本の紹介 「カルト宗教」取材したらこうだった2023年01月17日

 
藤倉喜朗/著『「カルト宗教」取材したらこうだった』宝島社新書(2012/8)
 
 この手の本の多くは、いくつかのカルト教団を取り上げて、それぞれのカルトごとに問題を記載するものが多いが、本書は、カルトにまつわる雑多な話題を書いたものなので、まとまりがないように感じる。
 
 この中で、幸福の科学については、多少まとまって取り上げられている。第二章「取材したらこうだった」の35ページは幸福の科学と地域住民の対立関係。場所は、本部がある港区白金と大川隆法(中川隆)出身地である徳島県吉野川市川島町の二か所を扱っている。私の住んでいる埼玉県川口市にも幸福の科学の建物があるが、住民とのトラブルは聞いたことがない。
 また、第4章「カルトと報道」の11ページは、幸福の科学が反対運動を迷惑電話やスラップ訴訟を使って、つぶしているさまを記載している。昨今、このような訴訟は統一協会によるものが話題になったが、似たようなことは幸福の科学も行っているようだ。 
 幸福の科学は公称信者数1000万人を超えているが、2022年参院選幸福実現党得票数は15万なので、信者数が十数万程度の新興宗教ということだろう。教祖・大川隆法のイタコ芸が有名。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2023/01 >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS