本の紹介ー戦争と日本阿片史2019年06月09日

  
二反長半/著『戦争と日本阿片史』すばる書房(1977.8)
  
 著者の二反長半は絵本作家で、阿片王・二反長音蔵の息子。
 本書は、著者の手元に残された二反長音蔵の資料や、満州・蒙古で阿片官をしていた宮沢秋次氏の協力を得て、日本の国家ぐるみによる麻薬密売の実態と、二反長音蔵のケシ栽培ついて記載している。
  
 この本は1977年に出版されたもので、出版当時、日本が国を挙げて麻薬密売に手を染めていたことは、あまり知られていなかった。しかし、その後、江口圭一氏の本が岩波新書から出版されることなどにより、日本の阿片密売は広く知られることとなった。その後、倉橋正直氏の本も出版されている。
  
 二反長音蔵はケシの栽培家で、後藤新平の後押しの元、ケシ栽培の普及活動やケシの品種改良にも取り組んでいる。二反長音蔵が改良した品種・一貫種は、麻薬成分が多く、毒性が強いもので、阿片被害を拡大した。現在、東京都薬用植物園では、この一貫種を研究用に栽培している。一貫種は朝鮮半島で栽培を奨励したので、北朝鮮で栽培され密売されているとのうわさもある。
 本書には、音蔵が品種改良に取り組んでいたとの記述もあるが、この部分はあまり詳しくない。
  
 二反長音蔵は国策に従って、阿片製造を推し進めたのであるが、彼は外地でケシ栽培指導をしているので、外地で阿片が密売に使われ、阿片中毒患者を生み出していることはよく見知っていたはずだ。しかし、本書では、二反長音蔵は自身のケシは医療用と思っていたと、音蔵の擁護に終始している。息子の著述なので仕方ない面があるが、そうならば、音蔵が外地で栽培指導したケシのすべてが医療用であると考えた、根拠を書けばよいのに。
  
 いまでは、日本が、中国や満州にアヘンを密売し、毒禍を広げていたことは、良く知られるようになっている。本書には、中国・満州以外にも、シベリアに進出した日本人・朝鮮人がニコライエフスクを拠点した地域で、ケシ栽培、阿片製造、密売にかかわっていたことが記されている(P125-P126,P185-P187)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2019/06
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

RSS