大学入試センター試験日本史Bー樺太国境標石2018年01月14日

 
 日露戦争の結果、南樺太が日本に割譲されると、樺太中央部の北緯50度線が日露の国境になり、日本は4個の標石を設置した。4個には、それぞれ天第一号から天第四号と刻まれていた。
 2018年1月の大学入試センター試験日本史Bは樺太国境標石に関する設問だ。現在、根室市歴史と自然の資料館に展示されている「天第二号」の国境標石の写真をもとに、これが樺太とのロシア国境に置かれたものであることを問うもの。樺太か朝鮮かの2択で、石碑の設置が1906年であるとのヒントがあるので易しかったと思う。
 
樺太国境標石は以下を参照ください。
http://nippon.nation.jp/Naiyou/KarafutoKokkyou/index.htm

本―ロシア漂流民・ソウザとゴンザの謎2017年12月14日

 
瀬藤祝/著『ロシア漂流民・ソウザとゴンザの謎 サンクトペテルブルクの幻影』新読書社 (2004/04)
 
 ソウザとゴンザは、享保13年(1728年)、ロシアに漂流した薩摩の青年。乗り組んでいた薩摩藩の船が嵐のため漂流した末、カムチャツカ半島に流れ着いた。二人以外は原住民に殺害されたり病死したりしたが、生き残った二人は首都サンクトペテルブルグに送られ、そこで日本語教師となる。ソウザとゴンザの死後もロシアの日本語学校は続いた。しかし、ソウザ・ゴンザの日本語は、鹿児島の庶民の言葉だったため、日本語学校で学んだロシア人の日本語は江戸の武士には通じず、その後の外交交渉等の役に立たなかった。
 
 本書はソウザとゴンザに関連した歴史書ではなく、史実らしきをもとにした物語を、お芝居風に描いたもの。

本―日本陸軍の対ソ謀略2017年09月30日

      
田嶋信雄/著『日本陸軍の対ソ謀略:日独防共協定とユーラシア政策』吉川弘文館 (2017/2)
  
非常に専門性の高い内容で、正直言ってあまり興味がなかったのだけれど、読んだことを忘れないようにタイトルだけ買い留めておきます。内容は、戦前の日独防共協定締結への歴史の解明。

ホームページ追加2017年09月22日

日露・日ソ関係 ゆかりの地 ( http://nippon.nation.jp/Naiyou/index.html ) のところに、大津を加えました。
http://nippon.nation.jp/Naiyou/Ohtsu/index.html

大津は大津事件が起こった場所です。大津事件は児島惟謙が有名なので、宇和島にある銅像の写真を加えました。
そのうち、ニコライの切手かコインの写真と、ニコライの墓所の写真を加えます。

本の紹介―樺太に生きたロシア人2017年07月28日

     
セルゲイ・P.フェドルチューク/著、板橋政樹/訳『樺太に生きたロシア人 故郷と国家のはざまで…』 日本ユーラシア協会北海道連合会「サハリン研究会」 (2004/05)
      
 日露戦争・ポーツマス条約で南樺太が日本へ割譲されると、ロシア人の多くは本国へ帰国した。しかし、数百人のロシア人は帰国することなく南樺太にとどまった。また逆に、ポーツマス条約後に、南樺太に移住したロシア人も存在する。当時、ポーランドはロシアの領土だったため、残留ロシア人の中にはその後ポーランド国籍を得たものも存在する。
 本書は南樺太残留ロシア人(ポーランド人などを含む)の13家族を対象に、彼らがなぜ留まったか、日本領時代をどのように生きたか、第二次大戦後どのように生きたか、このような点を詳述する。
 南樺太残留ロシア人について、ほとんど知られていないので、この問題に関心がある人には有用な著書だ。

本の紹介-日米開戦へのスパイ 東條英機とゾルゲ事件2017年07月26日

      
孫崎享/著『日米開戦へのスパイ 東條英機とゾルゲ事件』祥伝社 (2017/7)
    
 太平洋戦争勃発前の1941年9月から、ドイツ人記者・リヒャルト=ゾルゲ、近衛内閣ブレーン・尾崎秀実らがスパイの疑いで逮捕され、死刑になった。いわゆるゾルゲ事件である。ゾルゲの報告で、日本にはソ連侵攻の意思がないことを知ったスターリンは全兵力をドイツ戦線に振り向けることができたなどと、言われることが多い。
 本書では、このような俗説を検証し、ゾルゲからの情報はソ連にとって重要なものではなかったことを明らかにする。そして、ゾルゲ事件は、東條が近衛内閣を退陣させて権力を奪取するために利用されたものであり、さらに、戦後には反ソ宣伝に利用された事件だったことを明らかにしている。
 ゾルゲ事件は、歴史上有名な事件であるが、スパイは秘密が多いので明らかでないことも多く、事件の解明自体に謀略が含まれることがある。本書は、多数の文献を精査することにより、事件の全貌を解明している。ただし、事実の解明に主眼が置かれた研究書であるため、歴史に詳しくない人や、結論だけが欲しい人には、読むのが大変だろう。

