本の紹介ー南極に立った樺太アイヌ2020年06月24日


佐藤忠悦/著『南極に立った樺太アイヌ 白瀬南極探検隊秘話』青土社 (2020/4)

2004/6にユーラシア・ブックレットから出版された『南極に立った樺太アイヌ―白瀬南極探検隊秘話 』の増補新版。
 
 白瀬中尉率いる南極探検隊は、明治45年(1912年)に南極に上陸し、南緯80度地点にまで到達した。この探検にはカラフト犬が参加し、犬の世話係として二人の樺太アイヌが南極探検に参加した。
 本書は第1章で樺太アイヌと二人のはなし、第2章は樺太アイヌを中心とした南極探検のようす、第3章は二人の樺太アイヌ及び白瀬中尉の南極探検後の話。
 
 本書は参考文献も豊富で、著者が白瀬中尉の南極探検に相当な知識を持っていることがうかがわれる。でも、私には、何となく読みにくい文章に感じた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2020/06 >>
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

RSS