを別の国家としてとらえている。確かに、ロシア革命以降、別の共和国として扱われていたので、別の国家であるとの見解は正当だ。しかし、革命成立以前のウクライナを単一国家のようにとらえるのには無理がある。

本の紹介―アイドル、やめました2020年08月27日

 
大木亜希子/著『アイドル、やめました。 AKB48のセカンドキャリア』宝島社 (2019/5)
 
 AKBグループの一つ、SDNのアイドルだった大木亜希子が、AKBグループのアイドルを辞めた後の、セカンドキャリアを取材したもの。
 
 AKB・SKEアイドルだった佐藤すみれ(すーめろ)以下、8名のアイドル時代の苦労や現在の仕事などを記す。現在、佐藤すみれはクリエーターだそうだ。佐藤すみれは総選挙で30位ぐらいになったこともあって、多少知られたアイドルだったが、それ以外の人は、アイドル時代も、一部の人しか知らないだろう。 
 文章は読みやすい。また、文字も大きく数時間で読み終える。いろいろな人に、いろいろな人生があって当たり前なので、私が、この本を読んで感じたことは「ああ、そうなんですか」程度のことでした。

本の紹介―神々は真っ先に逃げ帰った2020年08月25日

 
アンドリュー・バーシェイ/著 富田武/訳『神々は真っ先に逃げ帰った 棄民棄兵とシベリア抑留』(2020.5)人文書院
 
 太平洋戦争末期、ソ連が対日参戦すると、満州の日本軍は、神社のご神体特訓高級幹部をいち早く日本に退避させた。また、満鉄も上級職員と家族をいち早く退避させたため、一般日本軍人や一般居留民は満州後に取り残され、通の死者を出した。さらに、生き残った日本軍人の多くはシベリア抑留されることとなった。
 本書のタイトルは、このような事実を示している。しかし、本書の内容は高級軍人たちが逃げ帰った原因を明らかにするものではなく、シベリア抑留の実態を解明する研究書。
 
 第一章(序章)、第二章はシベリア抑留の説明。一昔前の本のおおくは、シベリア抑留苦労談だったが、本書はそういう内容ではなく、シベリア抑留の原因や実態を解明している。
 
 第三章から第五章が本書のメインで3人の抑留体験者の体験を記す。
 第三章は画家・香月泰男のシベリア抑留体験。香月は早期に帰国したため、彼の抑留帰還は日本の旧軍組織利用した管理体制だった。このため、日本軍将校による日本兵に対する過重労働・食料削減・虐待など、旧日本軍の悪弊が横行していた。このため、香月のシベリア抑留体験は苦労話になっている。
 第四章は「極光のかげに」の著者・高杉一郎のシベリア抑留体験。ソ連は、シベリア抑留者に共産主義を植え付けて、帰国後、日本国内で共産主義者として活動する者を育てようとした。そのために、いわゆる民主化教育を行った。高杉は、この民主化教育の経験者。
 第五章は詩人・石原吉郎のシベリア抑留体験。石原は戦争俘虜ではなくて戦犯として最後期まで残された一人。
 3つの章では、それぞれ異なった時期に帰国した人の体験を調査しているので、シベリア抑留の時代ごとの変遷が何となく理解できるようになっている。しかし、所詮個人の体験なので、本当にこれで全体像を理解してよいのかという疑問は残る。シベリア抑留を知らない人が、概要を理解するのには有益だろう。
  
 第六章(終章)は新田次郎夫人で作家の「藤原てい」の引き揚げ体験の話。
 
 本書は翻訳なので、若干読みにくい気がする。また、日本の文学作品の引用が多く、本当に史実と理解してよいのか疑問も残る。

本の紹介ー仏教、本当の教え2020年08月14日

 
植木雅俊/著「仏教、本当の教え」中公新書(2011/10)
 
 著者は大学で理学を専攻した後、仏教研究に転じ、中年になってからサンスクリット語を学んだ異色の仏教研究者。サンスクリット語から訳出した法華経・維摩経を上梓している。
 本書の内容は、インドの仏教・中国の仏教・日本の仏教の比較なのだろうか。そう言えなくもないし、そうでもない。
 
 第一章は「インド仏教の基本思想」。ここでは初期仏教(原始仏教)の平等思想を主に説明している。
 初期仏教がインドの仏教の一部であることは間違いないが、その後に起こった説一切有部や、大乗仏教などもインドの仏教に違いなく、それらすべてが平等思想ということもない。著者の言うインド仏教の特徴は、釈迦の教えの特徴、あるいは初期仏教の特徴である。
 
