本の紹介 一度は行きたい「戦争遺跡」2019年06月02日


友清哲/著『一度は行きたい「戦争遺跡」』(2015/9)PHP文庫

 函館要塞から沖縄のガマまで全国に残る戦争遺跡の壕や旧軍関連施設などを紹介している。この中には管理され有料で公開されているものや、管理されていなくても普通に安全に見学できるものもあるが、ほとんど放置されて危険かもしれない壕も紹介されている。
 素人が立ち入って事故にでもなれば大変だし、そうでなくても所有者とトラブルになりかねないようなところもある。本のタイトルは「一度は行きたい」となっているが、この本で紹介されている多くの場所は、一度も行きたくないところに感じる。
 カラー写真が多いので、本を見るのには面白い。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2019/06
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

RSS