本の紹介-統一教会とは何か2022年09月23日

 
有田芳生/著『統一教会とは何か』大月書店(2022/9)
1992年に出版された本の改定新版。序章と資料の一部が新版の書き下ろし。
 
 1980年代後半から1990年代前半にかけて、統一教会の霊感商法が批判されたことがある。しかし、その後、オウム真理教問題が起きると、そちらに関心が移り、統一教会問題はバラエティー番組の話題ではなくなった。
 2022年7月、安倍晋三元総理が銃殺されると、再び、統一教会がマスコミの関心事となった。
  
 1992年から2022年、マスコミの関心が薄れた時期も、統一教会被害は続いていた。この時期を、著者は「失われた30年」と表現している。しかし、この時期も、統一教会被害が書かれた本は毎年のように出版されていたし、新聞・赤旗にも、ときどき、統一教会被害や政治家の癒着を示す記事が掲載されていた。このため、新興宗教被害に関心のある者にとって、この30年間の統一教会被害はよく知られたことだった。
 
 本書の多くは、1992年出版の旧版と同じ内容だが、被害の実態は、このころと基本的に変わっていないので、現在の統一教会を理解する上で、本書の記述は十分に有益である。
 
 ところで、1980年代までは『統一協会』と書かれたが、1990年代になると『統一教会』が使われるようになった。『世界基督教統一神霊協会』が正式な法人名称なので『統一協会』が正解のように思うのだが。本書の旧版は『統一教会』の表記を使った初期のもの。
 
 ところで、こんな教団にどうして入会する人がいるのか、不思議なことだ。この件について、P77に以下の記述がある。
 『統一教会に入る若者の特徴を最大公約数でいえば、何でも受け入れてしまう性格で、それが本当かどうかを、他の方法で確認することをせず、論理よりも感情的といった共通点がみられる。』

 また、P193に書かれた脱会した元信者の手記には以下のように書かれている。
 『聖書を読み、原理講論を読み、神学書を読んだ。学べば学ぶほど原理のまちがいに気づき、私の信仰が浅薄な、見当違いなものであることがわかった。』
 キリスト教には、大きい括りで、カトリック、プロテスタント、正教があって、教義が違うことは、中学で習ったはずだ。統一強化の教義を聞いて、単純にキリスト教の教義であると信じてしまうのは、あまりにも知恵がなさすぎと思うのだが、中学校で成績不振だったのだろうか。

* * * * * *

<< 2022/09
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

RSS