本の紹介―堀田善衞/著『時間』2018年08月10日

 
堀田善衞/著『時間』岩波現代文庫 2015/11
  
 久しぶりに、日本の小説を読んだ。何年ぶりだろう。この本は1955年に新潮社から刊行されたものの再版。堀田の著作は『インドで考えたこと(岩波新書)』が有名だけど、『時間』はそれほどでもない。
 本書は日本軍による南京大虐殺がテーマ。南京在住中国知識人を主人公として、彼が見分し考えたことを日記風に記載している。南京大虐殺の時の南京の状況をテーマにしているが、日本軍が民間人を何人殺したとかそういう話はなくて、主人公の心情描写が主体になっている。
  
こんな人が登場する。
主人公:民間人。虐殺されるが奇跡的に助かる。自宅を接収した大尉の下僕となるもスパイをしている。
妻:妊娠中死亡(殺害)
5歳の息子:浮浪児となって残飯をあさっているときに警備日本兵により殺害
姪:日本軍に強姦され性病感染。性病の苦痛を緩和するために使用した麻薬で中毒患者となる。
叔父:日本軍に取り入って麻薬密売に手を染めている
   
堀田の小説でも、日本の中国侵略と麻薬は切り離せないようだ。

本ー日中 親愛なる宿敵2018年08月09日

    
シーラ スミス/著、伏見岳人・他/訳『日中 親愛なる宿敵: 変容する日本政治と対中政策』東京大学出版会 (2018/3)
   
近年の日中対立ををテーマとした現代史の研究・解説書。
全6章のうち、「第4章 東シナ海の境界画定」「第6章 島嶼防衛」で尖閣問題を扱っている。
   
日中対立関連の近年の歴史的経緯が詳しくまとまっているので、知らない人や忘れた人には便利な本と言えるのだろうけれど、ある程度の年齢の日本人で、日ごろから新聞を読んでいるならば、すでに知っていることが多い。
原書は英語なので、日中関係という国際的に見たらマイナーな話題を広く世界に知らしめるという点では評価できるが、日本語に翻訳したものを日本人が読む価値がどれだけあるのかというと、良く分からない。

本の紹介ー日本の阿片戦略2018年08月05日

  
倉橋正直/著『日本の阿片戦略』2005.11 共栄書房
  
 戦前の日本は侵略した中国でアヘンを密売していた。これは、日本国家挙げての国際法犯罪で、秘密に行われたため残された資料はほとんどない。
 江口圭一は発見した資料を使って1985年に『資料 日中戦争期阿片政策―蒙疆政権資料を中心に』を出版、さらに1988年には岩波新書より『日中アヘン戦争』を出版して、日本の中国侵略過程で行われた阿片栽培や販売の実態を明らかにした。江口の研究は中国での阿片政策が主眼だった。
  
 本書は、日本国内での阿片栽培、朝鮮での阿片栽培と毒化状況、中国大陸での阿片栽培と毒化状況と、日本のアヘン政策の全貌を明らかにしたもの。
 日本国内での阿片製造については、阿片栽培・品種改良に成功した二反長音蔵と和歌山での阿片栽培の話のほか、モルヒネ製造・密売の話が詳しい。戦時下でのモルヒネ原料としての阿片が知多半島で女学生により栽培・採集されていた話は戦中の国内でアヘンが広く栽培されていたことを示す話題として興味が持てる。

本の紹介ー日中アヘン戦争2018年07月28日

    
江口圭一/編『証言 日中アヘン戦争』岩波ブックレット(1991/8)
   
 戦時中の日本は侵略した中国で阿片密売を行い利益を上げていた。国家ぐるみの麻薬犯罪であったが、終戦と同時に証拠書類を焼却処分したこともあり、阿片密売の実態は必ずしも明らかではなかった。編者の江口圭一は個人の手に残された日本の内部文書を発見して、日本政府の阿片密売の実態を解明した。1988年には岩波新書から『日中アヘン戦争』のタイトルで出版した。
 本書は、日本政府の阿片栽培・流通に実際に携わった、及川勝三・丹羽郁也両氏との対談をまとめたもの。関係者の証言なので、日本政府の麻薬政策の全体像を明らかにするものではないが、及川・丹羽両名ともに、話の内容が具体的かつ詳細なので、この問題を理解するためには、欠かせない著書と言えるだろう。

本の紹介―阿片帝国日本と朝鮮人2018年07月27日


朴橿/著、小林元裕 ・吉澤文寿・権寧俊/訳『阿片帝国日本と朝鮮人』岩波書店 (2018/3)

 戦時中の日本軍による阿片密売については、江口圭一『日中アヘン戦争』(岩波新書)、及川勝三・他『証言 日中アヘン戦争』 (岩波ブックレット) のような、優れた啓蒙書が出版されており、今では多くの人が知るところとなっている。
 日本軍が侵出した中国各地では、阿片の密売が盛んだったが、その末端を担ったのが朝鮮人だった。当時、朝鮮は日本の一部だったので、中国に進出した朝鮮人も日本人として保護されていた。日本軍の保護のもと、阿片・ヘロインの卸・流通・密造は日本人が行い、朝鮮人は小売などに携わっていた。