本の紹介―ドキュメント北方領土問題の内幕2017年07月24日

    
若宮啓文/著『ドキュメント北方領土問題の内幕: クレムリン・東京・ワシントン』 (筑摩選書) 筑摩書房 (2016/8/10)
    
1956年、日ソ共同宣言という名前の条約が成立して、日ソ間で国交が回復した。この条約の中で、平和条約締結後に、歯舞・色丹を日本にひき渡すことが決められた。しかし、その後60年以上たっても、いまだに平和条約は締結されていない。
    
 本書は、朝日新聞論説主幹を務めた若宮啓文による、日ソ共同宣言の交渉経緯の解説。
    
 これまでにも、以下のような図書で交渉の経緯が明らかにされていた。    
・松本俊一/著『モスクワにかける虹:日ソ国交回復秘録』
・久保田正明/著『クレムリンへの使節 北方領土交渉1955-1983』
    
 1992年にソ連が崩壊すると、これまで非公開だったソ連側の資料が公開されることにより、交渉の経緯はより明らかになった。本書では、これらの成果も取り入れられているようで、交渉の経緯解明の集大成ともいうべき内容になっている。このため、簡単に理解しようとする人には、ちょっと詳しすぎるだろう。

本の紹介―ラングスドルフ日本紀行2017年07月20日

   
ゲオルク・ハインリヒ・フォン ラングスドルフ/著、山本秀峰/訳『ラングスドルフ日本紀行 クルーゼンシュテルン世界周航・レザーノフ遣日使節随行記 』露蘭堂(2016/08)
  
 幕末の1804年、レザーノフを隊長とする使節団が長崎に来航し、通商を求めた。この時、幕府は、レザーノフ一行を半年間、幽閉状態に置いた末、通商を拒否した。この時の航海や長崎滞在について、以下の書籍が出版されている。
 クルウゼンシュテルン/著、羽仁五郎/訳 『クルウゼンシュテルン日本紀行』 (駿南社) 昭和6年(復刻版が雄松堂書店より出版)
 レザーノフ/著、大島幹雄/訳『日本滞在日記―1804‐1805』(岩波文庫)
  
 ラングスドルフは医師・自然科学者として、この航海に同行した。本書は、ラングスドルフによる日本やアイヌの観察記。長崎の滞在は6か月の長きにわたったが、ほとんど幽閉状態だったため、日本の風俗や自然に対する記述は限られていて残念だ。日本で通商を拒否されたレザーノフ一行はその後、北海道・樺太に立ち寄った。アイヌとは自由に交流したため、アイヌの習俗の記述がある。
 一行のうち、フォボストフらはレザーノフと別れて、1806年10月22日、樺太を襲撃、アイヌたちのロシアへの加勢も手伝って、日本人を追い出した。さらに翌年には択捉島を襲撃した。サンクトペテルブルクへ帰ったフォボストフらは、ラングスドルフの家で会食をした帰りに、川に落ちて死亡した。本書には、この時のいきさつについても書かれている。

本―日露外交 北方領土とインテリジェンス2017年06月14日

 
佐藤優/著 『日露外交 北方領土とインテリジェンス』角川書店 (2017/5)
 
 特に関心を持った本ではないが、読んだことを忘れないために書き留めておきます。
     
 北方領土と日ロ関係を解説した佐藤優の近著。内容は、産経新聞のコラムにこれまで書いた記事の再編集。新聞コラム記事なので、一つのテーマのページ数が少なく、問題に深く立ち入ったものではない。各項目の関連性も乏しいため、北方領土問題や日ロ外交について、多少でも詳しく知りたいと思っている人には、読む価値は少ないだろう。

本の紹介―幕末維新の異文化交流 外圧をよみとく2017年04月18日

    
洞富雄/著『幕末維新の異文化交流 外圧をよみとく』(有隣堂、1995年)
    
 歴史学者・洞富雄、最晩年の著作。実際には、それまでに書いた論文や著書の内容を再編集したものが多いようだ。出版が古く、入手も困難なので、あえて読む必要がある本とは思えない。
    
内容は以下の3章からなる。
    
 第1章では、最初の節で北方探検時期の国際環境を記載し、「間宮林蔵」「最上徳内」「高橋景保」「伊能忠敬」「シーボルト」をとりあげて、日本の北方探検・北方認識史を記述する。各個人の北方関連伝記であるが、個人を通して日本の北方認識の歴史がわかるようになっている。最後に、北方における日ロの進出を記載する。最上徳内や間宮林蔵のところでロシア人との関連にも触れられているなど、日ロ関係の記述もあるが、多くない。
    
 第2章は伊豆下田におけるプチャーチンとの日ロ交渉、ペリーとの日米交渉が書かれている。それなりにページを割いており、詳しい内容になっている。
    
 第3章は、幕末維新と横浜。

* * * * * *

<< 2018/01 >>
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS