食べられるドングリ マテバシイ2022年11月23日

  
 秋も深まってきて、木々には実がついています。
 写真は、マテバシイの実で食べられます。煎って中身を食べます。殻は、ペンチで挟むか、金槌で軽くたたけば簡単に割れます。
 少しねっとりしたサツマイモのような味で、食べた後、わずかな渋みが口に残ります。
 ということで、あまり美味いものではない。
 
 マテバシイは本州から九州・沖縄にあるけれど、本来は九州のもので、本州や沖縄は栽培か自然逸出です。東京では、大きい公園でちらほら見かけます。写真は、夢の島公園で拾ったもの。
 
 マテバシイの実は、カシの実に比べると、大型。カシの実の帽子は縞模様なのに対して、マテバシイの帽子はウロコ模様。ミズナラやコナラの帽子もウロコ模様だけれど、マテバシイの実よりも小型です。それから、マテバシイの実は少しオレンジがかった明るい色です。
 マテバシイの実とカシの実との区別は帽子の模様で簡単。ミズナラやコナラの実とは、大きさや色で区別できるけれど、それよりも、葉っぱの縁のギザギザで容易に区別出来ます。マテバシイの葉っぱのまわりにギザギザはない。ミズナラやコナラの葉っぱは、大きなギザギザがある。
  
http://nippon.nation.jp/Blog/20221123a/index.html

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2022/11 >>
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

RSS