本の紹介―日本軍「慰安婦」制度とは何か2019年10月30日

 
吉見義明/著『日本軍「慰安婦」制度とは何か』(2010.6) 岩波ブックレット784
 
 著者は、日本近現代史が専門の歴史学者。
 
 2007年、屋山太郎(政治評論家)・櫻井よしこ(小説家)・すぎやまこういち(作曲家)・西村幸祐(スポーツジャーナリスト・作家)・花岡信昭(産経新聞編集委員)の5氏は「歴史事実委員会」の名称で、ワシントンポストに、日本軍には従軍慰安婦(セックス奴隷)は存在しなかったとした意見広告をだした。この意見広告は、アメリカ人から幅広い反発を受けて終わった。
 本書は、この意見広告に対して、歴史事実をもって批判し、日本軍従軍慰安婦の実態を概説するもの。
 
 本書は、歴史の素人による日本近代史に関する意見を、歴史学者が、史実に基づいて批判したものであるが、「歴史事実委員会」の意見が、いい加減すぎるので、ある程度日本近現代史の知識がある人には、本書もあまり面白くないかもしれない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2019/10 >>
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

RSS