本の紹介―人はなぜ「新宗教」に魅かれるのか?2018年11月02日

   
井上順孝/著『人はなぜ「新宗教」に魅かれるのか? 』三笠書房 (2009/4)
   
 著者は宗教学者で、いろいろな宗教に対する幅広い解説書を出版している。本書は、『井上順孝・他/編 新宗教辞典<本文編>』を簡略化したような内容で、日本の新興宗教を黒住教・天理教から創価学会・真如苑・オウム真理教・幸福の科学まで網羅的に40団体ほど取り上げ、それぞれについて数ページの解説をしている。さらに、日本の新興宗教がどのようにして起こったのか、どのような活動をしているのか、資金源はどうなのかなど、細かい内容についても、それぞれ数ページづつ解説しているの。このため、本書を読めば、日本の新興宗教について一通りのことは理解できる。
 本書のタイトルは”人はなぜ「新宗教」に魅かれるのか?”であるが、この問題についての解説は数ページなので、「なぜ魅かれる」に対して掘り下げた説明があるわけではない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

* * * * * *

<< 2018/11 >>
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

RSS