 第二章は「中国での漢訳と仏教受容」。サンスクリット語経典が中国語に訳されると、中国ではサンスクリット語経典は捨てられ、漢訳経典のみが信仰・研究の対象となった。そうした中で、仏教が変容していくわけで、本書にもそのことが書かれている。でも、そんなことは言われなくても、容易に想像できることだろう。また、本書には、具体的に細かいことが書かれているのは、著者の知識の高さを感じるが、そういう細かい知識は私には特にどうでもよい。
 岩波文庫から出版されている法華経では、岩本裕氏が漢訳法華経を「正しい教えの白蓮」と邦訳した。この点を、数ページにわたって批判している。「妙法蓮華経」とは、お経のタイトルなので、行ってみれば固有名詞のようなもので、翻訳する意味はあまりないので、意味が正しい訳を議論することが有意義とは思えなず、読んでいて面倒になった。
 
 第三章は「漢訳仏典を通しての日本の仏教受容」。日本の仏教は漢訳によっている。各宗派ともに、漢字を手掛かりに勝手解釈・捏造解釈をして、自宗の優位性を主張したり、独自の教えを作ったりすることがあることは容易に想像できるだろう。
 本書では、このようなことを具体例を挙げて説明し、サンスクリット語仏典から離れている状況を指摘している。
 
 第四章は「日中印の文化比較」。特に興味が持てる記述はなかった。

本の紹介ー高山寺の美術2020年08月12日


 土屋貴裕/編『高山寺の美術: 明恵上人と鳥獣戯画ゆかりの寺』吉川弘文館 (2020/3)

 京都・栂尾の高山寺は『鳥獣戯画』で有名。同時に、華厳宗の高僧・明恵上人高弁ゆかりの寺として有名。
現在、功山寺に伝わる国宝・重文には文書が多いが、美術品にも、国宝・重文が多数ある。
 
 本書は、博物館学芸員を中心とする博物館関係者7名の論文。このうち最初の一章は明恵と高山寺美術の関連に対する解説。6件はそれぞれの美術作品の解説だが、明恵との関連の解説が主となっており、美術品自体の説明は少ない。最後の一章は「鳥獣戯画」の解説で、この章のみ、明恵とは関係がない。
 要するに、美術作品の解説というよりも、明恵との関連の視点が多い。

本の紹介―朝鮮戦争の正体2020年08月03日

 
孫崎享/著『朝鮮戦争の正体』祥伝社 (2020/7)
 
 元外交官・孫崎享氏の近著。孫崎氏の本と言えば創元社から出版された「戦後史の正体」が有名だが、本書は「日米開戦の正体」「日米開戦へのスパイ」同様、祥伝社からの出版になる。
 本書は、多数の文献からの引用が多いため、この時代の朝鮮半島の歴史や、それを取り巻く国際政治史に詳しくないと、読みにくい。
 
 本書、序章の扉にピカソの「朝鮮の虐殺」が記載されている。この絵は、朝鮮戦争でのアメリカ軍の蛮行を非難する目的でピカソが描いた絵で、2008年に東京六本木の新国立美術館で開催されたピカソ展に展示されていた。
 
 本書は序章のほか第一章から第五章まである。第一章は朝鮮戦争の発生原因などで、全体のまとめの感がある。朝鮮戦争は、北が一方的に南を攻めたとか、ソ蓮・中国が北朝鮮に侵攻させた等の言説を否定する。そして、朝鮮戦争は南北の内乱であると説明している。
 第二章は、終戦から朝鮮戦争に至る、朝鮮半島の政治史。58ページと多く、内容も詳しい。
 第三章は、朝鮮戦争の開始と経緯。軍事的な記述は少なく、政治時に主眼が置かれている。
 第四章は、朝鮮戦争への日本の感よと警察予備隊の創設について。警察予備隊は自衛隊の前身であるので、日本が再軍備に至った経緯を知るためにも参考になる章だ。
 第五章は戦後の冷戦や現代アメリカの政治と朝鮮戦争の関連。26ページと少ない。

本の紹介―朝鮮戦争70年2020年07月28日

 
和田春樹、孫崎享、小森陽一/著『朝鮮戦争70年』かもがわ出版 (2020/6)
 
第一章は和田春樹の論文「東北アジアと朝鮮半島に平和体制を作る」で、内容は、朝鮮戦争以降の日韓、日朝間の現代政治史。
第二章は孫崎享の論文「朝鮮戦争と日米同盟の経緯」で、内容は、極東地域における米国の安保・軍事政策と日本や朝鮮半島の関係。
第三章は小森陽一の論文「日韓関係と安倍晋三長期政権」で、内容は、朝鮮戦争以降の日韓現代政治史に関する記述が多いが、ベトナム戦争や東西冷戦とその崩壊など、世界政治の視点が多い。
3つの章には特に関連はないので、どの章から読んでもかまわない。
第四章は3人の対談。

本の紹介ーだれが日韓「対立」をつくったのか2020年07月14日

 
岡本有佳、加藤圭木、他/編『だれが日韓「対立」をつくったのか:徴用工、「慰安婦」、そしてメディア』大月書店 (2019/12)
 