 本書は朝鮮人が阿片密売にかかわっていた点を中心に、日本が中国で行った阿片・麻薬密売に対して記載されている。
 第1・第2章では、日本軍が中国で行った阿片政策とヘロインを広めた実態を概観する。大正製薬(現在存在する大正製薬とは別会社)がヘロイン密売にかかわっていた点にも触れられている。第3章では、日本が朝鮮半島で阿片生産を行ったことが記される。
 第4章以降で、朝鮮人と阿片・ヘロイン密売のかかわりについて示される。地域はそれぞれ「満州」「華北」「ロシア・ウスリー地区」である。
 朝鮮は、日本の植民地であったため「日本軍に苦しめられた被害者としての朝鮮人」の視点で記述された歴史書が多い。しかし、一獲千金を夢見て中国に進出し、日本軍の保護のもと犯罪行為に走った朝鮮人がいたことも事実だ。中国に渡った朝鮮人の多くは、まともな職業で豊かな生活を得ることはできなかったため、阿片・麻薬の密売に手を染めた朝鮮人が多かった。「まともな職業につけなかったのだから仕方ないよね」との考えもあるだろう。本書にもそのようなニュアンスが感じられる点はある。しかし、中国に進出した朝鮮人の暗部を明らかにした点で、価値のある内容となっている。
 ただし、阿片・麻薬密売での朝鮮人の役割に重点が置かれているため、密売の主体となっていた日本政府や日本軍(関東軍)の役割に対する記述は少ない。この点については、江口圭一や倉橋正直の著書などが参考になるだろう。

本ー外連の島・沖縄2018年07月21日

   
篠原章/著『外連の島・沖縄 基地と補助金のタブー』飛鳥新社 (2017/8)
   
 読むことを勧めないが、読んだことを忘れないように書き留めておく。
 篠原章は、大東文化大学教員時代に、大学の金を詐欺したため、執行猶予付の懲役3年の有罪判決を受けた。
   
 沖縄問題に関して、ネット右翼らによるヘイトスピーチが行われている。本書の内容は単なるヘイトスピーチの域を出ていないので、多くの人にとって読む価値はない。
 しかし、著者は大学教員だった人なので、ネット右翼のヘイトスピーチよりは上品な表現になっている。このため、引きこもりニートでネット右翼になり下がった日本社会の寄生虫のような人が、上手なヘイトスピーチを勉強するためには役に立つかもしれない。

本の紹介ー蝦夷の世界と北方交易2018年07月16日

     
網野善彦、石井進/編『中世の風景を読む 1 蝦夷の世界と北方交易』新人物往来社 (1995/11)
    
 中世の東北・北海道の歴史の説明。9人の著者による9件の論文が収められている。東北の話題が多い。
 福田豊彦「鉄を中心にみた北方世界」、菊池徹夫「遺跡にみる中世蝦夷地の風景」の2論文は北海道の話題。

 福田豊彦「鉄を中心にみた北方世界」は前半と後半に分かれる。前半では、中世日本の製鉄地域。後半はアイヌの鉄器入手の話題。
 菊池徹夫「遺跡にみる中世蝦夷地の風景」は、北海道の3つの遺跡「二風谷のチャシ群」「余市大川」「上ノ国勝山舘」を取り上げている。二風谷のチャシ群はアイヌの遺跡、上ノ国勝山舘はアイヌと対立していた和人の遺跡が主であり、余市大川はアイヌが和人に支配されてゆく過程の遺跡である。

本の紹介ー沖縄の神社2018年07月08日

     
加治順人/著 『沖縄の神社』(おきなわ文庫) ひるぎ社(2000.10)
     
 本書は、琉球の神社の成り立ちと、歩みを解説するもの。各神社について、結構詳しい解説がある。
 でも、私には、あまり興味のある話ではなかった。
     
 長い間絶版になっていたが、2018/5電子図書で再版された。

本の紹介ー復刻 日本新聞 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ』2018年06月24日

 
朝日新聞社/編『復刻 日本新聞 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ』 (1991)朝日新聞社
 
 シベリア抑留日本人が読むため、イワン・コワレンコを中心として「日本新聞」が発行された。本書は「日本新聞」のコピーで大型本、全3冊。
 日本新聞はソ連が日本人捕虜向けに発行した新聞なので、当然のことながら、ソ連を肯定する内容。しかし、日本が降伏して降伏文書調印式が行われた等の、一般的な内容も多い。もちろん、ソ連と共産主義を賛美する内容も多い。
 戦前の日本の新聞は軍国主義一辺倒で天皇制を賛美する内容だったので、これの日本人向けソ連版と言ったところだ。
 「日本新聞」の目的は、日本人捕虜を共産化することに有った。しかし、軍国教育を受けた日本人の多くは、戦後になると、軍国主義を捨て去ったのと同様に、シベリア抑留帰還者の多くは、共産主義者にはならなかった。
 
 本書は「日本新聞」全紙の復刊であるため、シベリア抑留研究には欠かせない。

本の紹介-山丹交易と蝦夷錦2018年06月20日

  
北海道開拓記念館/編『山丹交易と蝦夷錦 : 第42回特別展目録』(1996.6)
    
 1996年6月1日~7月28日 に札幌の北海道開拓記念館で開かれた特別展示の図録。
 江戸時代、日本は、長崎・琉球・対馬・蝦夷地を通して海外貿易がおこなわれていた。蝦夷地を介した貿易では、アイヌを通して清朝の官服が輸入され、日本国内では珍重されていた。これを蝦夷錦と言う。本展覧会では北海道開拓記念館や函館市立博物館など、日本に残る蝦夷錦のいくつかが展示された。本図録には、これらのカラー写真が掲載されていて、蝦夷錦とはどのようなものであるのかを理解する上で興味深い。

* * * * * *

<< 2018/08
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

RSS