本の紹介―徹底解剖安倍友学園のアッキード事件2017年08月04日

     
佐高信/編『徹底解剖安倍友学園のアッキード事件』 七つ森書館 (2017/5)
    
 園児に教育勅語を暗記させていることで右翼たちの人気が高かった森友学園の小学校建設に対して、国が不明朗な便宜を図っていた。この背後に、安倍昭恵総理夫人の影響力があったと報道された。この結果、森友学園の小学校建設は頓挫し、籠池理事長夫妻は刑事告発・逮捕されるに至った。
    
 本書は森友学園の小学校建設に関係した数々の不正を明らかにしている。ただし、すでに、新聞報道等で広く知られたことも多い。本書によると、小学校の建物を建てた「藤原工業」は、維新の政治家の口利きで工事を受注したそうだ。藤原工業は橋下知事時代に府の公共事業を請け負うことで急に大きくなった建設会社。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2017/08
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

RSS