本書は以下の5つのテーマで、日韓関係悪化の原因とその解消方法を示す。
「徴用工問題」「慰安婦問題」「歴史問題」「日韓関係悪化の原因」「解決の道」
各テーマは、それぞれ3項目程度に分かれている。それぞれの項目は数ページなので詳細な話はないが、日韓対立の概要が分かるようになっている。

以下各テーマと執筆者を記す。

はじめに――泥沼化する日韓関係を読み解く(加藤圭木)

PART1 徴用工問題――「韓国はルール違反」の真相
 Q1 なぜ徴用工は損害賠償を求めているのか?(加藤圭木) 
 Q2 「韓国は国際法違反!」と、断言できるのはなぜ?(川上詩朗)
 Q3 韓国はなぜ話を蒸し返すのか?(金昌禄)  
〈topic1〉日本の軍事動員と皇民化政策(金庾毘)

PART2 主戦場としての「慰安婦」問題――「少女像は反日」か?
 Q4 日本軍の強制連行はなかった?(吉見義明)  
 Q5 「慰安婦」は、ビジネスで、「性奴隷」ではない?(金富子) 
 Q6 なぜ米国にも「慰安婦」の碑を建てるのか?(金美穂)  
 Q7 日本はお金も払って責任を果たしたのに、なぜ韓国は「合意」を無視するのか?(板垣竜太)
〈topic2〉 《平和の少女像》(平和の碑)の願い(岡本有佳)

PART3 韓国はなぜ歴史問題にこだわるのか?
 Q8 「韓国併合」のどこが問題なのか?(加藤圭木)  
 Q9 日本人もひどい目にあったのに、なぜ朝鮮人は被害を言い立てるのか?(加藤圭木)
 Q10 文在寅政権はなぜ、歴史問題(徴用工・「慰安婦」)にこだわるのか?(金富子) 
〈topic3〉 三・一運動と現在(加藤圭木)  
〈topic4〉 関東大震災下の朝鮮人虐殺(加藤直樹) 
〈topic5〉 韓国の民主化と過去清算(藤永壮)

PART4 なぜ、これほど日韓関係は悪化したのか?――メディアのズレを読む
 Q11 日本のマスメディアは《少女像》撤去・移転をどう報じているか?(岡本有佳)  
 Q12 日本のマスメディアは徴用工問題をどう報じたのか?(土田修) 
 Q13 日本のマスメディアは日韓関係の悪化をどう報じ、何を報じていないか?(土田修)
 Q14 韓国メディアは日韓関係の悪化をどう報じ、何を報じていないか?(吉倫亨)
〈topic6〉 韓国特派員が見た日本のメディア(金鎮佑)  
〈topic7〉 韓国・市民によるメディア監視(モニタリング)(岡本有佳)

PART5 解決への道はあるのか?
 Q15 「戦後生まれ」が責任を問われるのはなぜか?(加藤圭木)   
 Q16 植民地支配の責任にどう向き合うのか?(梁澄子)  
〈topic8〉 朝鮮民主主義人民共和国で出会った人びと(加藤圭木)
〈topic9〉 日韓交流がつくる未来――「#好きです韓国」から見えた無自覚の偏見と日韓連帯の鍵(阿部あやな)

本ーあいちトリエンナーレ「展示中止」事件 表現の不自由と日本2020年07月12日

  
岡本有佳、アライヒロユキ/編『あいちトリエンナーレ「展示中止」事件 表現の不自由と日本』(2019.11)岩波書店
 
 近年、右翼たちが騒ぐようになった。昔も騒がしい右翼はいたけれど、かつての右翼は暴力団の下請けが多かったが、近年の右翼は暴力団とは無関係が多い。
 本書は、右翼や名古屋市長によって中止に追い込まれた、あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」事件の経緯を扱ったもの。
 私には、芸術の自由について知識がないので、この件に対して判断できない。
 
 スターリン時代のソ連では、芸術は国家に奉仕するものとされたため、それに反する芸術は排除された。かつて、大月書店の国民文庫からジダーノフ論文の翻訳が出版されていた(党と文化問題)。今の日本は、スターリン体制に近づいてきたのかな。

本の紹介ー下駄で歩いた巴里 林芙美子紀行集2020年07月10日

 
林芙美子/著, 立松和平/編『下駄で歩いた巴里 林芙美子紀行集』 岩波文庫 (2003/6)
 
 林芙美子の短編集。20編の紀行文が収録されている。
 「樺太の旅」は昭和十年に樺太を訪れた時の紀行文で、35ページほど。著者は稚内から船(亜庭丸)で豊原に上陸した後、日露国境に近い「オタスの森」まで旅行した。当時、樺太は王子製紙が大規模に操業しており、木を切った後ほとんど放置していたため、樺太の山は多くが禿山状態になっていた。著者は旅行途中で、樺太の山々が禿山であることを目撃し、心を痛めている。

* * * * * *

<< 2020/09
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

RSS